« 「終わりよければすべてよし」 | トップページ | 「フェイクスピア」 »

「十の輪をくぐる」

辻堂ゆめ「十の輪をくぐる」

十の輪をくぐる

 

 職場の人におすすめされたもう1冊。読まずに返すかなぁと思って開いてみたら、バレーボールの話で、しかも物語の舞台に大牟田とか荒尾が登場した。最近バレーボールにかかわるようになったし、九州の話ならということで、興味をひかれて読み切った。

 

 あらすじ
 スミダスポーツで働く泰介は、認知症を患う80歳の母・万津子を自宅で介護しながら、妻と、バレーボール部でエースとして活躍する高校2年生の娘とともに暮らしている。あるとき、万津子がテレビのオリンピック特集を見て「私は・・・・・・東洋の魔女」「泰介には、秘密」と呟いた。泰介は、九州から東京へ出てきた母の過去を何も知らないことに気づく。
 51年前――。紡績工場で女工として働いていた万津子は、19歳で三井鉱山の職員と結婚。夫の暴力と子育ての難しさに悩んでいたが、幼い息子が起こしたある事件をきっかけに、家や近隣での居場所を失う。そんな彼女が、故郷を捨て、上京したのはなぜだったのか。
 泰介は万津子の部屋で見つけた新聞記事を頼りに、母の「秘密」を探り始める。それは同時に、泰介が日頃感じている「生きづらさ」にもつながっていて――。
 1964年と2020年、東京五輪の時代を生きる親子の姿を三代にわたって描いた感動作!前作『あの日の交換日記』が大好評!!いま最も注目を集める若手作家・辻堂ゆめの新境地となる圧巻の大河小説!!(出版社ホームページより)

 

 オリンピックもバレーボールもモチーフの一つにすぎず、読みながら感じていたことが終盤になってきっちり片付いていく展開に脱帽。今読めてよかったなぁと思う。最終的に親子がわからないものをわからないままに抱えたままというのもいいなと思った。家族とはいえ、知らないことがたくさんある。そういうものだ。

|

« 「終わりよければすべてよし」 | トップページ | 「フェイクスピア」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「終わりよければすべてよし」 | トップページ | 「フェイクスピア」 »