演劇

「フィガロの結婚」

響ホールOTEGARU Opera vol.4 

モーツァルト歌劇「フィガロの結婚~フィアンセとIT社長、その妻と少年」

 日時:202022日(日)14:00開演

 会場:北九州市立響ホール

 

 OTEGARU Operaシリーズ第4弾、ということですが、気にはなっていたものの過去一度も観に行けてない。数々の舞台芸術は一通り見たけれど、本物のオペラは未経験。だいたいチケットが高い。下手すると3万円ぐらいする。そもそも、芝居というよりも歌とか演奏を聴きに行くものなのだろうと思っていた。今も思っている。あと、イタリア語とかで歌われてもたぶん意味が分からない。

 数年前にオペラコンサートの企画で、東京から来られた歌手やピアニストの方と福岡在住の方の合わせ稽古を見せていただく機会があった。その時に、歌手の方々が、「ここはこういう振りを入れましょう」とか、「こんな小道具を使って、こういう段取りで行きましょう」等を打ち合わせながら練習されているのをみて、オペラってクラッシック音楽に合わせて歌でお話が進むミュージカルなんだなと思った。そう思うとちょっとオペラが身近に感じられました。

 

 今回の企画は、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」を、飛ぶ劇場の泊篤志さんの演出で、オペラ歌手の皆さんと福岡の小劇場の役者3人で上演。すべて日本語。普段はあんまりしないけど、いちおうフィガロの結婚の物語と全曲をYouTubeで予習した。映像までは観なかったけど。

 

 開演時間になり、楽団の皆さんがステージ上に登場する。皆さんドレスやタキシードではなく、きれいめカジュアルなお洋服。楽団の方々は響ホール室内合奏団に所属するプロの方々らしい。ってか、響ホールは楽団持ってるのか!?ホールだけじゃなく、ちゃんとソフトも作ってる北九州市の底力を感じる。

 続いて役者さんたちが登場。設定はIT企業(楽団の皆さんも、IT企業の社員という体での衣装セレクトだったらしい)。伯爵→社長(又吉秀和)、伯爵夫人→社長夫人(田北りえ)、フィガロ以下、フィガロの婚約者スザンナ、マルチェリーナ(立石義江)、バルトロ(木村健二)、ケルビーノ(渡邉智美)、庭師アントニオ(田坂哲郎)は社員ということに。

 歌手の皆さんは普通にオペラを歌う。日本語で。ちなみに日本語の歌詞はすべて泊さんが作ったとのこと。そしてすごく大変だったとのこと。まさかイタリア語を訳すところからはしてないと思いますが、日本語の意味を歌に合うように歌詞にするのって相当大変だったと思うし、その日本語の歌を歌いあげちゃう歌手の方々もすごいなぁと思いました。

 ただ、クラシカルに歌い上げられてしまうとやっぱり歌詞は聞き取りにくかった。ってか、イタリア人もあれをイタリア語で歌われてちゃんとわかるのかな?歌詞が聞き取りにくいのはミュージカルでも同じか。歌詞カードが欲しくなる。だから私はミュージカルがあんまり好きではないのだなと思う。そういえば歌舞伎も歌に合わせてお話が進みますね。

 

 普通オペラ歌手の皆さんがどのくらい芝居をされるのかわからないのですが、皆さんお芝居が上手で、特にケルビーノはだいぶ愉快でした。しゃべる声の少年ぽさも素敵で、さすが声のプロだなぁと思いました。

 役者さんたちも一緒に歌っているように見えましたが、実は口パクとのことでした。完璧な口パクでした。特に田坂くんはアルマヴィーヴァ合唱団の皆さんと一緒に本当に楽しそうに歌ってた(ように見えた)ので、危うく騙されるところでした。

 

 舞台美術(保坂真紀)は3枚(確か)の衝立に絵が描かれているものを、裏返したり張り替えたり。絵のタッチがとても素敵でした。

 衣装は内山ナオミさん。役柄それぞれにあわせた衣装が、雑多ながらそれぞれの役者さんにとてもあっていると思いました。ヘアメイク(丸家望)も盛盛で、OTEGARUながら豪華な雰囲気。これが3000円で観られちゃうというのはずいぶんとお得だなぁと思いました。ちょっと贅沢な気分になれました。街にこういうホールがあるというのは、本当に素晴らしいと改めて思います。大切にしなければいけないと思います。

| | コメント (0)

「70点ダイアリーズ」

劇団きらら「70点ダイアリーズ」

 日時:2020年1月12日(日)13:00開演

 会場:ギャラリーキムラ

 

 劇団きららの公演は毎年ゆめアール大橋で観ているけれど、今年は2月の福岡公演に行けそうにない。成人の日にからむ3連休、特に予定もないので熊本まで行くことにした。

 

 朝起きられず、のろのろとしていたら、10時のノンストップひのくに号に乗れなかった。次のに乗ったが、通町筋まで2時間半以上かかった。熊本、意外と遠かった…。ギャラリーキムラはバス停から歩いて5分ほどだったので、どうにか間に合った。

 

 とても良かった!毎回きららを見て、毎回すごくいいんだけど何か引っかかるものを感じていたのだけれど、今回は素直に良かった。熊本まで見に来てよかったなぁ…。ホームということもあるのでしょうか?不思議とホームで観たほうが良いんですよね。

 

 2月8日(土)~9日(日)にゆめアール大橋にて福岡公演、4月17日(金)~19日(日)に花まる学習会王子小劇場にて東京公演あり。

 

 

続きを読む "「70点ダイアリーズ」"

| | コメント (0)

「ポポリンピック」

ゴジゲン第16回公演「ポポリンピック」

 日時:2019年12月21日(土)18:00開演

 会場:イムズホール

 

 ゴジゲン初めての福岡公演。過去、北九州での公演はあったものの、福岡では初めてとのこと。福岡公演を皮切りに、年明けに東京・札幌・京都とツアーが続く。

 

 2020年に東京で行われるオリンピック・パラリンピックに出られなかった男とその仲間たちの物語。

 

 !!!!!大幅なネタバレを含みます。

 !!!!!これから観る方は読まないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "「ポポリンピック」"

| | コメント (0)

「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編」

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編」

 日時:20191215日(日)1300開演

 会場:北九州芸術劇場 中劇場

 

 「カフカの未発表長編小説が見つかり、それを基にした摩訶不思議な手記が出版され、その手記を舞台化する」というややこしい企画の下生まれたケラさんの新作。

 カフカと言えば「変身」で、毎年新潮文庫の100冊にも選ばれている必読図書。ではあるが、何度かチャレンジしては挫折し、森山未來くんの舞台を見ても読む気になれず、放置している作家。そもそも海外文学にあんまり興味がなくて…(ほんとスミマセン)。

 

続きを読む "「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編」"

| | コメント (0)

「あひるなんちゃら関村個人企画 in 福岡」

「あひるなんちゃら関村個人企画 in 福岡」

 日時:2019年12月14日(土)15:00開演

 会場:リノベーションミュージアム冷泉荘

 

 東京で活動するあひるなんちゃら関村俊介さんの個人企画公演。20187月の「スカイスクレイパー」に続く第2弾。

 開演前、関村さんの前説。開演時間まであとちょっとあるけど、予約してるお客さんがみんな来ちゃったんでもう始めるよとか、携帯電話の電源はまぁ別に切らなくても良いけど鳴っても怒らないでねとか、今日は未就学児が来ていて騒いだりするかもしれないけど、みんなの年金は将来この子が払うことになるんだから温かい目で大目に見てねとか。(実際、子どもは面白ければ声を上げて笑い、つまらなければごろごろしたりバタバタしたり、恐ろしい観客だと思いました)

続きを読む "「あひるなんちゃら関村個人企画 in 福岡」"

| | コメント (0)

「きりんヶ丘展望台」

hen house#7「きりんヶ丘展望台」

 日時:2019年12月日(土)19:00開演

 会場:ぽんプラザホール

 

 初見の劇団。以前からお誘いいただいていたのに、不義理で申し訳ない。

 

続きを読む "「きりんヶ丘展望台」"

| | コメント (0)

「地球防衛軍苦情処理係」

KOKAMI@network vol.17「地球防衛軍苦情処理係」

 日時:2019年12月1日(日)13:00開演

 会場:サンケイホールブリーゼ

 

 鴻上さんの新作。なら観たいなぁ…。というわけでチケット予約。

 中山優馬くん主演。中山くんってジャニーズなんですね…。届いたチケットは2階の真ん中らへん…。

 

 サンケイホールブリーゼは大阪駅から歩いてすぐのところにありました。ビジネス街なのか、周辺に割安なランチのお店がたくさんありました。おしゃれビルの上方階にあり、ビル内にはおしゃれレストランもたくさん。ホールもまだ新しいようできれいでしたが、2階席に上がるのにまだあるのか!というくらい階段を上りました。なるほどエレベーターで行けと言われたわけだ。きれいだし見づらいわけじゃないけど、あんまり好きなホールじゃないなぁ…。

