« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

「獣道一直線!!!」

獣道一直線!!!

 日時:2020年11月28日(土)18:30開演

 会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール

  

 生瀬勝久・古田新太・池田成志の3人が、自分たちのやりたいことを出し合って企画する”ねずみの三銃士”。今作は木嶋佳苗が起こした”首都圏連続不審死事件”がベース。ゲストに池谷のぶえ&山本美月。+脚本の宮藤官九郎も役者として登場。

 

 「獣道一直線!!!」というタイトルは、「柔道一直線!!!」をもじったものかと思っていたけれど、「けものみち(一般人の平穏な生活とは違う人生や生き方の比喩)一直線」なのだった。うまいなぁ…。

 

続きを読む "「獣道一直線!!!」"

| | コメント (0)

「ちびまる子ちゃん展」

アニメ化30周年記念企画「ちびまる子ちゃん展」

 日時:2020年11月8日(日)13:30

 会場:福岡アジア美術館

 

 特に予定のない週末。家に引きこもっているのにも飽きてきた。そうだ、ちびまる子ちゃん展に行きたかったのだった。天気もいいし、運動不足解消のためにも自転車で出かけようと、あじ美へ。

 

 ちびまる子ちゃんとの出会いは、大学受験のために親戚の家に泊めてもらった時。滞在していた部屋に雑誌りぼんがあり、勉強もせずに読みふけり、完全にちびまる子ちゃんにはまってしまった。帰宅してさっそく単行本を買いに行った。もちろん大学は全部落ちた。

 

 展示は、さくらももこ先生直筆のキャラクター紹介色紙に始まり、セル画、スケッチ画、絵コンテ、映像など約350点が展示され、アニメ「ちびまる子ちゃん」の歴史をたどる内容。1990年にアニメが始まったときは、ブームになったこともあり見ていたと思うが、私は何しろもういい大人だったので、アニメのちびまる子ちゃんにあまり思い入れがない。会場には親子連れがたくさんいて、お父さんが「おお、この回覚えてるぞ!」と、熱心に内容を語るも、子どもたちはふーん、とあまり興味なさげに会場内を走り回る光景が見られた。

 セル画や背景に使われている様々な技法も解説されていたけれど、あまり興味が持てず、私はやっぱりマンガのちびまる子ちゃんが好きだったんだなーと思った。展示品の中には、さくらももこ先生直筆のスケッチや、脚本、CDジャケットのデザイン画なども多くあり、読み始めた当初はヘタウマなマンガだと思っていたけれど、やっぱり絵がうまいし、独特なカラフルな色遣いは素敵だった。後半にはプライベートで描いていたイラストや、空箱やポーチを自分で描いた絵で飾った物が展示されていて、どれもかわいらしかった。本当に絵を描くことが好きで、かわいらしいものが好きな人だったんだなと思う。

 会場を出たところで、ものすごい数のグッズが販売されていた。ほとんどがアニメのグッズで、特に興味はひかれなかったのだけれど、私がちびまる子ちゃんにはまったきっかけ「まる子、きょうだいげんかをする」でおじいちゃんがまる子に差し出す「ンキチイ〇」と書かれたノートのレプリカ?は危うく買いそうになった。たぶんおとなの事情で「ンキチイチ」と書かれていたので、違う違う…と買わずに帰りました。

| | コメント (0)

「見えない/見えることについての考察」

「見えない/見えることについての考察」

 日時:2020年11月3日(祝)15:00開演

 会場:スカラエスパシオ

 

 twitterで公演情報を見つけた。未來くんが福岡に来る!!!ということで、速攻チケットゲット。

 初・スカラエスパシオ。感染症対策のため、建物内にも入れず、外で待つように指示される。しばらくして外に並んでいた順に建物内に案内されるが、建物内で到着順に一列に並び、10名ずつ整理券番号が呼ばれると会場内に入る仕組み。なぜ整理券番号順に建物に入れて、建物内で整理券番号順に並ばせないのか?ちょっとイラっとする。

 会場内に入ると、客席はほぼ埋まっていて、入り口から遠い下手最前列に陣取る。隣は私と同世代の女性で、開演までずーっとおしゃべりされていた。聞くともなく聞いていると「なかなか情報が出なくて困っちゃうよね!」「でも、インスタに情報が上がるから、それでやっとわかるよね!」おっしゃっていた。!!未來くんのインスタあるのか!というわけで、さっそく登録した。

 開演直前、場内放送で入場時に配られていたイヤホンガイドの音声チェックがあった。場内に入ったときから耳に当てていたけど、時折ざーっとようなものが聞こえてくるだけで何も聞こえず。場内放送がかかっても、時々場内放送と同じものが切れ切れに聞こえるだけだ。最後の最後に「聞こえない方は場内のスタッフに申し出てください」というので、手を挙げてスタッフを呼んだ。音声が途切れことを伝えると、「電波の関係で、時々途切れます。基本的に聞こえていれば問題ありません。」と言われる。基本的に聞こえないんですけど!!というわけで、交換してもらった。基本的に聞こえるようになったけれど、イヤホンを右につけるか左につけるかを説明してくれていたらしい未來くんの声はもう聞こえなくなっていた(泣)。

 

続きを読む "「見えない/見えることについての考察」"

| | コメント (0)

「ゲルニカ」

「ゲルニカ」

 日時:2020年11月1日(日)13:00開演

 会場:北九州芸術劇場大ホール

 

 ゲルニカと言えばピカソの絵画で、それがスペインでおこった大規模殺戮を描いたものだということぐらいは知っていたけれど、ゲルニカが町の名前だとか、その大量殺戮がどういういきさつで起こったものなのかについてはよく知らなかった。

 

 

続きを読む "「ゲルニカ」"

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »