« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

「Grateful BIRTH」

THE ALFEE 「Greatful BIRTH~Neo Universe 2013」
 日時:2013年5月31日(金)18:30開演
 会場:福岡市民会館

 毎年この時期は仕事でテンパっている。なのに、平日にアルコン。・・・行けるのか?無理かと思ったが、無理して行った。
 
 サンパレスから福岡市民会館に会場を移した春ツアー。ずっと2日間公演だった福岡公演が1日に(まぁ、日曜日に鳥栖公演はあるけど)。それでもチケットはなかなか売れなかったみたい。
 私の席は14列目の上手一番端っこ。端っこか~と思っていたけれど、行ってみたら、思ったよりもステージが近い!ステージに登場したメンバーもしきりに「ここ、客席が近いなぁ」と言ってた。ここでのコンサートは1982年以来らしい(ただ、1989年にBEAT BOYSで来たらしいが)。私はその頃まだアルフィーのことを知らなかったし、そもそも福岡に住んでいなかった。

 「It's all right」でライブスタート。うわ~この曲久しぶりだなぁ・・・。
 

続きを読む "「Grateful BIRTH」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「三一四二」

最新旧型機クロックアップサイリックス「三一四二」
 日時:2013年5月19日(日)20:00開演
 会場:湾岸劇場博多扇貝

 

続きを読む "「三一四二」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヘンリー四世」

彩の国さいたまシェイクスピアカンパニー「ヘンリー四世」
 日時:2013年5月18日(土)13:00開演
 会場:キャナルシティ劇場

 「ヘンリー4世」初見。
 のちのヘンリー5世が、まだ若くてハル王子と呼ばれていて、大酒のみの太っちょ中年フォルスタッフとばか騒ぎしていたころのお話、最後に王子はフォルスタッフに冷たい態度をとるんだよね、くらいの知識で観劇。

 

続きを読む "「ヘンリー四世」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本科学未来館」

「日本科学未来館」
 日時:2013年5月13日(月)

 日本科学未来館で「波乱万丈!おかね道」という特別展が始まったのを知った。あ~面白そう!行きたい!知ってれば3月に東京に行ったときに寄ったのに。しかも、また新しい展示「ぼくとみんなとそしてきみ」が公開されたらしい。それ見たい。さらに、仕事でプラネタリウムの映写装置「MegastarⅡ」を扱って、それが日本科学未来館のドームシアターにあるということを知った。これはもう、行くしかないだろう!

 前回行ったときは夏休みだったので、ものすごく人が多かった。午後から行ったので、「アナグラのうた」も体験できなかったし、ドームシアターの予約券も手に入らなかった。というわけで、今回は開館後すぐに(とはいえ10時半すぎになってしまった)入館。まずは6階へ行き、ドームシアターの予約。お目当てのMegastarⅡは、14:00からの上映だけだったので、それを予約。その後、3階へ戻り、まずは「アナグラのうた」だ!と意気込んでいたが、3階の展示室に入ると、「今からasimoの実演をします」と言われる。asimoは1日2回しか登場しないらしい。じゃあ見るかということで、床に体育座りしてasimoを待った。asimoは、身長130センチ体重53キロ。思ったより軽いね。歩く時も、もっとガシャーンって音がするかと思ったけど、思ったより静かだった。走ったり、サッカーボールを蹴ったりしてくれた。指の動きがすごいと思った。実演ではやってくれなかったけど、紙コップとかをそーっと持つこともできるらしい。

 asimoのあとは「アナグラのうた」、ではなく、VRシアターに行ってみた。今日は平日ということもあって、とても空いていたので、普段見られそうにない予約制のものを制覇することにしたのだ。VRシアターは4Dのバーチャルリアリティー展示。誰も行ったことないのに、宇宙の果てがこんな風になっていると、どうしていえるんだろうと思いつつ観た。

 その後、深海探査船を見て、新しい展示「ぼくとみんなとそしてきみ」を観る。最新の研究について、すごい技術を使って展示されてるんだ思ったけど、結局ずっと説明を読まなくてはいけなくて、大変だった。「記憶」が都合よく上書きされるという話が面白かった。そうかぁ・・・。結局、生物は生存のため、種を保存するための仕組みがいろいろとあるんだなぁ。

