« 「ツレがウヨになりまして」 | トップページ | 「サヨナラサンカク」 »

「PLUTO」

「PLUTO」
 日時:2018年3月11日(日)13:00開演
 会場:森ノ宮ピロティホール

 初演も観た。素晴らしかった。
 再演だけれど、森山未來くんが出るならなんとしても追いかけなければならない。しかも今回、ヘレナ&ウランに土屋太鳳ちゃん!朝ドラ「まれ」のオープニングですばらしいダンスを披露していた彼女は、きっと踊るはずだ。彼女のダンスを是非観たい。あと、吹越満さんのアブラ―も気になる。というわけで早々にチケットを手配したが、まぁいろいろありまして二転三転。行けることが確信できて新幹線のチケットを買ったのが前日。そういえば去年もこの週末はいろいろあって宮沢りえ様に会いに行けなかったのだった…。
 

 未來くんのアトムは、初演よりも子どもらしい感じ。セリフにもあったけれど、生まれ変わった後に大人びた感じになった。わりと近い席だったので、表情もよく見えた。生まれ変わったアトムはあまりにもいろいろなことを知りすぎて、憂いを含んだ表情。”憎しみ”の感情を得て、時々ほんとうに怖い表情をした。あんな感情を表現するのは、演じる人としてもとてもしんどいだろうなという気がしたけれど、カーテンコールで出てきた未來くんはとてもいい顔をしていて、なんだかほっとした。未來くんは、ユーロポールの部長の声も担当。多彩な声は未來くんの魅力の一つだけれど、声の芝居もすごくよかった。
 土屋太鳳ちゃんのヘレナは意外なほど低めの声で、ゆっくりしたしゃべり方もすごく大人っぽかった。あとから、あれは声を加工していたのかなと思った。普通にしゃべってあの声は出せないんじゃないかな。本当にあの声でしゃべっていたとしたらすごいけど。一方のウランちゃんは、原作通りのツインテールで、太鳳ちゃんらしいかわいらしさが全開!短いスカートをぎゅーっと握りしめるのがかわいい。パンツが見えそう。ダンスのシーンもしっかりあって、並み居る世界的ダンサーさんたちに負けず劣らず、すばらしいダンスを披露していた。
 吹越満さんのアブラ―は、抑揚のない声、ほとんど動かさない身体が、人間なのに生気がなかった。まさにアブラ―。松重さんもある意味機械っぽかったかけれど、それとは全く違う、吹越さんのアブラ―だった。エネルギッシュで身体がよく動く吹越さんも知っているから、なおさらすごい役者さんだと思わされた。
 大東駿介くんは、キャストが発表されたときに、ゲジヒトにしては若いかなーという印象があり、ちょっと心配していた。何しろ私の大東くんの印象は、劇団☆新感線でのおねえさんっぽいデズデモーナの付き人@港町純情オセロと、おバカ侍@乱鶯であり、さらに、初演の寺脇さんが予想以上にゲジヒトだったので、大東くんにゲジヒトができるのだろうかと。大東くんはとても頑張っていた。今後のさらなる活躍が楽しみ。
 ダンサーさんたちがみな素晴らしい。今回はダンスだけでなく芝居っぽいことをする場面も増えていたように思う。全員が踊るシーンは圧巻!足音も立てず、軽やかに踊る。かっこいい!蘇ったアトムが数式を書き連ねるシーンの、たくさんアトムが登場する場面が好き。映像を多用した芝居の中で、生の人間が踊っているのに映像みたいに見える不思議な感覚。アトムが空を飛ぶシーンも大好き。スモークが出た!あと、プルートーやボラーと戦う場面も好き。パンフレットを読むと、とにかく大変そうな舞台裏の様子が伝わってきた。
 上田さんの映像も進化していたように思う。ペルシャのシーンはカラーになっていた。

  「人間は死んだら生き返らない」という天満博士のセリフが心に刺さる。3月11日。
 天満博士を演じる柄本明さんは、感情をあまり表に出さない。表情も豊かではなく、身体もそんなに動かさない。なのに、天満博士の深い悲しみと絶望が全身から伝わってくるような感じがした。轢き逃げでトビオを失った悲しみ、誰を、何を恨めばよいのかわからない、行き場のない気持ち。完璧なロボットであるアトムを、完璧だから失敗作だと言う。人間は間違える。だから人間なのだと。間違えない人間はつまらない。そしてアトムは天満博士から愛されなかった。捨てられた子ども。間違えるから愛されない子どももいるのに。人間って難しいね。どうすれば愛されるんだろう。
 AIはやがて人間を超えて感情を持つのかな?憎しみや、悲しみや、人を愛する心を持つのかな?

 アブラ―もまた、息子を失くし、その恨みからプルートーを生む。
 天満博士とアブラ―がチェスで対決する場面、初演とは全く違う印象を受けた。息子を失くした二人の父親のかなしみは、それぞれ違う方向へと向かい、静かに対決する。そんな風に思えた。

 芝居に満足して、隣のQモールの酒屋さんで日本酒を買い、フードコートでたこ焼き&イカ焼き+ビールをいただいた。上機嫌で新大阪駅に着いたら、新幹線が止まっていた。やばい帰れないかも…と思いましたが、予定より30分遅れくらいで臨時列車に乗ることができ、無事に帰宅しました。いや~最後までいろいろありました。

 ところで、twitterに、#PLUTOのハッシュタグをつけてつぶやいたら、たくさんいいね💛をいただいた。それがほぼみんな土屋太鳳ちゃんのファンの方で、しかもほとんどが女性のようでした。太鳳ちゃん人気に驚きました。

|

« 「ツレがウヨになりまして」 | トップページ | 「サヨナラサンカク」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「PLUTO」:

« 「ツレがウヨになりまして」 | トップページ | 「サヨナラサンカク」 »