« 「さよなら歌舞伎町」 | トップページ | 「書く女」 »

「真田十勇士」

「真田十勇士」
 日時:2015年2月14日(土)17:30開演
 会場:キャナルシティ劇場

 初演は名古屋で観ました。
 それがほぼ初演のままのキャストで再演。しかも、福岡まで来てくださるとは、なんともありがたいことだ。ぜひ見に行かなくては。
 

 基本的には初演と変わらず。強いて言えば、初演よりもあちこちがすっきりした感じがした。上演時間もちょっと短くなってみたいだし。

 まずキャスト違いの三好晴海入道=吉田メタルさんに目が行く。弟分の三好伊佐入道=佐藤銀平さんとのでこぼこっぷりがさらにおかしい。佐藤銀平さんって、佐藤B作さんの息子さんなんですね。
 初演では植本潤さんがあまりにもかわいらしく演じて年齢不詳だった望月六郎(鈴木健介)は、昔から幸村様にお仕えする家臣らしい貫録ある感じになっていた。時々おなかが痛くなるのがご愛嬌。
 その他十勇士の皆様もご健在。初演では彼だと全然気づかなかった穴山小介=玉置玲央くんも、今回は登場からばっちりチェックだぜ!今回も粟根まことさん演じる根津甚八とチームワークばっちり。
 個人的に一番のお気に入りは筧十蔵=三津谷亮くん。ロビーにはたくさんの彼宛のお花が!人気者なんだねー。一輪車に乗って銃をぶっ放し、殺陣をする。相変わらずお見事!初演より銃オタクっぽくなってたような。
 霧隠才蔵=葛山信吾さん、由利鎌之介=松田賢二さん、そして、敵だけど服部半蔵=山口馬木也さん、しぶ~い!
 大野修理治長=小須田康人さんは、出番は少ないながらもさすがの貫録。腹部を刺されて真田の陣にやってくるシーンとか、ラストの殺されっぷりとか、すごくかっこよかった。
 あと、秀頼様=相馬圭祐が、自分の生まれてきた意味を語り、死への覚悟を決める場面は泣けました。
 初演の時も思ったけど、もう、いい男が次々に登場しておなかいっぱい
 
 それにしても、上川幸村様がかっこいい~!
 登場シーンからしてかっこいい。茶屋のシーンで、佐助=柳下大くんをからかうシーンがおちゃめ。「おしまい!」って・・・。
 アンコールで何度も何度も舞台上に呼び出されても、あの急な傾斜の舞台を駆け上がり、ぴょん!っと飛び跳ねる様子は、本当に本当にお疲れ様~!って感じでした。

|

« 「さよなら歌舞伎町」 | トップページ | 「書く女」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「真田十勇士」:

« 「さよなら歌舞伎町」 | トップページ | 「書く女」 »