« 「純心そわれ」 | トップページ | 「銀魂」 »

「ピカイチ!」

梅棒7thATTACK「ピカイチ!」
 日時:2017年7月8日(土)18:00開演
 会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール

 梅棒さんの福岡公演は2度目だそうですが、私は元々ダンスがそんなに好きではないので、前回はスルーしてました。
 今回、一色洋平さんがご出演ということで、気になっていたのですが、どうしようかなぁ・・・と悩んでいるうちに当日。東京や大阪で観た人たちから、とっても面白かった!という声も流れてきたので、へとへとに疲れ切った身体に鞭打って、当日券狙いで久留米へ。

 久留米シティプラザに行くのは初めて。駅を降りて、駅構内に貼られていたチラシを頼りに西口に出る。地図には”中央商店街”と書いてあったと思うけど、目の前にあるのは”一番街”の文字。・・・こっちであってるよね?不安に思いつつ、周囲を歩くそれっぽい人たちの行く先を伺いつつ、あっちへ曲がりこっちへ曲がり・・・最終的には交番で確認してようやくたどり着いた。ちなみに、普通に行けば迷うようなところではありません。駅から15分くらい歩きますが、とてもわかりやすいところにあります。

 シティプラザはとても素敵な建物だった。コンビニもあるし、何より六ツ門広場が素敵だ。ここはずっと昔から久留米市民が集う場所だったんだなぁと思った。

 グランドホールの前に到着したのが当日券発売の10分前。すでに一人並んでいたので、後ろに並んで無事にチケットをゲット!

 開演。

 まず、最初に登場したのは電動スケートボードみたいなのに乗った校長先生(伊藤今人)。10分くらい前説をするという。みんなは青梅英雄学園の体験入学に来たんだよ、とか舞台設定の説明とか、久留米は初めてだよとか、客席に降りてきて観客の小学生をいじって嫌がられたりとか、そうこうしているうちに15分くらいたって開演。

 ものがたり
 舞台はとある高校。チャラい男子、今となっては懐かしいガングロギャル、しょぼい野球部員、まじめ系男子、クラスの人気者女子・・・そして僕。ある日、茶髪のイケメン転校生がやってくる。折しも学校では生徒会長選挙が行われようとしていた。人気者女子にけしかけられ、当選のあかつきには彼女のパンツをもらうという約束を取り付け、僕は立候補することに。しかし、それをこっそり聞いていた他の男子生徒たちも、こぞって立候補する。生徒会長選挙の行方は、そして僕の恋の行方はいかに?

 ロビーの天井から下がっていた幕に、ダンス×演劇×J・POPと書かれていたので、鴻上さんの「リンダ・リンダ」みたいな感じのミュージカルを想像していた。
 が、出てきたのは明らかにプロフェッショナルなダンサーさんたちだった。客席にも降りてきて、キレッキレのなかなかに激しいダンスを踊る。しかもみんなすごくそろっている。
 そんな中、一色洋平さんは熱血体育教師。すんごいムキムキの上半身。ジャンプの滞空時間が半端ない!
 イマドキのJ・POPに乗って、ダンサーさんたちは踊り続ける。ひたすらに踊るのみ。歌ったりはしない。ダンスのとマイムで物語が進行していくのだけれど、せりふはなし。次々に繰り出されるJ・POPの歌詞がうまいことものがたりにリンクするところもあって、なかなか面白い。
 
 しかし、このイマドキの学園もの、苦手かも・・・茶髪も、だらしなく制服を着ているのも、いかにもイマドキな音楽も、だいぶイラッとする。これは個人的にはダメなやつかもなぁ・・・と思っていたら、一色さんがセリフをしゃべった!そしてそこから「ウルトラソウル」を歌った!おお!やっと知ってる歌が来たぞ!

 その後、雷に打たれた生徒が、校庭に立つ二宮金次郎的な銅像のモデルが生きていた時代にタイムスリップ、二宮金次郎的な人のエピソード、音楽室の肖像画から音楽家が抜け出してくる、トイレの花子さん的な女の子の登場・・・と、学校の怪談話が続く。おもしろい。特に、トイレの花子さん登場場面(たぶん曲はマキシマムザホルモン)と、花子さん的な女の子と僕のシーン(流れてたのは「フラレガイガール」という曲らしい)が最高におもしろかった。しかも花子さん=魚地菜緒さんのピップホップダンスがすごい!頭を軸にして回る回る・・・体幹がきちんとできてないと絶対にできない技。彼女はまだ高校生だって!!!!?・・・しかしこれらは箸休め的なオモシロネタなのでしょうか?すごいネタ挟んでくるなぁと思っていたら、ただのネタではなかった!彼らは最後の最後まで物語に絡んでくるだけでなく、物語上とても重要な存在だった!最初のほうのセリフのなさから、演劇って言ってもダンスがメインなんだろうなと思ってたら、ちゃんとものがたりがあって、ばらまかれた伏線を次々と回収していく見事さ!

 校内に出没していた体操服泥棒の正体が明かされた場面も衝撃だった。泥棒の存在すら忘れてたのに!体操服泥棒さんは身のこなしが本当に美しくて、素敵でした。またどこかでお会いしたいです。
 
 そして、一色洋平さんがやっぱり素敵だった。
 DULL COLORED POPでかわいらしいコナン君を演じてから気になっていた役者さんで、虚構の劇団の小沢君と一緒に二人芝居をしたり、キャラメルボックスに2作品連続でゲスト出演したりとすごく活躍していらっしゃるけど、調べてみたらアマヤドリの第1回公演にも出てたんだ・・・てか「教えて!タナトスくん」で福岡に来られてたんだ!し…知らなかった・・・・。アフタートークでは、一色さんが高校時代陸上部ですごい記録をもってるとか、ダンスは全然やったことなかったとか、あずきバーのネタは日替わりだとか、驚きのエピソードが続々披露された。これからも目が離せない役者さんです。

|

« 「純心そわれ」 | トップページ | 「銀魂」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ピカイチ!」:

« 「純心そわれ」 | トップページ | 「銀魂」 »