« 「生きちゃってどうすんだ」 | トップページ | 「ZIPANG PUNK」 »

「Les Miserables」

Les Miserables~レ・ミゼラブル
 日時:2012年12月22日(土)
 会場:ユナイテッドシネマ福岡

 ミュージカルをもとに映画化。
 最初から最後までほぼ歌いっぱなし!

 日本版のミュージカルは帝劇と博多座で見ました。
 リーアム・ニーソンの映画版も、ビデオ!?持ってて、何回も観てます。
 
 冒頭、大きな船を引く場面にびっくり。ジャン・バルジャンが服役していたのは石切り場というイメージがあったから。しかし、そのスケールの大きな映像に、映画版ではやはり舞台では表現できないやり方で描こうとしてるのかな~と思う。

 ミュージカルナンバーが本当にたくさんあるけれど、どの歌も本当にいい曲だ。
 みんな歌うまい!
 ジャン・バルジャン=ヒュー・ジャックマン、かっこいい~。
 ジャベール=ラッセル・クロウもかっこいい。映画版もミュージカル版も、ジャベールが自殺する場面は唐突で?だったのだけれど、そのあたりの場面がわりと丁寧だったように思えた。ジャベールが自殺した理由がちょっとだけわかったような気がした。

 ファンティーヌ=アン・ハサウェイ、美人。髪を短くしてなお、美しさが際立つ。
 テナルディエ夫人=ヘレナ・ボナム・カーターは、すっかり面白い人になってしまっている。歌もうまいのか下手なのかよくわからん。

 私の中ではあんまりエポニーヌの印象がなかったので、エポニーヌがちょっと新鮮。「オン・マイ・オウン」は、本田美奈子.の歌だな~と思う。ちなみに「夢やぶれて」はスーザン・ボイルの歌だなー。

 私の見た映画版もミュージカル版も、ジャベールが死んだところで終わってたように記憶しているのだけれど、その後のシーンがまだあった。その後のシーンにはテナルディエ夫妻やファンティーヌ、司教様が登場し、さらにエンディングの革命のシーン(追憶)は、ほぼフルキャストが再登場!舞台でもすごく映える、楽しいシーンだなーと思いました。

 小説はちゃんと読んだことがないのですが、ウィキペディアを読んでたら、ガブローシュは、実はテナルディエ夫妻の長男だったとか!えええ~?

 チケットを買う時に、窓口のお姉さんに、「レ・ミゼラブル字幕版ですね!」と言われたので、吹き替え版もあるのか?あるならだれが歌ってるんだ?と思ったのですが、吹き替え版はないみたいです。

|

« 「生きちゃってどうすんだ」 | トップページ | 「ZIPANG PUNK」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Les Miserables」:

« 「生きちゃってどうすんだ」 | トップページ | 「ZIPANG PUNK」 »