« 「紙の月」 | トップページ | 「ぼくの、おばさん」 »

「寄生獣」

寄生獣
 日時:2014年11月29日(土)
 会場:ユナイテッドシネマ福岡

 ずいぶん前に、「寄生獣」って漫画が面白いって聞いて、読みたいなーと思っていた。けれど、読むチャンスもないままに時が経ち、ずいぶん経った。映画化されるっていうから、そりゃ見なくては!というわけで、映画館へGO!

 結論から言うと、グロすぎて私はダメでした。
 ただ、漫画は絶対面白いだろうと思いました。地球の生態系を壊しつつある増えすぎた利己的な人間を減らすために、人間に寄生して人間の脳を乗っ取るとか、母親と二人暮らしだった高校2年生が、母親を殺さなければならない状況に陥るエピソードとか。

 染谷将太くんが素晴らしい。ダメダメ高校生だったのに、ミギーに身体を修復してもらってから、徐々に人間じゃなくなっていく様とか、感情をむきだしに泣き叫ぶ様子とか。
 彼は好きな女の子を危機から救い、母親を殺し、「自分のやることが分かった」と言う。そんなふうに高校2年生の彼が変わっていくのは、身体を乗っ取られたからなのか、それともいろんなハードな経験をする中で普通の高校生らしく成長しているだけなのか。

 ミギー=阿部サダヲは、声と口元だけの出演なのかな?あ、眼も?阿部さんには珍しく、クールで理知的、でもとても優しい口ぶり。
 感情を押し殺した深津絵里もクールビューティー。怖くてしかも素敵。
 そのまんまロボットみたいな東出昌大もいい感じ。あの笑顔は怖いよ。しかし、いい加減彼も高校生役には無理があるのではないだろうか。
 岩井秀人さんが市長(北村一輝)の秘書役で登場。うむ、彼もなかなかクールで怖いぞ。
 橋本愛ちゃんは、一緒にスーパーに買い物に行くシーンまで彼女とわからず。くるっと毛先にパーマのかかった髪型がお似合い。
  
 だいたい全体的に画面が暗くて、誰が誰やらよくわからない。エンドロールを見て、あれー、こんな人も出てたのかと思いきや、キャストの名前が画面に出ている時間短すぎ。もったいない。
 ”完結編”にも浅野忠信とか大森南朋とか、魅力的なキャストがいっぱい出るみたいだけど、こんな怖い映画もう見たくない…。

|

« 「紙の月」 | トップページ | 「ぼくの、おばさん」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「寄生獣」:

« 「紙の月」 | トップページ | 「ぼくの、おばさん」 »