美術

「ドレス・コード?展」

「ドレス・コード?展」

 日時:2020年1月12日(日)

 会場:熊本市現代美術館

 

 通町筋のバス停を降りたところで、熊本市現代美術館のショッキングピンクの大きな看板が目に入った。“ドレス・コード?展”。ここは閉館時間も遅いし、どうせ帰りは通町筋からバスに乗るので、帰りに寄ることにする。

 きらら終演後、市役所の14階から街を眺め、歩いて桜の馬場や新町あたりを散策した。洗馬橋の電停あたりは、電車の専用道になるのが好きで、熊本に来たときはよく乗るのだけれど、熊本第一高校(友達が通っていた)は洗馬橋の電停からすぐのところにあることに初めて気づいた。ここで電車を降りて通ってたんだな。いつも電車の窓から見て、是非行ってみたいと思っていた長崎次郎書店にも寄った。小さくてこぎれいな本屋さんだった。2階の喫茶室は貸し切りで入れなかったので、またの機会に。蔚山町まで歩いて市電に乗り、通町筋まで戻る。エスカレーターで3階まで上がり、ロッカーに荷物を預けてロビーに入ると、壁一面に古着が掛かっていた。西尾美也さんの“パブローブ“という関連イベントらしい。みんなが持ち寄った“勝負服”に、年代と思い出を書いたタグをつけて展示するというもの。やって来た人は気に入った服があればその場にある試着室(パッチワークのカーテンで囲まれた円形のスペース)で着替えてそのまま帰っていい(ただし、必ず着て帰らなければならない)。ぶら下がったタグを読むと、それらの服にまつわる物語があっておもしろい。

 さてさてようやくチケットを買って展示室へ。

 

続きを読む "「ドレス・コード?展」"

| | コメント (0)

「フェルメール展」

「フェルメール展」
 日時:2018年12月30日(日)9:30
 会場:上野の森美術館
 昨年だったか、仕事でフェルメールのことを調べていて、本物を見たいなぁと思っていた。数年前に首飾りとか耳飾りとかが来日した時はあまり興味がなく、別の用事で上野公園まで行ったものの、西洋美術館の前で大きな看板の写真だけ撮って帰った覚えがある。
 上野では、フェルメールとルーベンスとムンクが同時に開催中。悩んだけれど、フェルメールに行くことにした。チケットを購入するためにHPに行ってみたら、なんと大阪展もあるという。う~その時期ちょうど大阪に行くかもしれないから、大阪で見ればいいんじゃないか?でも、行かないかもしれないし、とぎりぎりまで悩んだが、結局フェルメールのチケットを買った。2500円。高い!
 早起きして上野へ。予定より一本早い電車に乗れて、早く着きすぎたので、駅ビルの中でお気に入りの雑貨店をのぞいたりしてのんびり上野の森美術館へ。入り口に着いて、看板の写真などを撮っていたが・・・あれ?並んでる?
 …日時指定のチケットというのは、「入場可能時間枠の前半に待ち時間が発生します」と、チケットにも書いてあった…。今日はこの後豊洲に行かなければならないので、なるべく早くと思っていたが…およそ30分並んで美術館の中に入れた…。

続きを読む "「フェルメール展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「金沢21世紀美術館」

金沢21世紀美術館
 日時:2017年8月9日(水)
 会場:金沢21世紀美術館

 いつか行ってみたい!と思っていた金沢21世紀美術館。やっと来られた!
 前日午後に京都から金沢入りする予定が、台風に伴う大雨で特急サンダーバードが夕方まで運休。ようやく乗り込んだものの、徐行運転で到着は1時間15分遅れで、金沢に着いたのは夜8時。しかも雨。ホテルの近くで夕食をとっておとなしく寝る。 

 兼六園が早朝4時から無料開放されているというので、6時くらいから朝の散歩。兼六園のデザイン性に改めて驚かされた。ブラタモリで紹介されていた金沢城の石垣も見て回りたかったんだけど、あまりの広大さにあきらめていったんホテルに戻り、朝食。
 ホテルから少し歩いたところにあるバスセンターでバスの一日乗車券を購入し、美術館行きのバス停を探すが、見つからない。結局また美術館まで歩く羽目になった。あとでわかったのだが、美術館に行くバスは循環バスで、バスセンターの目の前から出ていた。私は反対車線でバス停を探していたのだった・・・。

 展覧会ゾーンの開館時間である10時ちょっと過ぎに美術館に着く。すでにたくさんの人がいた。ミュージアムショップやチケット不要で見られる作品がある交流ゾーンは9時からオープンしているので、ホテルでぼんやりしてないで早めに来ればよかったんだなぁと今思う。庭にある恒久展示作品、オラファー・エリクソン≪カラー・アクティヴィティ・ハウス≫が、朝の光を受けてとてもきれいだった。散歩の時間にゆっくり鑑賞したのだけれど、そのときは曇っていた。光が射すと全然見え方が違った。

 美術館の建物は円形のガラス張りで、とても明るい。B4サイズ以上が入るカバンは持ち込めないため、無料のロッカーに預け、チケット売り場に並んでチケット購入。バスの一日乗車券があれば200円引きだった!ちなみに、事前にぴあやローソンで前売りチケットを購入すると、同じく割引料金で入れるみたい。
 とりあえず館内を探検。
 ミュージアムショップの前にあるデザインギャラリーでは、モノの色や形を音声化するデバイスが展示されていた。たくさんの人が並んでいて、短時間しか体験できず、私は音で色や形の区別がつかなかったけど、上手く使えば視覚障がい者が音で”みる”ことができるようになるだろうなぁと思った。実際、慣れれば障害物をよけたり、椅子を見つけて座ったりできるようだった。
 チケット売り場からも見える光庭には、あの有名なプール、レアンドロ・エルリッヒ≪スイミング・プール≫がある。たくさんの人がプールを囲んでいた。
 私の大好きなジェイムズ・タレル≪ブルー・プラネット・スカイ≫は、直島にあるものとほぼ同じもの。チケット売り場のちょうど反対側にあって、誰もいなかった。ひとり占め。この作品は交流ゾーンにあり、無料で見られる。しかも夜は10時まで見られるみたい。いいなぁ・・・。福岡市美術館にもタレル置いてくれないかなぁ…。

続きを読む "「金沢21世紀美術館」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「切断」のち「同化」

「切断」のち「同化」 小林耕平×髙橋耕平
 日時:2017年8月7日(月)
 会場:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku

 京都に泊まるなら、泊まってみたい宿がいくつかあった。そのひとつが、 KYOTO ART HOSTEL kumagusuku。ここは宿泊型のアートスペースで、企画展は宿泊客しか観覧できない。ちょうど一人でも宿泊できる部屋が一つ空いていたので、紆余曲折しながらも宿泊できることになった。

続きを読む "「切断」のち「同化」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「My Soul Forever展」

フォーエバー現代美術館コレクション展
草間彌生「My Soul Forever展」
 日時:2017年8月7日(月)
 会場:フォーエバー現代美術館(祇園・京都)

 5月に木ノ下歌舞伎を見に京都へ行ったとき、夜行日帰りだったのがあまりにも悔しく、京都でゆっくりしたい!と思う夏休み。台風のため、予定されていた仕事が中止になり、夏休みに突入。今年の夏休みには金沢に行きたいなぁとぼんやり考えていたので、金沢に行く途中、京都に一泊することに。

 台風接近のなか、新幹線で新大阪まで。地下鉄→モノレールと乗り換え、南茨木駅前に立っているサン・チャイルドちゃんに会いに行く。向かう途中、万博記念公園の横を通過。太陽の塔もちらっと見えた。
 
P_20170807_130620_1

 雨の中、きりりと立つサン・チャイルドちゃん。晴れた日に、青空をバックに立つ君に会いたいね。夜は右手に持つ太陽は光るのかなぁ。

 南茨木から阪急電車に乗り換えて河原町まで。豪雨の中祇園まで歩く。外国人をはじめ多くの観光客が歩いていた。目指すフォーエバー美術館は、祇園のど真ん中、祇園甲部歌舞練場内にある。

続きを読む "「My Soul Forever展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「不思議博物館サナトリウム」

「不思議博物館サナトリウム」
 日時:2016年10月2日(日)

 「うつくしいひと」を観た後、天神をうろつく。帰るかなー、帰るにはまだ早いなー、どうしようかなー、と天神3丁目あたりを歩いていて思い出した。そうだ、不思議博物館サナトリウムへ行こう!

 サナトリウム那珂川町にある不思議博物館の分館。表向き?は喫茶店兼ギャラリーだそうな。天神3丁目、フタタの裏、パチンコ屋の隣のビルの3階。土足禁止。靴を脱ぎ、病院然とした古ぼけた白い扉を開けると、タイル張りの白い空間。「サナトリウムへようこそ」という声が飛んでくる。不思議子ちゃんだ。スリッパをはいてこわごわ足を踏み入れると、トネリコがお迎え。あとは・・・不思議子ちゃん以外誰もいなかった・・・。

Sanatoriumu

続きを読む "「不思議博物館サナトリウム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゴジラ展」

「ゴジラ展」
 日時:2016年8月3日(水)
 会場:福岡市美術館

 「シン・ゴジラ」を観た後、家に帰っても暑いし、ついでに見ていくかと立ち寄った福岡市美術館。このゴジラ展を最後にリニューアルのためしばらく閉館されるらしい。パルコもそうだったけど、「ゴジラに破壊されて閉館!」みたいなノリらしい。

続きを読む "「ゴジラ展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「enjoyちょうこく展」

OGATA MITSUTOSHI EXHIBITION VOL.3~天才はここから~
「enjoyちょうこく展」
 日時:2015年6月21日(日)
 会場:d3 Gallery

 尾形さんとは昔同じ職場で働いていた。
 就職で北九州に来て、住む家もないまま、まだ仕事も始まってないのに職場に泊まり込んでいたという、わけのわからない私にたいそう親切にしてくださった。思えば、私に飛ぶ劇場を教えてくださったのも、あじ美のトリエンナーレがおもしろいよと教えてくださったのも、社会貢献のやり方を教えてくださったのも、リサイクル工芸を教えてくれたのも、仕事をちゃんとしながら楽しく遊ぶことを教えてくださったのも尾形さんだった。紅生姜もうずめ劇場も一緒に見に行った。尾形さんがいなければ、今の私はないと言ってもある意味過言ではないだろう。
 尾形さんは5年前に退職し、美術を勉強するために短大に入学した。1年後、作品が県展に入選。その後も卒業制作が大学に買い上げられたり、福岡市美術展で2度受賞したりしてるらしい。なんだかもう、立派な芸術家だ。

 1ヶ月ほど前に、「画狂老人@北斎」を観にいったとき、同じ回を観に来ていた元同僚である友人が、尾形さんの個展があると教えてくれた。21日はちょっとした同窓会ぽいものになるらしい。というわけで、久しぶりの方々にお会いしたくて小倉へ。 

続きを読む "「enjoyちょうこく展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」

第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014
 未来世界のパノラマ―ほころぶ時代の中へ」
 日時:2014年10月11日(土)
 会場:福岡アジア美術館

 第1回からずーっと見てる(けど、blog記事は残ってないな)福岡アジア美術トリエンナーレも5回目。今回も行かなくちゃ!
 9月6日に始まって、すぐに観に行くつもりだったけど、なかなか時間が取れなくて10月に。
 よく晴れた土曜日の午後、あじ美に来てみると・・・人がいない…ガラ空きだ…。まあ3連休の初日だしね、仕方ないか。

続きを読む "「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あいちトリエンナーレ2013」(1)

「あいちトリエンナーレ2013 Awaking 揺れる大地
 ~われわれはどこに立っているのか 場所、記憶、そして復活」
 日時:2013年9月21&22日
 会場:愛知県名古屋市内

 私が、生まれてから5歳くらいまでを過ごした街・名古屋。
 少し前にネット上で流行していた「あなたの出身地当てます」というサイトで、何度やっても愛知県と判定された私。こどもの頃の我が家では、から揚げは手羽先、おでんは赤みそのたれをつけて食べたし、冬は赤だし味噌にかしわが入った味噌煮込みうどんが土鍋で出てきた。それらが全部名古屋のものだったということを、かなり大人になってから知った。恐るべし名古屋。

 そんな名古屋で、現代美術のトリエンナーレが開催されるという。ちょうど「真田十勇士」を観に行くし、ついでに寄るか、と気軽に考えていたのだが、これが!かな~り見ごたえがあった。

続きを読む "「あいちトリエンナーレ2013」(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)