ダンス

「ウチの親父が最強」

梅棒EXTRAシリーズ「ウチの親父が最強」

 日時:2019年10月19日(土)18:00開演

 会場:西鉄ホール

 

 梅棒がまた福岡に来てくれる!1日だけの昼夜2回公演、しかしその日は仕事だ。夜の部は18時開演。う~ん…ぎりぎり間に合うかどうか…。でも見たい!

 公演があることは早くにわかっていたけれど、情報がなく、気づいた時にはもうとっくにチケットが発売されていた。慌てて購入したけれど、まだチケットは十二分にあった。直前までテレビCMなども流していたようだけれど当日会場に入ると、後方にはまだ空席があった。もったいない…。会場にはなぜか妙齢の男性が目立った。意外!

 

 舞台上ではバーテンダーさんが掃除をしたり、氷を割ったり、お酒をつくったりしている。開演時間近く、階段を下りて小柄なメガネ男子がバーに入ってくる。私の大好きな野田裕貴さんだ!わ~今日はお店にこんなにたくさんのお客さんがいる~とか、皆さん常連なんですか?とか、ぼくは子どもの時からこの町に住んでいてここでお酒を飲むのが憧れだったんですよ~とか、マスターは電波アレルギーなので電子機器の電源は切ってね、とかいろいろ話しながら客席をあっためて、最後に「これは、いろいろありすぎたうちの家族のお話です」ということで、スタート!

 

続きを読む "「ウチの親父が最強」"

| | コメント (0)

「Shuttered Guy」

梅棒「Shuttered Guy」
 日時:2018年4月13日(金)19:00開演
 会場:福岡国際会議場ホール

 ダンス公演はあんまり好きではなくて、普段はほとんど観に行かないのだけれど、梅棒は別!昨年夏に一色洋平さん目当てでふらっと観に行って、ドはまりした。今回も一色さんがご出演。行くしかない!

 タイトルを読み上げると、”シャッターガイ”…シャッター街?

 もう公演終わったからいいよね?
 ネタバレ祭り!

続きを読む "「Shuttered Guy」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「sutra」

「sutra」
 日時:2016年10月8日(土)14:00開演
 会場:北九州芸術劇場大ホール

 シディ・ラヴィ・シェルカウイの作品。森山未來くんも絶賛おススメしていたし、そもそもシェルカウイさんの作品が好きだ。彼の作品はもはやダンスではないと思う。

 今回の日本ツアー公演、シェルカウイ自身がキャストの一人として名前を連ねていた。しかし、北九州公演数日前、彼はけがのため降板。ああ、残念!

続きを読む "「sutra」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「BEAN!!!!!」

CHAiroiPLN「BEAN!!!!!~踊る演劇2」
 日時:2016年5月13日(金)19:00開演
 会場:イムズホール

 なんとなく、どこかで名前は聞いたことがあったような気がしたCHAiroiPLN。東京の劇団だよね?福岡で公演するんだ。昔ギンギラ太陽’sに出てたぎたろーさんが出るんだ。でも平日だしな~…。
 と思っていたが、公演前日、ダンスをやっている友人から観に行かないかと誘われる。CHAiroiPLNの主宰・スズキ拓朗さんは、コンドルズのメンバーでもあるらしい。へー、ならばやっぱり見てみたい。抱えていた仕事もひと区切りついたし、じゃあ行くか。

続きを読む "「BEAN!!!!!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「談ス」

「談ス」
 日時:2016年3月26日(土)15:30開演
 会場:アクロス福岡イベントホール

 北九州で見たけど、おもしろかったし、ダンス公演だから同じものにはならないだろうと思ってまた観に行ってしまった。未來くんに会いたかったし。

 

続きを読む "「談ス」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「DECA DANCE」

バットシェバ舞踏団「DECA DANCE-デカダンス」
 日時:2015年10月11日(日)14:00開演
 会場:北九州芸術劇場大ホール

 ダンスは普段ほとんど観に行かないんだけど、チケットが手に入ったので見に行くことにした。
 が。
 チケットを忘れた・・・。天神で気づき、家に取りに戻った。北九州までマイカーを飛ばして、何とか間に合った。

続きを読む "「DECA DANCE」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「MICHIzane」

芸工パフォーミングアーツ・プロジェクト「神立~神になった男 MICHIzane」
 日時:2015年2月7日(土)18:00開演
 会場:九州大学大橋キャンパス 多次元デザイン実験棟ホール

 九州大学芸術工学研究院HME(ホールマネジメントエンジニアリング)ユニットが主催する平成26年度の人材育成事業”芸工パフォーミングアーツ・プロジェクト”の実演ワークショッププログラム発表公演。
 友人が2名参加してて、すごく頑張ってるみたいだったので、見に行くことにした。

続きを読む "「MICHIzane」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「踊る音に 奏でる身体 Vol.2」

ONIプロジェクト「踊る音に 奏でる身体 Vol.2」
 日時:2010年2月13日(土)14:30開演
 会場:福岡市男女共同参画センター・アミカス ホール

 ダンスってのは、やっぱりとんと分かんないのだけれども、わかるとすれば、大内田早穂さんのダンスは、真面目にばかばかしいことをやっているということくらいである。そんなわけで、バイオリン・谷本仰さんとのセッション公演。

 ちなみに、早穂さんとは同級生である。彼女はつい先日に不惑の誕生日を迎えたというわけで、なんだかちょっと記念日的な感じもする公演だった。

 「開演前」
 なんだかホテルの宴会場みたいな会場。正面にいわゆる”ステージ”。まんなかに箱馬を積んだだけの簡易ステージ。簡易ステージ上には丸椅子が一つ。
 私の斜め後ろでじゃかじゃか携帯電話の着メロが鳴って、高山力造さんがごしょごしょしゃべりながらロビーへ出て行った。えーと、これは開演前の注意事項的なごあいさつですよね?ってか、何の注意事項にもなってませんでしたけれども。

 「オープニング~下半身」
 *タイトルは私の勝手なイメージでつけたものです
 客電が消え、谷本さんがバイオリンの弦をはじく。
 正面ステージの電動幕が上がる、と止まった。え~~?そこで止める?下半身しか見えてませんけど!
 黒いボックスショーツ(っていうんですか、あれ)から伸びる白い足は、鍛えられてはいるけれども、それなりにどっしりとしていて、ああ、あんなにほっそり見える早穂さんの下半身もなかなかに立派なのだなぁと思いました(失礼)。踏まれるステップはなんだか行ったり来たり、どこへ行くべきか定まらないように見えて、しっかりと地面を踏んでいるようにも見えて、最後にはどたばたとスキップ&ジャンプ、そしてばたりと倒れる。ずるずると地面を這いつくばって、センターのステージへと降りてくる。

 「蝿もしくは蚊~椅子」
 谷本さんもステージに上がって。何かに振り回されているような感じ。蝿か蚊か、そんな奴がいるみたい。
 丸椅子のうえ、ちじこまったり伸びたり。なんだか元気がない。そんな日もあるようなぁ、とか。

 「大内田早穂の半生」
 王丸せい子さんのカラフルでひらひらした衣装を身につけて、派手にメイクして、クラシカルな音楽でバレエを踊る。歌謡曲にのってるんるんスキップ。もしくは勇ましい曲をバックに、世界に立ち向かう。早穂さんという人はたぶんそんな人。
 途中、客席にたぶんチョコレートのプレゼント。プレゼントをもらっていたのは、おそらくお父様かと思われました。

 「幕間」
 脱ぎ捨てられた衣装を、高山さんが片付けに。

 「結婚式」
 ホールAとBを仕切っていた低い間仕切りがばたっと開くと、そこには純白の繭のような塊が。
 中途半端な仕切りだなぁと思ってましたが、そう来たか!
 ゆっくりゆっくりと起き上がると、レースのベールをかぶった早穂さん。長い長いレースを引きずって、ライトに照らされる道を、ゆっくりをまっすぐに舞台上へ。あかりが暗くなり、再び照らされたそこには、白いレースだけが残される。

 大内田早穂のこれまでとこれから、を感じた60分でした。
 そろそろガタがきているからだと向き合いながら、ますます活躍するフォーティーズでありますように。お互いに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「おやじカフェ」

北九州芸術劇場『月1ダンス部』番外編「おやじカフェ」
 日時:2009年10月24日(土)
 会場:勝山橋ひろば

 伊藤キムさんの指導の下、ダンスやカフェサービスの練習を経た「おやじ」たちが、カフェ店員として踊りながらお客様に給仕をするほか、30分に1回程度懐かしの歌謡曲などをバックにパフォーマンスショーを行うというもの。オリジナルはフェスティバル/トーキョー09春で上演?
 平均年齢52歳ぐらい(らしい)の“おやじ”たちが、たぶん自前のカフェ店員衣裳(それぞれに個性が出ていておもしろい)を身につけ、町を練り歩き、テーブルの間をうろうろし(ステップを踏むおやじあり、ちょっと所在なさげなおやじあり)、注文の品をテーブルに届け、追加の注文(おやじフレーバーとか、おやじギャグとか、おやじハグとか)を承る。音楽(「め組の人」とか「ヤングマン」とか)が流れれば、実に楽しそうに、ちょっぴり恥じらいながら踊り、00時には交代の儀式。
 おやじたちはそれぞれ10名足らずのグループになっており、グループごとにちょっとカラーが違うのも面白かった。

 傍らでは店長・伊藤キムさんが見守っていて、時々解説を入れたり、「皆さんもご一緒に~」と客席をあおったりされていました。

 結構な数の人が集まっていて、カフェテーブルをシェアしたのだけれど、同席したご夫婦がとても洒落のわかる素敵な方々で、おやじカフェを満喫されていたのも楽しさを倍増させてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちょっとだけョ」

オ大内田早穂ニのひと踊り「ちょっとだけョ」
 日時:2009年3月29日(日)18:00スタート
 会場:リホスタ

 ゲストにマニアック先生シアターの山口ミチロさんを迎えてのコンテンポラリーダンスミニ公演。
 劇団Hole Brothersの幸田幸洋さんが、大内田さんをイメージして書いたというテキストをもとに、切なくて愉快な小品に仕上がってました。

 幸田さんがイメージする大内田さん、というかアラフォー独身女子に対する幸田さんのイメージらしい。テキストだけ読んだら、あそこまでうじうじしてないような印象があったのだけれど、ああいうふうに仕上がったのは大内田さんの解釈か? ちなみに大内田さんと私は同級生。そうかそんな感じか。どっちかというと私の方がが実にああいううざい女です。

 終演後は交流会。っていうか、そっちの方がよっぽど長時間でした
 楽しかったです。長時間お邪魔しました~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)