« 「ちびまる子ちゃん展」 | トップページ | 「先生の暗いロッカー」 »

「獣道一直線!!!」

獣道一直線!!!

 日時:2020年11月28日(土)18:30開演

 会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール

  

 生瀬勝久・古田新太・池田成志の3人が、自分たちのやりたいことを出し合って企画する”ねずみの三銃士”。今作は木嶋佳苗が起こした”首都圏連続不審死事件”がベース。ゲストに池谷のぶえ&山本美月。+脚本の宮藤官九郎も役者として登場。

 

 「獣道一直線!!!」というタイトルは、「柔道一直線!!!」をもじったものかと思っていたけれど、「けものみち(一般人の平穏な生活とは違う人生や生き方の比喩)一直線」なのだった。うまいなぁ…。

 

★あらすじ★

 2016年から2020年にかけて、日本各地で起きた3件の殺人事件。被害者はそれぞれ多額の生命保険に加入していた。

 その受取人として、捜査線上に、一人の女性が浮かび上がる。

 
 苗田松子。

 

 婚活アプリやSNSを舞台に、虚飾のセレブ生活を謳歌する彼女の魅力に取り憑かれた男は、誰しも正気を失う。目があったら最後、催眠術にかかったように、クレジットカードを差し出し、お題目のように暗証番号を唱えるという。

 望月順三郎、藪中弘重、野呂秀次……

 彼らも苗田と出会い、その魅力に溺れた。

 

 <苗田松子が複数の殺人事件に関与している---->

 

 そんな書き込みがSNSで拡散された……。

 ドキュメンタリー作家の関(宮藤官九郎)は、その噂を確かめるべく、妊娠中の妻かなえ(山本美月)を置いて、彼女の暮らす福島県へと向かった。

(パンフレットより)

 

 冒頭、オーディション会場にやってきた3人の役者、生汗勝々(生瀬勝久)、池手成芯(池田成志)、古新田太(古田新太)。3人は苗田松子と名乗る女性(池谷のぶえ)にスカウトされ、福島県の練りもの工場で働くことになる。

 

 苗田松子の事件を面白がって追っていた関だが、松子の方が数倍上手だった。3人のおじさん役者と関の妻・かなえを全員味方につけて、関を追い込んでいく。

 松子=池谷のぶえさんは最近テレビドラマやコント番組等でも大活躍ですが、オモシロからシリアス、艶めかしい姿まで、変幻自在な表情を見せてくれる。本人は別に面白くしようとしてるわけではないご様子。二幕冒頭の寿司屋のシーンは、美月ちゃんと一緒にLIFE!のうそ太郎みたいでした。

 役者たちはみんな、ひとりで何役もやる。生瀬・古田・池田の3人は、3人ともものすごくうまい役者で、いろいろなことができるけれど、さらに新しいことにチャレンジして、その上を行こうとしているのがすごい。
 古田さんがアイドルグループの一員としてチェックの衣装を着て無表情で踊るのがかわいい。踊る古田さんを見られてとても嬉しい。

 山本美月さんが超かわいい!容姿も美しいですが、声がアニメキャラっぽくてかわいい。モデルとしてデビューしたときから知っていますが、かわいいだけじゃなくて頭もよくて多才。今後のさらなる活躍が楽しみです。

|

« 「ちびまる子ちゃん展」 | トップページ | 「先生の暗いロッカー」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ちびまる子ちゃん展」 | トップページ | 「先生の暗いロッカー」 »