« 「獣道一直線!!!」 | トップページ | 「ローマの休日」 »

「先生の暗いロッカー」

非・売れ線系ビーナス「先生の暗いロッカー」

 日時:2020年12月11日(金)19:30開演

 会場:ぽんプラザホール

 

 久しぶりに劇場で観劇。バスに乗るのも9月のあなぴ以来か?

 感染対策として、受付で座る席を選んで指定するシステム。受付でひと手間かかりますが、これはいいなぁと思いました。

 

 ホールに入ってびっくり。装置が素晴らしい!かっこいい!

  

 ものがたり

 文化祭前日、職員室?に先生を捜しにやってきた女子生徒。目当ての先生は不在で、部屋に集う先生たちに聞いてもどこへ行ったか分からない。

 

 やり取りされるせりふから、近未来か異世界かのような感じがする。出ハケの位置もばらばらなので、違和感を感じる。狙ってやっているのだろうけれど、ただ間違ってるか何も考えずに作っているとしか思えなくて気持ち悪い。というよりイライラした。

 タイトルからしてホラーっぽい雰囲気だけ出して、何か起こりそうだと思わせたまま、結局何も起こらないんだろうなーと思って観ていたが、その通りだった。面白いと思って観た人もたくさんいたみたいでしたが、私にはまったく面白くありませんでした。すみません…。

 

 キャスト(配役表)やスタッフクレジットは、劇場内に張り出されていましたが、紙の当日パンフはなく(このようなご時世ですから当然だと思います)、劇団のサイトにも載っていないようでした。QRコードでアンケートを送れというのなら、QRコードでキャスト&スタッフクレジットを見られるようにしてほしかったなぁと思いました。

|

« 「獣道一直線!!!」 | トップページ | 「ローマの休日」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「獣道一直線!!!」 | トップページ | 「ローマの休日」 »