« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

「関数ドミノ」

「関数ドミノ」
 日時:2017年10月22日(日)13:00開演
 会場:北九州芸術劇場中劇場

 前川知大さんが非常に苦手で、観ないようにしているんだけど、瀬戸康史くんが出演で演出が寺十吾さんだというので、観に行った。

 開演前、いつものようにチケットカウンターに預けているチケットを引き取りに行く。
 当日の開演前にチケットを受け取れるこのサービスにはとても助かっていて、非常にありがたいのだが、チケットを買う人が長蛇の列をなしていて、引き取りまでにだいぶ時間がかかった。日曜日なのに土曜日だと思ってバスの時間を勘違いし、到着がぎりぎりになってしまった私が悪いのだが、当日のチケット引取りは各劇場の当日券売り場でできればいいのに、と思う。

続きを読む "「関数ドミノ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ベルナルダ・アルバの家」

空間再生事業 劇団GIGA/福岡県立ももち文化センター
ガルシア・ロルカ悲劇三部作 第一章「ベルナルダ・アルバの家」
 日時:2017年10月14日(土)18:30開演
 会場:福岡県立ももち文化センター3階小ホール

 魅力的な女優さんが多数ご出演。近所だし、観に行くかー。
 黒い服を着ていくと割引ありということで、せっかくだから黒い服で行って、舞台の一部になってみることにする。

 会場はももち文化センターの3階にある小ホール。仕事で毎年使っているけれど、小ホールというよりだだっ広い会議室。そういえば前方にピアノとかちょっとしたステージがあったっけ。
 入ってびっくり。ちゃんと小劇場になっていた。天井の蛍光灯が、一部剥がされてる!こんな使い方ありなのか!?
 場内には線香のにおいが充満し、お客さんも黒服率が高い。ちゃんとした喪服っぽい人もいる。

 開演時間になり、おばさん二人(本当は2人ともおじさんだけど)ががちゃがちゃと入ってくる。場所は、どこだろう?この日、アントニオ・マリーア・ベナビデスの葬儀が行われているらしい。ひとりは女乞食か?もう一人は、女中?亡くなったアントニオと関係があったみたいだ。 
 黒いベールをかぶった女たちが次々と客席に入ってきて、祈りの言葉をささげる。どうやら葬儀に参列しているらしい。観客も同時に、葬儀に参列する人たちになる。
 葬儀が終わり参列した人たちを見送ると、アントニオの家族たちは自宅へと戻ってきた。

続きを読む "「ベルナルダ・アルバの家」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生態系カズクン」

飛ぶ劇場「生態系カズクン」
 日時:2017年10月1日(日)14:00開演
 会場:久留米シティプラザCボックス

 ラフォーレ原宿小倉で上演された1997年の初演は、バックステージツアーが当たってしまったので本公演を見ないわけにはいかなくなり、観た。私がそれまでに見た飛ぶ劇場の公演は「うっかり博士の異常な愛情」だけだったので(というか、それがあまりにも自分の想像していた”演劇”とは違っていたので、それから2年間見てなかった。ちなみに「うっかり博士~」は別冊公演だったので、違っていて当然だった)、ものすごく面白くてびっくりした。
 その後この作品は劇作家協会の新人戯曲賞にノミネートされた。パソコン通信のチャットでリアルタイムに中継される公開審査の様子を自宅で見ていたら、なんと新人戯曲賞を取ってしまったので、ものすごく興奮した。

 スミックスホールESTAで上演された1998年の再演は観ていないみたい(自分でももうよく覚えてない)だけれど、利賀村、西鉄ホール、北九州芸術劇場小劇場と、再演の度に「生態系カズクン」を観た。

 初演から20年、前回の再演からも14年も経っているんですね。初演からずっとカズクンを演じていた女優さんが劇団を離れ、もう再演はしないのかな~するとしても誰がカズクンを演じるのかな~と思っていましたが、再演のニュース。できれば北九州で観たかったけれど、日程の都合がつかず、久留米で観劇。久留米公演があってよかった!

 もう何度か通った久留米シティプラザ。Cボックスは初めて。天井が高く、いい雰囲気だ。

続きを読む "「生態系カズクン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »