文化・芸術

「30祭」

「30祭 凱旋」

 日時:2019年3月30日(土)

 会場:イムズプラザ・三菱地所アルティアム

 

 昨年、大人計画の30周年を記念して東京・青山のスパイラルで開催された「30祭(SANJYUSSAI)」が、イムズの30周年を記念して福岡にやってくる!というわけで、前々から楽しみにしていたにもかかわらず、日々の忙しさにかまけて前売り券を買いそびれ、ようやく購入した日は初日で、当日料金になっていた…_| ̄|○

 

 3月20日に行われた松尾スズキさんのトーク「なんとかここまで起訴されず」も、前売り券は売り切れで、大人計画&松尾スズキってそんなに人気なの⁉と驚く。

 私が大人計画を初めて観たのは1997年の『生きてるし死んでるし』だった。たぶん松尾さんが岸田戯曲賞を取った後で、あちこちから「おもしろい」という噂を聞き、本多劇場で寒空の下2時間くらい当日券に並んで観た。客席は満席で、みんなゲラゲラ笑ってたけど、わたしにはどこがおもしろいのか全く分からなかった。

 その後、福岡(確か中央公民館)で『マシーン日記』を見て、なんとなく面白いかもと思うようになり、気付いたら松尾ワールドにはまっていた。松尾さんの劇世界は、毒々しくて過激な一方で、どこか愛が溢れているように思う。野田地図の『パンドラの鐘』や『農業少女』で観た役者・松尾スズキは、おもしろい動きも含めて非常にレベルが高くて、惚れた。

 しかし、大人計画はアンダーグラウンドなマイナー劇団だと思っていたのに、気づけばクドカンはNHK朝ドラからの大河ドラマの脚本を書き、松尾スズキさんだって今や大河俳優だ。星野源は俳優として歌手として大人気だし、阿部サダヲや荒川良々もよくテレビで見かける。…そうか、大人計画はいつの間にかメジャーになっていたのか…。

 

 前の週に、北九州に行く前に寄ろうと思っていたのだけれど、のんびりお買い物をしていたら思った以上に荷物が大きくなり、ゆっくり見るには微妙な時間になってしまった。2会場あるし、ゆっくり見たいなぁと思ってあなぴ前にイムズへ。

 

続きを読む "「30祭」"

| | コメント (0)

「アマヤドリWS」

アマヤドリ ワークショップ「自分の機能に気付く!カラダとコトバのワークショップ」
 日時:2012年6月30日(土)10:00~18:00
 会場:福岡市民会館練習室A

 5年ほど前、東京に芝居を見に行ったときに、大学時代の友人とお茶した。友人が「うちの職場に、劇団の主宰をやってる人がいる。ひょっとこ乱舞って劇団、知ってる?」と言った。ああ、名前は聞いたことあるよ、見たことないけど。「まあ、予定が合ったら見に来なよ。」って言われて、見に行かないまま早5年。まさか福岡でその劇団主宰=広田淳一さんにお会いする日が来るとは。

 今回のワークショップは演劇経験のない人もオッケーということで、ワークショップ好きだし、縁あって参加させていただくことに。
 広田さんのほか、劇団=アマヤドリから2名の役者さんがワークショップリーダーとして参加。+大学生から大人まで、演劇未経験者から役者さんまで、一般参加者8名というメンバーで、ワークショップ開始。

続きを読む "「アマヤドリWS」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「アニメ  ゲゲゲの鬼太郎まつり」

「アニメ ゲゲゲの鬼太郎まつり」
 日時:2010年8月10日(火)
 会場:杉並アニメーションミュージアム
 
 帰省最終日。母は午後からボウリング教室に出かけるという。父は夕方から都内で飲み会だという。私一人で家で留守番していてもしょうがないしなぁ…さらに、駅までどうやって行くかを検討していたところ、父は昼食をとったらすぐに家を出るという。「荻窪にゲゲゲを見に行く」
 !!それはもしかして”杉並アニメーションミュージアム”ですか?
数年前に仕事で東京都内のおもしろスポットを探していた時に見つけたこの博物館、荻窪駅から徒歩15分ほどのところにある施設である。中野ならあなぴのついでに行くけどねぇ、荻窪という場所も、駅からの距離も中途半端…というわけで、行ってみたいけど行ったことがなかったのだ。
 父は70歳近くになってどういうわけか生まれて初めて朝ドラにはまり、1日3回「ゲゲゲの女房」を見ているらしい。というわけで、ボウリングに出かける母の車で駅まで送ってもらい、父と一緒に荻窪へ。

続きを読む "「アニメ  ゲゲゲの鬼太郎まつり」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オルゴールの小さな博物館」

オルゴールの小さな博物館
 日時:2009年11月28日(土)15:00~
 
 今回の週末上京の目的地は池袋周辺。というわけで、あらかじめ面白そうな芝居&博物館・美術館をリサーチ。したら、ここがヒット。池袋から歩いて行けるし、完全予約制で、見学時間がきっちり決まっているのもいい。

 実際は池袋に宿泊場所を確保できず。池袋から近いところで探したら、大塚がヒット。駅から徒歩1分のホテル。都電荒川線で博物館まで行けるし、いいじゃん!というわけで、大塚の寿司屋ですしとそばとてんぷらのランチ後、ホテルに荷物を預けて、都電で鬼子母神前まで。鬼子母神にお参りしてから、徒歩で博物館へ。

 私は博物館コースと演奏会コースのセット(2800円)を体験しましたが、どちらか片方で十分楽しめます。いや~2時間たっぷりオルゴール聴きまくり。癒されまくり。
 演奏会コースが初心者向け、博物館コースが中級向け、館長コースはマニア向けらしいです。一人でも楽しめますが、これからの季節はデートスポットとして超おススメです。

続きを読む "「オルゴールの小さな博物館」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「福岡近代絵巻」

福岡市制施行120周年記念「福岡近代絵巻」
 日時:2009年11月7日(土)
 会場:福岡市博物館

 ちょっと気にはなっていたものの、同僚から「面白かったですよ」と言われていたものの、まあいいかとスルーしていた展示。天気もいいし出かけてみるかと、午後からのんびり自転車で行ってみた。

 やばい。おもしろすぎる。
 古地図や明治の印刷物など、ひとつひとつ、写真の1枚1枚を丁寧に観ていたら、あっという間に閉館時間。
 ギンギラ太陽’sの「天神開拓史」が好きなら、ぜひ行ってみてください。はまると思います。入口にあるディスプレイ(天神の風景を“魔法の羽”でなでると、昔の写真になる!)もおもしろかったし。

 よく見たら、これ、明日11月8日までなんです!ももち浜に急げ!
 私は、常設展示を見られなかったので、明日また行こうと思います。

続きを読む "【速報】「福岡近代絵巻」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「国宝 阿修羅展」

興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」
 日時:2009年7月26日(日)
 会場:九州国立博物館

 大学時代は史跡踏歩会というサークルに入っていた。私自身は、ただの観光気分で神社仏閣を見て歩いていたのだけれど、先輩方の中には仏像LOVEの方もいて、どこのどの仏像がいいとかなんとかいろいろ教えていただいた。そんなわけで、興福寺も学生時代に一度足を運んだことがあり、当然阿修羅にもお会いしたことがある。けど、今回はなんだか一大ブームになっていて、みうらじゅんと高見沢さんが“阿修羅ファンクラブ”まで結成してる!しかも九州まできてくださるというなれば、やはり観に行かねばならぬだろう。

 そんなわけで、観劇の予定のない週末、天気予報は大雨。「こんな大雨の中九国博まで行く人は少ないんじゃないか」と予想し、早起きして車で太宰府へ。

続きを読む "「国宝 阿修羅展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「先生のための演劇ワークショップ」

「先生のための演劇ワークショップ」
 日時:2006年8月8日(火)10:30~17:30
 会場:福岡市民会館練習室

 2月に行われたPETAのワークショップに続いて2度目の参加。前回も参加した人も数名、あと、顔見知りに会ってびっくりしたり。

 演劇百貨店の柏木陽さんを中心に、福岡で活躍する高山さんと前原さんをファシリテーターに、福岡市立若久小学校で行われている演劇の授業を紹介しながらのワークショップ。

 PETAのワークショップでは、理科や社会、音楽などの教科指導の中で使えそうなことをやったけれど、今回はいろいろなからだの表現や5Wからダンスを作ったり、モノが語るところから脚本を作ってみたり、ということをした。どれもこれも参加者の方たちのアイディアがものすごくおもしろくて、わくわくした。職場がこんな人たちばかりならさぞかし楽しいだろう。いや、私は職場の人のこんな楽しい面を知らないだけじゃないのか?
 いちばん印象の残ったことは「日常のいろんな動きがすべてダンスになる」ということだった。これは、R&Sバレエ・アティテュードの大内田さんがおっしゃっていたことなのだが、私は、ダンスってちゃんとからだのできた人でないと踊れない、というか踊っちゃいけないんだと思っていた。だけど、どう見てもダンサーのからだじゃない人たちが動いても、動きそのものがものすごくおもしろかったし、ちゃんと物語が伝わった。「表現」というものは、特別なひとだけに許されるものではなく、だれもが表現者であることができるし、だれもが他者に自分の伝えたいことをきちんと伝えられる表現者でいなければならないとあらためて感じた。
 学校という場では、文字とか数とか、そういうみんなに共通の表現したり理解したりする記号を教える。あるいは美術や音楽などの表現手段を教える。身体や表情なども大切な表現手段だ。表現したいことを多分みんなたくさんもっている。表現の手段は多ければ多いほうがいい。暴力とか、犯罪とか、無理なダイエットとか、自傷とか、そんな方法でしか自分を表現できないなんて悲しすぎる。子どもたちに一つでも多くの表現手段を持ってもらうために、せめて自分が一つでも多くの表現手段を持つために。
 まだまだこれから。

 終了後、交流会もあり。
 仕事の話、芝居の話、果ては恋バナまで。夜更けまで盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「三鷹の森ジブリ美術館」

三鷹の森ジブリ美術館
 日時:2006年2月18日(土) 10:00入場

 大学時代の友人と吉祥寺駅で待ち合わせ。
 井の頭公園をとことこ歩いて20分足らず、西の端っこに美術館はある。

 美術館、というよりおしゃれな洋館。
 外観はスペインかエーゲ海あたり?を思わせるコンクリ造り。中はカントリー風で、インテリアも凝っている。

jibri

 展示物はといえば、1階に映画やアニメーションの仕組みを紹介する展示と、ミニシアター(←オリジナルのジブリショートムービーが見られる) 2階はアニメ製作の過程を展示室ごとに紹介。といっても、それほど詳しい説明があるわけでもない。あとは絵コンテとか、いろんなイラストがたくさん。3階はショップ・図書館・猫バス。屋上は庭になっていて、「守り神」がいる。

 あんまり美術館ぽくなかったです。
 ジブリ映画が大好きな人は楽しいかもしれませんが、私はそうでもないので、展示物よりもむしろ建物やインテリアのほうに興味津々でした。映画の中にいるみたいな気分になれます。

 入場するために並ぶんですが、列整理のお兄さんは私のチケットを見て
 「これ、なにけんですか?」
 ???
 「入場券です!」
 「そうじゃなくて、どこの県?」
 ああ、チケットには”ローソン上川端”の文字。
 福岡県です。
 お兄さんも九州出身だということでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「先生のための演劇ワークショップ」

PETA「先生のための演劇ワークショップ」
 日時:2006年2月12日(日)10:00~17:00
 会場:福岡市民会館練習室C

“先生のための”と銘打ってはいたけれど、本当の先生は半分くらいか? それも幼稚園から高校までいろいろ。あとは地元の芝居で見かける役者さん数名。中には演劇ワークショップのファシリテーターとして活躍している方もいるそうだ。その他も数名。もっとも、自己紹介のようなものもまったくなかったので、実際のところは不明。でも、名前も知らない(お互いに呼び合う名前は自己申告のニックネームのみ)人たちとみんなで、和気藹々と楽しい雰囲気の中、いろんなグループワークをやった一日だった。

 10年ほど前、仕事もそこそこに劇場へ通う私に、「あなたの趣味とあなたの仕事がどうつながっているのかまったくわからない」と言った人がいる。そのとき私は、趣味と仕事がつながっている必要なんてまったくないし、むしろまったく別でいいんじゃないかと思った。
 ただ、先日もある人から言われたが、私の仕事は24時間その「役割」を背負わされている商売らしい。すんません、自覚なくて。まあ、どんな仕事をしていても、たぶんみんな24時間その役割を背負っているだろうし、仕事をしていなくても「母親」とか「高校生」とか、何らかの役割を背負わされているから、せめて適当な別の名前を持ってネット上に存在したいと願ったりするわけで。

 私は、演劇好きゆえに過去いくつかの演劇ワークショップに参加したこともあるし、なにしろ鴻上尚史の信奉者なので、鴻上さんの書籍は演劇論関係を含めてすべて読み漁っている。そのほかにもキャラメルボックスの成井さんや野田秀樹のワークショップの様子なども見聞きしてきた。
 それと同時に、もともとコミュニケーションとかカウンセリングに興味があり、そっち方面の研修会にもいくつか参加したことがある。

 今回のワークショップでは、これまで演劇訓練本で読んだり、演劇・カウンセリング両方のワークショップや研修会で体験したことのある手法がたくさん出てきた。
 こういった手法は、さまざまな場でもっと導入されてもいいと思う。たとえば今回、あるテーマ(「子どもたちに望むこと」等)で替え歌を作って発表するワークがあったのだが、ある問題を扱った研修会の場などで問題を焦点化する際に、この方法なら楽しみながら次々と問題点を出して、みんなで共有できる。歌詞なので、言葉が足りないという欠点はあるものの、むしろ短い言葉で的確に表さなければいけないぶん問題ははっきりするだろう。

 「演劇ワークショップ」というと、役者さん向けのものというイメージがあるけれど、舞台に立つ人達だけのものにしておくのはあまりにももったいないものが多い。総合芸術である演劇の手法は、表現の技術やコミュニケーションの技術を含む。誰もが人と付き合わなければいけないし、他人に自分の思いを伝えたり、一緒に何かのタスクをやっていかなければいけない。それが社会生活を送るということだ。だから、社会生活を送る上で、演劇の手法はけっこう役に立つ、と私は思っている。
 「ひきこもり」という言葉を聞くたびに、私はとてもかなしくなる。
傷つかないようにするために人とのかかわりを避けるという戦略は大ありだと思っている。むしろ私の生きるうえでの志向はこっちに傾いているくらいだ。
 でも、人とかかわることで得られる喜びや楽しさも少しは知っている。
 だから、人とかかわりつつも傷つかずにすむ、別の戦略や技術を持ちたいと思っている。
 演劇の手法が、その戦略のひとつとなればいい。
 この社会で「生きにくい」と感じている人たちに、その戦略や手法を伝えていきたいと思っている。

 こんなふうに私の仕事と趣味は、ちゃんとつながっている。
 ばらばらのパズルピースがつながってひとつの絵になるように、演劇も仕事も私の人生をかたちづくる不可欠なピースなのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

九州国立博物館開館記念特別展「美の国日本」

九州国立博物館開館記念特別展「美の国日本」
 日時:2005年11月13日(日)
 開場:九州国立博物館

 開館した週末、東京に住む友人からメール。
 「九州国立博物館って、初日の行列が800人って、いかにも少ない気がするんだけど、どうなの?」
 ???800人って少ないの? 人、いないの? やっぱあんな山奥だからか?

 周囲の人にリサーチ。
 「え?すっごい人だったよ・・・」「開館時間から入場制限がかかってたよ・・・」
  
 んで、実際のところを確認するために行ってみました、日曜日の午後。
 まずは通り道の太宰府天満宮。大盛況。
 そうだった・・・七五三である。
 いや、天満宮は年中大盛況だけどさ。

 人ごみを通りぬけて、エスカレータと動く舗道を経由して国博へ。
 人、多い!
 
 いやいや、開館1ヶ月で40万人!もの人を集めたという九州国立博物館。
 当初の目標は半年で17万人だったというから、その盛況振りがうかがえる。
 ぞろぞろと特別展示室に入るも、人・人・人・・・。展示物を見る気も失せる。
 とりあえず展示室内を一周して、第一展示室に正倉院宝物が多いのを確認してもう一周。
 正直に並んでいても、ちっとも列が前に進まないのに痺れを切らし、文化交流展示(常設展示)へ。

 文化交流展示室の入り口床に這いつくばる多数の親子連れ。
 ここの床には福岡市の巨大航空写真がある。
 「ここが中央小学校だから~、○○ちゃんのおうちはここだね」「・・・ちっちゃいね・・・」
 ちっちゃいけど、ちゃんとおうちが確認できる。我が家もしっかり確認してきました。
 それから、広~い展示室内を一周。
 
 1階の「あじっぱ」にも入る。

 それにしても、だ。
 なんとも従来の博物館を抜けきれていない感じがちょっと残念だった。特に、あじっぱや常設展示室のとってつけたような中途半端な体験コーナーにはほんとにがっくり。あれってどうなんだろう・・・。 
 
 帰宅してゆっくり出品目録を見てびっくり。
 げ、洛中洛外図屏風とか唐獅子図屏風とか織田信長像とかあったんだ・・・。肖像画とか屏風は全部ぶっ飛ばしてた。
 学生時代、「日本史の資料集に写真が載ってるものは全部見よう!」と神社仏閣見物を中心に日本全国を行脚した私としては見ておきたかったあれやこれ。また行くか? いや、たぶん行かない。人多いし。¥1300は高いし。
 
 あ、動く歩道はギャラリーになっていて、現在西日本書道会のえらい人の作品が展示されている。
 これが圧巻。書で感動できるとは。
 とりあえず天満宮から国博まで行って、外観&ロビーを見物し、オークラ直営喫茶室でお茶して帰ってくるのもありじゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)