 そしてついに「アナグラのうた」へ。
 感動した。
 個人情報について、むやみに提供しないようにとかいろいろ言われているけれど、どんなふうに情報を集めて、個人を情報できる情報をどこまでどう消去して、集められた情報がいかに世の中の役に立つのかということがよくわかった。アナグラにいるキャラクターもみんなかわいらしい。最後に”シアワセ”が私の歌を歌ってくれる。私は”ワカラヌ”として歌ってもらったんだけど、それはなんだかつまらなかった。

続きを読む "「日本科学未来館」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おのれナポレオン」

「おのれナポレオン」
 日時:2013年5月12日(日)14:00開演
 会場:東京芸術劇場プレイハウス

 4月は忙しいから無理かなぁ…ゴールデンウィークは飛行機高いしなぁ…と、押さえたチケットは楽日。
 その後、5月9日にライブビューイングがあることを知り、こんなことなら初日近くに見とけばよかったよと思う。
 が、5月7日、出演者の天海祐希さんが急病のため降板。同時に、宮沢りえさんが代役として舞台に立つことが発表された。ええ?りえさん、よく引き受けたなぁ。

 たった2日、3公演の休演で再開!
 りえさんもすごいけれど、どうやらアルヴィーヌのセリフをカットしたりほかの役者に振ったり、いろいろ手を加えてあったらしい。作・演出の三谷さんも、共演者の方々も、スタッフの方々も、みんなで一丸となっての公演再開だったのでしょう。
 

続きを読む "「おのれナポレオン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大ベトナム展」

「日本初 大ベトナム展」
 日時:2013年5月5日(日)
 会場:九州国立博物館

 連日の晴天。絶好の自転車日和だけれど、バスと電車を乗り継いで太宰府へ。
 今年になってからまだ天満宮にお参りに行ってないし、ちょっくらベトナムまで行ってみましょう。

 天満宮はいつもながら人がたくさんいる。
 まずはお参りして、こどもの日ということで飾られているこいのぼりを見たり。菖蒲はまだ咲いていなくて残念。

 個人的に、行きたい国ナンバーワンのベトナム。
 九州国立博物館で「大ベトナム展」が行われているというので見に行く。

 ベトナムの歴史をたどる形で、さまざまな歴史的遺産・美術品等が並ぶ。
 ポスターにもなっている金細工のたくさんついた冠。その細かい仕事っぷりに感動。

 ただ、イメージしてたベトナムとは全然違った。
 
 ベトナムには世界遺産になっている都市がたくさんある。
 南北に長いので、北と南とでは文化が全然違うということは知っていたけれど、支配の歴史が複雑で、いろんな国の文化の影響を受けているんだなぁということを改めて知った。
 あと、展示されている文書がみんな漢字で書かれていてびっくりした。ベトナムって、漢字を使ってたんだ!
 ベトナムで元寇があったということにも驚いた。恐るべし元。そして、元の船を撃退した方法にも驚いた。すごい頭脳戦!
 
 最後は観光PRで、結局、ベトナムに来てね、という感じの展覧会だった。まぁベトナム行きたいからいいんだけどさ。

続きを読む "「大ベトナム展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「舟を編む」

舟を編む
 日時:2013年4月26日(金)
 会場:ユナイテッドシネマキャナルシティ13

 三浦しをん原作。
 出版社の辞書編集部を舞台に、何年もかけて1冊の辞書を作るという、辞書作りの裏側を描く。

 わかっていはいたけれど・・・地味。
 いろいろと事件やエピソードはあるけれど、結局辞書を作る話なので、そんな派手なお話であるはずもなく。
 映画としてはちょっと物足りなさが残りました。
 小説はこれから読みたいと思います。

 しかし。
 松田龍平すごいなぁ・・・。
 この人の全身から醸し出されるオーラみたいなものがすごい。ものすごく強力なオーラじゃなくて、なんというか雰囲気みたいなものが、セリフとかなくてもスクリーンから伝わってくる。まほろ駅前の行天と同じ人間とは思えない…。 

 オダギリジョー、なんだか久しぶり。いい加減そうに見えて、結構いいやつじゃん!結構仕事できるじゃん!
 で、なかなかにダメ男じゃん!ま、そこがいいんだけど。

 黒木華ちゃん、活躍してるなぁ…。イマドキの若い子。だけど、なんだかんだ言ってきっちり仕事をする姿に好感。なんか、手芸が趣味って感じ。誰かに似てるなぁと思ったら、ガラパの多田ちゃんにちょっと似てませんか?

 その他のキャストが地味にいいです。
 冒頭に一瞬写る波岡一喜君とか、ピースの又吉さんとか、一瞬しか出ないキャストに、おお!っと思いながら見てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »