書籍・雑誌

規律と友情の自衛隊~村上龍「半島を出よ」

 3泊4日で集団宿泊研修に行ってきた。帰宅して翌日は那珂川の清滝で一日のんびりして、夜遅く東京からやってきた大学時代の後輩と飲みに行った。彼は2年間ほど防衛庁職員として自衛隊に勤務していたことがあり、自衛隊の話を聞いた。自衛隊では寝坊したりして時間に遅れると、遅れた本人ではなく仲間の隊員が罰(腕立て伏せとか)をうけ、遅れた人間はそれをただ見ているだけだったそうだ。武器をばらす訓練では、一つでも部品が見つからないと、やはり無くした本人ではなく仲間の隊員が全員で探したらしい。野外訓練で飯盒の取っ手がなくなったときは、4日間夜中じゅうヘッドライトをつけて探したとか。もちろんなくした本人は探させてもらえない。「あのへんでなくしたかも・・・」といえば仲間がそのへんをさがす、とか。
 宿泊訓練でもそういうことをやっていた。集団訓練(整列したり、右向け右とかやるアレ)のときは、ひとりでも間違えれば全員が罰として100メートルほど往復ダッシュ。規律を乱す行動を取るものがいれば、全員が反省レポート提出、というように。
 そんな話をテニスのコーチにしたら、「それって、必要なんですか?」と聞かれた。んー、必要だから40年も前からやってるんじゃないの?自衛隊にいた彼も「こういう訓練で仲間の連帯が深まるんですよ」と言っていた。集団訓練は、集団を維持するために必要なことなのだろう。まあ、テニスをやる人はなじめないだろうな。
********************
 一方、1ヶ月ほど前からえんえん読んでいた村上龍「半島を出よ」を、清滝の桟敷でようやく読了。

半島を出よ (上)

半島を出よ (下)

続きを読む "規律と友情の自衛隊~村上龍「半島を出よ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)