« 「おとなのけんか」 | トップページ | 「僕達急行 A列車で行こう」 »

「ある女」

ハイバイ「ある女」
 日時:2012年3月25日(日)14:00開演
 会場:西鉄ホール

 不倫をしている女の話。
 作・演出の岩井秀人さんが主人公のタカコを演じる。
 岩井さんは、不倫する女ってどういう気持ちなんだろうなぁと、そんな女を経験してみたくて演じているように思えた。だからあんな救いようのないのを書けるんだろうなぁ。演るのは自分だからねぇ。(まぁほかの人も演ってましたけど)

 ものがたり
 タカコ(岩井秀人)は、就職してからずっと付き合っていた男に振られ、会社にもいづらくなって転職。そこで出会った年上の男・森(小河原康二)と付き合うようになるのだが、実は森には妻がいた…。
 ある時から、森はタカコにお金を渡すようになる。何となく居心地の悪いタカコは、それでもずるずると森との関係を断ち切れず、気晴らしに出かけたパーティーで出会ったセックスセラピストを名乗る男・小林(平原テツ)に誘われて、セックスの技術を磨く講座に通うようになる。さらに、誘われるままに男たちのセックス実技の相手をするようにもなってしまう。
 そんな日々を、隣で”食堂”を営む轟さん父娘(猪俣俊明・上田遥)に話したり、昔の男を思い出してみたり、タカコの日常はなんだか下降気味に続いていくが・・・。

 装置は縦長の大きなボックスが2個。そのほかにもちゃぶ台とか、いくつか。
 タカコの過去が映像で挿入されるのだけれど、これがシュールでなかなかおもしろかった。
 今までとはいろいろがちょっと違う感じで、新しい試みを取り入れてるのかな、と思いました。
 
 それにしてもタカコと関係する男たちも、タカコも、まるっきりダメなやつばかり。
 でも、結果的にいちばん損をしているのはタカコ。本人がそれに気づいているかどうかはわからないけど、泥沼にはまるとはまさにことことだといわんばかりに、タカコはずぶずぶと悪い方向に。

 何とも救いようのないラストシーン。
 タカコが轟さんの声を聞いたのは、いまわの際でのことなのか。
 その後のタカコがどうなったのか、知りたいような知りたくないような。

|

« 「おとなのけんか」 | トップページ | 「僕達急行 A列車で行こう」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ある女」:

« 「おとなのけんか」 | トップページ | 「僕達急行 A列車で行こう」 »