« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

「髑髏城の七人」

「髑髏城の七人」
 日時:2011年8月21日(日)12:30開演
 会場:梅田芸術劇場

 

 劇団☆新感線のことは、テレビに出ていた羽野アキや、NHKの朝ドラ「ひらり」に出ていた渡辺いっけいさんや橋本じゅんさんで知った。「ロックオペラハムレット」(TOSHI主演)に、旅劇団の役者の役で劇団員が何人か出ていたのも観た。
 本公演を初めて観たのは、「踊れ!いんど屋敷」(初演)。古田新太が意外にカッコよくてびっくり。羽野アキがバックに2人(村木よし子さんと山本カナコさん)を従えて歌っていた。しかし、あまりのへヴィメタっぷりとおバカっぷりに”あわない”と、それ以降観るのをやめていた。
 しかし、1997年11月。友人から、大野城まどかぴあに「髑髏城の七人」を観に行こうと誘われ、当日券で観た。あまりのかっこよさにびっくりした。しばらく観ていなかったことをものすごく後悔した。それ以来、福岡でも公演してくれたし、何となく続けて観に行くようになった。劇団もどんどん大きくなった。気づけば今や立派な新感線の追っかけである。
 
 私にとって新感線と再び出会った作品ともいえる「髑髏城の七人」。「アカドクロ」も「アオドクロ」も劇場で観た。
 7年ぶり、4度目の髑髏城は、私の大好きな森山未來くんを天魔王に迎え、メインキャストの平均年齢もぐ~~っと下がった「ワカドクロ」。

 

続きを読む "「髑髏城の七人」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「空の月、胸の石」

こふく劇場「空の月、胸の石」
 日時:2011年8月20日(土)18:00開演
 会場:旧百三十銀行ギャラリー

 宮崎ほか九州各地(一人は宮崎出身で東京在住)で活躍する若手女優たちを集めたこふく劇場の公演。作・演出の永山さんが27歳のときに書いた作品らしい。

 個人的な話だが、私は25歳で実家を出て北九州の八幡で一人暮らしを始めた。
 福岡県に採用されたとはいえ、まさか北九州に配属されるとは思いもよらず、しかも思い描いていた仕事とは違っていて、3年間の間に軽く鬱になりかけた。それでも職場ではたくさんの方々によくしていただいて、たくさんのことを学んだ。北九州でたくさんの人やもの出会って、それらは確実に今の私の中でとても大きなウェイトを占めている。
 そんな私にとって、八幡で、25歳女子たちの芝居を観る。しかも私は永山さんとはほぼ同世代。かなりやられてしまうであろうなぁとは思いつつ、観劇。
 

続きを読む "「空の月、胸の石」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水戸岡鋭治の大鉄道時代展」

「水戸岡鋭治の大鉄道時代展」
 日時:2011年8月15日(月)
 会場:JR九州ホール

 Tジョイを出ると、そこはJR九州ホール。ついでに水戸岡鋭治も観ちゃうぞ!

 長らく、鉄道オタクというのは、列車の車両の型番にやたら詳しくて、列車の写真を撮る人だと思っていた。しかし、最近になって、鉄道オタクにも、車両研究が好きな“車両鉄”、写真を撮るのが好きな“撮り鉄”、各地の路線を乗りつぶす”乗り鉄”・・・等々のいろんな種類があることを知った。で、自分が”乗り鉄”の一種だと思い当たった。乗り鉄子である。特に新型車両が好き。新しい車両が導入されたとなると乗ってみたくなる。単にあたらしもん好きともいう。車両の型番とか、しくみには全く興味はない。それよりデザインとか最新設備を楽しみたい。SLとかお座敷列車みたいな特別感のある車両も好き。
 あと、乗ったことない路線に乗ってみたい。これは”完鉄”を目指しているわけではなく、行ったことのないところに行ってみたい、見たことのない景色をみたいだけである。
 
 そんな私にとって、JR九州の車両はとても”乗りたい!”車両ばかり。800系の新幹線とか、発表された時に感動して、早く乗ってみたくて開業後すぐに日帰りで鹿児島に行っちゃった。もちろん乗ったら車両の端から端までくまなく見て回った。
 さらに最近、JR九州管内にはいろんな観光列車が登場していて、しかもそのデザインがどれも素晴らしい。それらの車両をデザインしているのが水戸岡鋭治さんという人だという。
 
 前置きが長くなったけれど、そんなわけで水戸岡さんのお仕事を拝見。

続きを読む "「水戸岡鋭治の大鉄道時代展」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大鹿村騒動記」

大鹿村騒動記
 日時:2011年8月15日(月)
 会場:Tジョイ博多

 映画館で予告を観て、気になっていた。原田芳雄さんの遺作になってしまった映画。いろんな人が「観たよ」って言ってたし、キャストもなにげに豪華だし、1000円だし、夏休み最終日だし、観に行ってみた。

続きを読む "「大鹿村騒動記」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「荒野に立つ」

阿佐ヶ谷スパイダース「荒野に立つ」
 日時:2011年8月12日(金)19:00開演
 会場:イムズホール

 「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」以来、一年半ぶりの阿佐ヶ谷スパイダース新作公演。
 英国留学帰国後の前回公演および長塚さんの演出公演「タンゴ」が、どちらもものすごく眠たかったので、だいじょうぶかなぁと思いつつ観劇したのだけれど、非常におもしろかった!
 こんなふうに想像力を必要とされる舞台を、久しぶりに見た気がする。しかもそれがとても楽しかった。

 

続きを読む "「荒野に立つ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「行け!男子高校演劇部」

行け!男子高校演劇部
 日時:2011年8月10日(水)
 会場:ソラリアシネマ

 怪優?池田鉄洋が脚本を手掛け、「ハンサム・スーツ」の英勉監督で映画化。
 
 男子校の演劇部を舞台にしたバカバカ映画。
 最初から最後まで、期待を裏切らないおバカっぷりがただただ楽しい。

続きを読む "「行け!男子高校演劇部」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「テンペスト」

テンペスト
 日時:2011年8月10日(水)
 会場:ソラリアシネマ

 シェイクスピア晩年最後の作品とされる「テンペスト」を、ミュージカル「ライオンキング」の演出家でもあるジュリー・テイモアが監督で映画化。

続きを読む "「テンペスト」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »