« 「南無サンダーの箱崎文化祭’21」 | トップページ | 「ミモココロモ」 »

「ウェイトレス」

「ウェイトレス」

 日時:2021年4月4日(日)17:30開演

 会場:博多座

 

 高畑充希さんが、すごく気に入って何度も海外に観に通ったというミュージカルが、なんと高畑充希さん主演で上演されるという。しかも博多座でもやるという。ならばぜひ見たい!

 

 どんなお話なのかは全く知らずに行ったので、始まってびっくり。いきなり主役のウェイトレス・ジェナ(高畑充希)がつわりでトイレに駆け込み、妊娠検査薬の結果にドキドキするという、オトナな展開。しかも、かかりつけの産婦人科で、担当の医者(宮野真守)と不倫関係に。客席にはわりと年配のご夫婦が多かったのだけれど、いったいどんな気持ちでこれを観たのか…。家に帰ってどんな話をするのか気になりました。

 

 高畑充希ちゃんの歌声が美しい。このミュージカルは芝居も重要なので、彼女にぴったりだと思いました。ただ、いちばんの見せ場の歌は、もうちょっとパワーが欲しいなあと思いました。

 役者さんたちはみな歌唱力のある人ばかり。同僚ベッキーはLilicoさん。彼女も歌手として長い下積みをしてきた人らしい。歌も素晴らしかったし、おばちゃんっぽい存在感も素晴らしかった。もう一人の同僚ドーン=宮澤エマさんは初見。元総理大臣の孫ということでバラエティとかにも出てたらしいけど、朝ドラ「おちょやん」で千代をいじめる後妻さんとして登場するらしいということで知った。「おちょやん」観てないんですけど、朝ドラつながりで年配のお客さんが多かったのか…。エマさんも歌の勉強をしていたらしく、確かな歌唱力。意外と小柄なのもかわいらしかった。

 宮野真守さんは、私の中では歌う人だったのに、月髑髏では全く歌わなかったので不満だった。今回は歌う役だったけど、うーん…ビジュアル的にあんまり好きになれなかった。

 ドーンに猛アタックするおばたのお兄さん、何者…?すばらしい身体能力!

 

 お話はまぁ落ち着くところに落ち着いた感じで、そんなにうまくいくわけないじゃん!と多少突っ込みながらも、楽しかったのでよしとします。

|

« 「南無サンダーの箱崎文化祭’21」 | トップページ | 「ミモココロモ」 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「南無サンダーの箱崎文化祭’21」 | トップページ | 「ミモココロモ」 »