ライブ配信(演劇)

「12人の優しい日本人を読む会」

「12人の優しい日本人を読む会~よう久しぶり!オンラインで繋がろうぜ」

 日時:2020年5月6日(水)14:00(前編)

             18:00(後編)

 

 三谷幸喜作の戯曲を、東京サンシャインボーイズの役者たちを中心にリーディングし、無料配信。

 上演も映画も観ておらず、そもそも東京サンシャインボーイズをリアルタイムで観ていないので、そんなに思い入れもないのですが、あまりにも周囲が盛り上がっていたので、これは観ておくべきなんだろうなということで。

 

続きを読む "「12人の優しい日本人を読む会」"

| | コメント (0)

「ラグランジュブランチ」

関村個人企画「ラグランジュブランチ」

 日時:2020年4月12日(日)14:00開演

 会場:うち

 

 昨年12月に福岡で上演されたあひるなんちゃら・関村俊一さんの新作短編芝居が東京でも上演されることになった。しかし、新型コロナウィルスの影響で無観客生配信に。500円。一度見た芝居だけど、”無観客生配信”という企画がおもしろそうだったので、観ることにした。

 ツイキャスというシステムを使って、劇場(といっても、小さなスペース。冷泉荘くらい?)の様子をライブ配信。途中ちょっと回線が不安定になって映像が途切れることもあったけれど、特に問題あるレベルではなかった(あとから別の回の公演のアーカイブも見られるように配慮があった)。あと、配信を観ながらチャットできる。普段はこういう映像を見るときには集中したいからチャットはオフにするんだけど、今回は観たことがある芝居だったので、あえてチャットをオンにして観た。これはこれで楽しかった。終演後は拍手したり花火上げたりできるのも楽しかった。

 

 最近は集中力がなく、映像の芝居を集中して最後まで見ることができなくなっているのだけれど、ライブというのは(あとでアーカイブを見直せるにしろ)テンション上がるなーという気がした。ちょっとトラブルあるくらいが生っぽくていい。あと、ライブを観ながらチャットできるのは、集中して観るお芝居だとないなと思うけど、関村さんが書くゆるい感じの芝居ならありだなと思った。

 劇場において、舞台と観客の間に交流はないようでいて実はあるのだとおもうけれど、このようなライブ配信においても劇場に行くのとは違う意味の、舞台と観客の交流があるのかもしれない、それはコロナ時代の新しい舞台芸術のありかたのヒントになるのかもしれない。

 

 演劇のDVD等を購入する人は、その公演を観た人が圧倒的に多いと聞いたことがある。わかる。私も、観た作品は映像で観るけど、観てない作品はなかなか観ない。最後まで見られない。そう考えると、今後舞台の生配信(ライブビューイング)とかはもっと行われてもいいのかなと思う。特に、超人気公演とかは、観に行きたくてもチケットが手に入らなかったり、地方に住んでいて行きたくても行けなかったりする人たちにとっては本当にありがたい。まぁ、クオリティの高い映像で見せようと思ったらお金もかかるんだろうね。今後劇場にそういう設備が整えばよいのだろうけれど、現在劇場はそれ以前に全然公演が打てなくて大赤字だろうからなぁ…。

| | コメント (0)