« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

「ゴーゴリ病棟」

福岡演劇フェスティバル FFAC企画 創作コンペティション
『一つの戯曲からの創作をとおして語ろう!』vol.3 最優秀作品賞受賞団体:柿喰う客
「ゴーゴリ病棟」
 日時:2012年5月27日(日)17:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 昨年の創作コンペティションで再収集作品賞を受賞したごほうび公演。
 今回は、柿喰う客の役者3人+福岡の役者で。
 50分。

 

続きを読む "「ゴーゴリ病棟」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Flowers」

THE ALFEE Neo Universe 2012「Flowers」
日時:2012年5月20日(日)17:00開演
 会場:福岡サンパレスホテル&ホール

 昨日に引き続き、福岡サンパレスホテル&ホールへ向かう。今日は自転車で。
 到着は開演15分前。ふ~間に合った!

 客席ガラガラ(;_;)
 3階席には誰もおらず、2階も十数名程度・・・。
 そんなわけで、今回私の席は8列目桜井さんサイド。

続きを読む "「Flowers」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「表裏一体」

最新旧型機クロックアップ・サイリックス「表裏一体」
 日時:2012年5月19日(土)20:00開演
 会場:湾岸劇場博多扇貝

 クロサイ3年半ぶりの新作公演!

 扇貝に丸いステージみたいな装置。
 床の模様は、携帯電話の電波?

 5:46
 目覚まし時計が鳴る。
 いつも起きる時刻よりも、たった1分寝坊しただけで、遅刻しそうだからと会社に行くことをあきらめてしまった女(ぽち)。ああ、イマドキの若者にありがち。 

 舞台が廻って!その裏には昼間っから賭け将棋をする男が二人。コンビニバイトなフリーターの若者(上瀧昭吾)とご隠居じいさん(長岡暢陵)。

続きを読む "「表裏一体」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「陽だまりの樹」

「陽だまりの樹」
 日時:2012年5月4日(祝)12:00開演
 会場:新歌舞伎座

 「シレンとラギ」を観ること以外まったくノープランの大阪旅行。
 いっそ日帰りしようかとも思ったけれど、それもあんまりなので1泊。
 どうしようかなぁと思っていたら、もらったチラシで「陽だまりの樹」が明日初日とわかる。
 当日券あるかなぁ、GWだから絶対あるよなぁ・・・というわけで、新歌舞伎座へ。

 新歌舞伎座ってどこにあるのかと思えば、元近鉄劇場があった場所だった。
 きれいなビルが建っていてびっくり!新歌舞伎座はこのビルの6階にあるらしい。
 

続きを読む "「陽だまりの樹」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シレンとラギ」

劇団☆新感線「シレンとラギ」
 日時:2012年5月3日(祝)13:00開演
 会場:梅田芸術劇場

 劇団☆新感線に藤原竜也が出演!お相手のヒロインは永作博美!行く!絶対に行く!なんとしても観たい!というわけで、今年もGWは大阪へ。

 ものがたり
 その頃、その国には2つの王朝があった。北の王国・通称"幕府"は若く愚かなギセン将軍(三宅弘城)を王とするが、実質的に牛耳っているのはモロナオ執権(栗根まこと)。王宮の警備には侍所【さむらいどころ】のキョウゴク官僚(古田新太)とその部下で若くして守護頭【しゅごのかみ】を務める息子ラギ(藤原竜也)があたっていた。先代の王の十三回忌の日。王宮に忍び込んだ敵国の刺客を仕留めたのは、闇の任務を司る狼蘭部隊の中でも腕が立つ毒使いシレン(永作博美)。キョウゴクに呼び戻され北の王国に戻ってきたシレンは20年前に敵国・南の王国でかつての独裁者・ゴダイ大師(高橋克実)を自然死と見せかけて暗殺し、その武勇伝が伝説となっていた。
しかし、ゴダイが生きていたという事実に再びシレンはラギと南の王国へと向かう。呼び戻されたシレンの任務は、20年ぶりに仮死状態から目覚めた南の国王の暗殺だったのだ。かつての暗殺から20年の月日が流れ、一時は衰退していた南の王国は、ゴダイが目覚めたことにより勢いを盛り返していた。シレンと、その従者として潜入したラギ。シレンは、かつて国王の愛妾として南の宮廷にいた頃を知るゴダイの正妻モンレイ(高田聖子)と、幹部シンデン(北村有起哉)に迎え入れられる。そこで2人が目にしたのは20年前の独裁者の面影は一切ない、赤子のようになってしまったゴダイだった。
 その頃北の王国では、キョウゴクと娘のミサギ(石橋杏奈)がモロナオによって謀反の罪をでっち上げられ窮地に立たされていた。そこへ南の王国一の武闘派ダイナン(橋本じゅん)が現れ、命を救われる。キョウゴクはダイナンからゴダイとモロナオを倒し、北と南を1つにしようという提案を受ける。一方、暗殺行の中、シレンとラギは次第に惹かれあう。しかし、この恋が2つの王国の運命を大きく動かすことになる….。(公式サイトより)

続きを読む "「シレンとラギ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »