« 「ドライブ・マイ・カー」 | トップページ | 「Le Fils 息子」 »

「ははのれんあい」

窪美澄「ははのれんあい」

 諸事情で仕事に比較的余裕があったので、読書。

 

 窪美澄さんは、「ふがいない僕は空を見た」ぐらいからかな?

 「よるのふくらみ」「やめるときも、すこやかなるときも」を読んだ。結婚とか恋愛とか妊娠とかの間で悩む女性よりもむしろ、登場する若い高校生ぐらいの男の子に共感する、というか、惹かれることが多い。

 

 ものがたり

 僕の家には、僕の家族には、恥ずかしいことなんて何ひとつない。

 長男の智晴(ちはる)を産んだ由紀子は、優しい夫と義理の両親に囲まれ幸せな家庭を築くはずだった。しかし、双子の次男・三男が産まれた辺りから、次第にひずみが生じていく。死別、喧嘩、離婚。壊れかけた家族を救ったのは、幼い頃から母の奮闘と苦労を見守ってきた智晴だった。智晴は一家の大黒柱として、母と弟たちを支えながら懸命に生きていく。直木賞候補作『じっと手を見る』の著者が描く、心温まる感動の家族小説。

 

 タイトルは「ははのれんあい」だけれど、若い女性・由紀子が結婚して家庭に入ったところから始まる。夫や義理の父母との生活や、実の母との関係、やがて妊娠し、子どもが生まれ、子育てと並行して働くことに悩み、夫婦の関係に悩み…。

 2部構成になっていて、第2部では成長して高校生になった息子・智晴の視点から、彼自身の葛藤や”家族”を描く。

 とても面白かった。私はやっぱり由紀子よりも智晴の物語の方にひかれてしまったのだけれど。

 

 「誰かをすきになってしまう、ということの怖さが、この世の中にあることを、智晴はなんとなく理解し始めていた。」

 という一文が印象に残った。好きな仕事ができなくなり、新しい仕事もうまくいかず、なんとなく家に帰りづらくなって、別の場所に通ううちに別の女と心を通わせるようになって家を出て行ってしまった智晴の父。父は母を嫌いになったわけじゃない。それでも別れてしまう日が来る。

 そんなに好きだとか思っていなかった子でも、友達が好きだといったから、相手が自分のことを好きだと言うから、好きになってしまうことがある。その先にあることなんて考えもしないで。

 そういう、”ひとがひとを好きになる気持ち”がわかり始めた智晴に、”ははのれんあい”が見えてくる。

 

 ”誰かを好きになってしまう、ということ”の怖さのせいで、私はこうして一人でいるのかな、と思う。それでも誰かを好きになってしまう。誰かを思う気持ちはいつも素敵で、でもせつなくて、やっぱり怖い。何が怖いかって、やっぱりいつかはきっとなくしてしまうんじゃないかという気がするから。永遠なんてない。でも、関係性が変わってしまったとしても、ひとがひとを思う気持ちは変わらない。由紀子が智晴伝え続けてきたことはそういうことで、それが智晴にちゃんと伝わっていて良かったと思いました。

|

« 「ドライブ・マイ・カー」 | トップページ | 「Le Fils 息子」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ドライブ・マイ・カー」 | トップページ | 「Le Fils 息子」 »