« 「レディ・ベス」 | トップページ | 「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」 »

「朝日のような夕日をつれて2014」

KOMAMI@network vol.13「朝日のような夕日をつれて2014」
 日時:2014年9月7日(日)13:00開演
 会場:西鉄ホール

 朝日2014福岡公演の楽日、友人が手に入れてくれたチケットはA列センター!
 開館以来長く西鉄ホールに通っているけれど、最前列、しかもセンターなんて初めて。
 しかし、前日の夕方まで仕事がどうなるか予想がつかず、本当に観にいけるのかどきどきした。
 結果、無事に前日の仕事は終わり、当日も午前中仕事して、西鉄ホールへ。 

 最前列は、思ったより舞台が低くて観やすい。
 開演前に鴻上さんがパンフや戯曲を売りに来られたので、戯曲を購入。あとから友人に「何で握手してもらわなかったの~」って言われた。あ~そうか、そういうものなのか!鴻上さんから買っただけでわくわくして、そんなこと思いもしなかったよ!

 明かりが消えて、冒頭のささやき。わかってるのに、大高さんのささやきに、胸の奥をぎゅーっとつかまれる感じがした。何度見てもこの冒頭の群唱のシーンが好き。あとラストシーン。贅沢を言えば、紀伊國屋も3列目だったから、このシーンはもっと後ろで観たかった。けど、最前列で役者さんたちをガン見できるのはこの上もない幸せ。

 富士そばに変わる切ないものは「ウエストで誕生会」
 ダーツは全部命中!
 ウラヤマが投げ上げたボールが落ちてこなかった!サイドから投げ入れられたボールで、エスカワ、即アウト!
 大きなドッヂボールには触れなくて残念。
 ゴドー1の登場シーンで、ふと舞台上を見ると、上手の端っこでウラヤマとエスカワは水を飲んだりハンカチで汗を拭いたりしていた。
 きらきら吹雪は、最前列は前過ぎてほとんど降ってこなかった(T_T)
 エスカワはクイズを、本当に出していた。鳥の名前がついてるのに、鳥の料理じゃないものなーんだ、みたいなことを言ってた。答えはしぎ焼き?
 紀伊國屋の怪人に代わって、西鉄ホールの怪人。胸に西鉄ホールのマーク!
 ゴドー2は上手から登場。私の目の前をむだにイケメン・伊礼彼方さんが通過していった。
 
 2度目なので、次はあのシーンね!と心の準備ができるのがいい。
 玉置玲央くんはやっぱりかわいらしい。いじめられてるシーンで、かなりひどいいじめられ方をしているのだけれど、それに一生懸命絡もうとする様子がいっそうかわいらしい。
 小須田さんは、表情も声もくるくる変わる。私はこういう多彩な声の持ち主が好きなんだなーと思う。実は、社長・エスカワだけでなく、酔っ払い、レイカ、子ども、イタリア人・・・といろ~んな役をやっている。
 
 最後の最後までどきどきしながら終演。
 楽日恒例の役者紹介の御題は「福岡で好きな場所」。
 玲央くんは「かりん塔」!
 小須田さんは博多川?と思ったら、「博多タワー」だったらしい。鴻上さん、滑舌悪すぎです。

 小須田さんと玲央くんは、来年2月に「真田十勇士」でまた福岡に来られる予定。わーい楽しみ!

|

« 「レディ・ベス」 | トップページ | 「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「朝日のような夕日をつれて2014」:

« 「レディ・ベス」 | トップページ | 「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」 »