« 「Les Miserables」 | トップページ | 「新年工場見学会2013」 »

「ZIPANG PUNK」

劇団☆新感線「ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII」
 日時:2012年12月29日(土)12:30開演
 会場:シアターorb

 

 五右衛門ロック3作目。
 前2作も劇場で見ましたが、今回はチケット争奪に苦戦。何とか手に入れて、初・シアターオーブ。
 ヒカリエは昨年秋に初めて行ったのですが、上層階にあるギャラリーとか、いい感じ。今回、地下の食品売り場とか、劇場下の階にも初めて足を踏み入れましたが、いいですね~。トイレが、いい香りがしてすばらしかった!あと、劇場ロビーからの見晴らしが最高!あんな高層階にコンビニエンスストアがあるというのも嬉しい。

 

 冒頭からフライング。豪華!しかも飛ぶのは村木よし子お姐さま!
 ふるちんも飛ぶ。スクリーンに映し出されるビジュアルが超かっこいい!

 

 三浦春馬くん、期待以上!
 まず、可愛らしくて美しい。前髪を上げるたびに、キラリ~ンって効果音が入るのが、漫画のキャラクターのようでなんともぴったり。
 タウンワークのCMで、抜群の歌唱力を耳にして、これは!と期待していたのだけれど、まさかのダンスもピカイチ!実に楽しそうに歌って踊る!こういうのができるひとなんだーと思ったら、パンフレットによると、ものすごく努力してここまでのことをやってるようで、でも、アンコールの最後の最後まで、本当に楽しそうで、尊敬した。22歳だって。見習いたい。
 
 村井國夫さん、歌うま~い!村井さんの歌う歌は「ジーザスクライスト・スーパースター」のパロディっぽくて、にやり。
 麿赤児さんの秀吉。晩年の秀吉はまさにこんな爺だったであろうと思わせる。ゆっくりとした動きに隙がない。しかもおちゃめ。

 

 蒼井優。おきゃんですっとぼけた女盗賊。いつもの優等生な感じはあんまりしない。バレエ風の振り付けのダンスはまあいいとして、歌が…。表情とか芝居はすごくいいのだろうけれど、大劇場の遠くからでは表情や細かい芝居までは確認できず。ん~蒼井優は映画がいいなぁ。

 

  高橋由美子さん、登場シーンはなんだかすっとぼけた尼さん。え?オモシロ?
 しかし、歌はしっかり決める。浦井くんと二人で歌うのもレベル高い。なんか作品間違ってませんか? 

 

 浦井健治くん。相変わらず雑にちょこまか、ばたばた動く。マントを頭からすっぽりかぶった登場シーンでも、浦井くんだぁ~と丸わかり。無駄なステップ、無駄にうまい歌、犬っころみたいな満面の笑顔!・・・かわいい・・・。
 ちなみに、ロビーで「ミュージカル三大プリンス(浦井健治・井上芳雄・山崎育三郎)コンサート」のチラシを見つける。さすがにシアターオーブまで来れないよ…と思ったが、福岡公演があるらしい。平日だけど。

 

 劇団員の皆さんも大活躍! 
 じゅんさんが浦井くんと組んで歌って踊る!たっぷり歌って踊る!しかしこの二人・・・濃いなぁ。
 小林小女のカナコさん。ず~っと誰だかわからず、しかし歌うまいよなぁ、高橋由美子さんじゃないし…、と思いながら見ていた。心九郎への一途な愛がせつないね。
 聖子さんは、薔薇サムに続いてマローネ。お下劣な武器が再登場。
 粟根さん、石田三成。ああ、三成だぁ。 

 

 ものがたりとかはかなり強引で、あれ?と思うところも多少あったけれど、そんなのはどうでもいい。これは歌って踊って、泣いて笑って楽しむ芝居なのだ。ああ、歌舞伎とおんなじだね。

|

« 「Les Miserables」 | トップページ | 「新年工場見学会2013」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ZIPANG PUNK」:

« 「Les Miserables」 | トップページ | 「新年工場見学会2013」 »