 

続きを読む "「地球防衛軍苦情処理係」"

| | コメント (0)

「カリギュラ」

カリギュラ

 日時:2019年11月30日(土)13:00開演

 会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール

 

 菅田将暉くんの舞台が久留米に来る!となれば是非みたい。しかし、チケットはソッコー売り切れ。そりゃそうだ。何とか見られないものかとチケットを探していたが、公演も近づいてきたある日、バルコニー席が発売されると聞いた。ならばと購入。

 

 当日、客席に行ってみて驚いた。見切れ席とは聞いていたが、普通に座席に深く腰掛けると舞台がほとんど見えない。視界の中心に手すりがきてじゃま。何でこんな設計にしたんだ?まぁ1階席ではいつも聞こえづらいと感じていた声はよく聞こえた。音楽だけを聴くクラッシックコンサートなどでは良いのかも。

 というわけで終始身を乗り出して観劇(身を乗り出して手すりの下から覗き込めば、見切れはほとんどありませんでした)

 

続きを読む "「カリギュラ」"

| | コメント (0)

「楽園」

演玩カミシモ 1ダース記念公演「楽園」

 日時:2019年10月20日(日)14:00開演

 会場:konya-gallery

 

 演玩カミシモは今回が12作品めらしい。

 初めて観る人には割引があったのだけれど、確か同じkonya-galleryで山下キスコさんが出演する芝居を観たことがあったと記憶しており、初めてじゃないということで予約。会場内には、カミシモの歴史年表みたいなものが展示されており、私が観たのはどれだっけ?と探してみるが、どうしても思い出せない。もしかして観たことないのか…。帰宅して調べてみたら、私が観たのは山下キスコさんが企画した揮発タブレットというユニットの公演だった。それには上野敦子さんも出演されていたらしい。…紛らわしい…。

 

 konya-galleryというか、この場所で何度か公演を観たことがあるけれど、かなり舞台部分を広くとってあり、照明も明るかった。その分客席数が少なめだったけれど、椅子席は見やすかった。

 

 開演時間になり、役者たちが不織布の幕がかかったステージ内に入っていくと、前説。前説を担当するこの方が、どうやら作・演出の上野敦子さんのようだ。今回の公演は、神にささげる祝祭をイメージしていますとか、神様からメッセージをいただいていますとか、さらに横に立っている水色のロングドレス姿の女性に水の神が降臨して直接お言葉を聞かせてくださいますとか。水の神はいわゆる観劇にあたっての注意事項(電子機器の電源は切ってねみたいなの)をありがたく述べられました。

 さらに、パーティーグッズな大きな蝶ネクタイを付けた上野さんがカミシモの歴史とその間公演をやったりやらなかったりしたことに対するお詫びのようなものを、歴史に残る名(迷?)記者会見のパロディーっぽく語る。

 で、開演。いや、蝶ネクタイの上野さんが登場した時点で開演してたのか⁉

 

続きを読む "「楽園」"

| | コメント (0)

「ウチの親父が最強」

梅棒EXTRAシリーズ「ウチの親父が最強」

 日時:2019年10月19日(土)18:00開演

 会場:西鉄ホール

 

 梅棒がまた福岡に来てくれる!1日だけの昼夜2回公演、しかしその日は仕事だ。夜の部は18時開演。う~ん…ぎりぎり間に合うかどうか…。でも見たい!

 公演があることは早くにわかっていたけれど、情報がなく、気づいた時にはもうとっくにチケットが発売されていた。慌てて購入したけれど、まだチケットは十二分にあった。直前までテレビCMなども流していたようだけれど当日会場に入ると、後方にはまだ空席があった。もったいない…。会場にはなぜか妙齢の男性が目立った。意外!

 

 舞台上ではバーテンダーさんが掃除をしたり、氷を割ったり、お酒をつくったりしている。開演時間近く、階段を下りて小柄なメガネ男子がバーに入ってくる。私の大好きな野田裕貴さんだ!わ~今日はお店にこんなにたくさんのお客さんがいる~とか、皆さん常連なんですか?とか、ぼくは子どもの時からこの町に住んでいてここでお酒を飲むのが憧れだったんですよ~とか、マスターは電波アレルギーなので電子機器の電源は切ってね、とかいろいろ話しながら客席をあっためて、最後に「これは、いろいろありすぎたうちの家族のお話です」ということで、スタート!

 

続きを読む "「ウチの親父が最強」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