« 「ボヘミアン・ラプソディ」 | トップページ | 「ピグマリオン~人形姫~」 »

「メタルマクベス disc3」

「メタルマクベス disc3 ライブビューイング」
 日時:2018年12月6日(木)18:00開演
 会場:Tジョイ博多

 メタルマクベス disc3 のライブビューングも平日か~。しかも木曜日は普通に仕事が終わるのが18時半だから、絶対無理。ま、豊洲の劇場に観に行くからいいか~と思っていた。数日前までは。

 その日の午後、2年に1回の自宅の排水管掃除が予定されていた。日時の選択余地なし。このチャンスにやってもらわないと、次は2年後。2年前、自宅にいなかったために我が家の排水管は掃除してもらえず、風呂の排水がだいぶ困ったことになっていた。今回は何としてもやってもらわなければいけない。隣席の人に交渉したら、午後からの仕事を替わってくれたので、午後休みを取った。
 …あれ?ってことは、18時からのライブビューイング行けるじゃん!!!
 調べてみたら、まだチケットがあった。最後列の真ん中あたりの席をポチっとし、いざ、博多駅へ!

 disc 3のマクベス夫妻は、浦井健ちゃんと長澤まさみちゃん。絶対に観たいと思っていた。

 冒頭、魔女の登場シーン。鍋!
 disc3の魔女たちは、右近さんと峯村リエさんがいい感じにかわいらしいおばちゃんで、とても魔女っぽかった。

 ランダムスター登場。浦井さんが美しい!美しい顔立ち、すらりと背が高く、身のこなしも美しい。殺陣もかっこいい。しかも、美しい歌声。
 一方のマクベス浦井は、金髪の長髪で、ブルーサテンのミリタリールック。…高見沢さんじゃん…(と、本人も情宣番組の中で言っていた)

 長澤まさみちゃん。何度か彼女の舞台を見ているけど、いつもなんか違うんだよなーという印象を持っていた。
 今回のランダムスター夫人は長澤まさみのいい意味でガサツな感じがとても良くて、まさに「ああ~そんなあなたが観たかった!」という感じ。冷蔵庫から缶ビールを取り出してがぶ飲みし、「メタルなんて大っ嫌い!」と、伝令係ヤマハ(吉田メタル)を罵倒し、缶を握りつぶしてまたビールを取り出してがぶ飲み…。夜中のメープル城で、弱気になるランダムスターをけしかけて王殺しをそそのかす。十分に怖い…。
 衣装は、自慢の美脚を見せない黒の革パンツ。2幕でちょっとレースタイツの足を見せる場面もあるのだけれど、他の衣装もワイドパンツだったり、ロングドレスだったり、長いガウンを羽織っていたり、ピタパンだったりと、あえてマニッシュな感じがいい。

 disc 1では、小澤道成さんが一幕のどこに出ているかわからなかったので、事前に舞台を見た友人に教えてもらい、今回はちゃんとわかりました!メタルマクベス新メンバーお披露目パーティーで登場する小澤さんは、disc 1以上に暴走!さらにものすごくうざいガキ(←褒めている)になっていた。

 2幕、改めて、役者・浦井健治がすごかった。
 2218年パートの、マクベス夫妻の悲劇は、今まで見たいろんなマクベスの中でもピカイチだった。
 長澤まさみちゃんの狂気の芝居も、壮絶で切ない。ランディがそっと夫人の肩を抱くシーンは、この哀しい夫婦の間の愛情が伝わってくる感じがした。
 浦井さんは2幕のほうがのびのびと歌っていて、ハイトーンの歌声がことさら美しかった。2幕の曲の方がキーが高めなのかな?

 浦井さんって、歌えるし、踊れるし、ルックスもいいし、芝居もうまい。早口のセリフもきっちり言える。さらにお茶目。あれだけの芝居をした後、アンコールでニコニコ笑っている浦井さんに、改めてすごい方だわ…と思わされました。前楽に豊洲で生でお会いできるのをめっちゃくちゃ楽しみにしています!

|

« 「ボヘミアン・ラプソディ」 | トップページ | 「ピグマリオン~人形姫~」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「メタルマクベス disc3」:

« 「ボヘミアン・ラプソディ」 | トップページ | 「ピグマリオン~人形姫~」 »