« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

【速報】「ノルウェイの森」

ノルウェイの森
 日時:2010年12月29日(水)
 会場:プリンスシネマ

 村上春樹原作の小説を映画化。
 小説は2回読んでます。1回目は発売直後。まったく理解できませんでした。
 その後約10年たって、自分もちょっと大人になったから、もしかして楽しめるかなぁと思って再読。しかし、やっぱり理解できませんでした。むしろ、読んでいて腹が立ちました。何にそんなに腹が立ったのか、よく覚えていないのですが、たぶん主人公ワタナベにイライラさせられたのだと思います。
 そんなわけで、小説の内容はほとんど覚えておらず、自分の中にこの小説の登場人物や世界観に対する明確なイメージがほとんどなかったので、純粋に映画を楽しむことができました。

続きを読む "【速報】「ノルウェイの森」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「ひとんちで騒ぐな」

万能グローブガラパゴスダイナモス「ひとんちで騒ぐな」
 日時:2010年12月25日(土)14:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 2008年に上演された作品の再演。
 初演のレヴューはこちら

 ぽんプラザホールで7公演、前売りチケットは完売。結局全ステージ満席だったのかな?

 初演も非常に完成度が高かった、数あるガラパ作品の中でも最も好きな作品。
 今回、キャスト1名を加えての改作だったけれども、ほとんど初演と変わらず。(役名がちょっと変わってた)。追加されたセリフは、キャスト・阿部周平のキャラそのままに、いらんことばっかり言う、まさしく追加キャラ。おもしろさも追加されてた感じ。
 冒頭の映像が今回もまた素晴らしい!かっこいい!チラシの画像を立体化したあの家の模型、すごいなぁ。チラシ画像も不思議な感じだったんだけど、あの模型をみると納得。

 勘介と権藤のダメな男二人のやり取りに深みが増していて、ラストシーンでは涙した。
 ああ、川口くん、こういうのが書けるようになったんだねぇとしみじみする。

 東京公演は来年2月。
 次回は5月に1年ぶりのイムズホール公演が決定!だけど、また5月最終週の週末・・・あああ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「漂着」

劇団GIGA「漂着」
 日時:2010年12月23日(祝)19:00開演
 会場:あじびホール

 山田恵理香演出。
 クロサイの長岡暢陵さん目当てで。

 会場に入ると透明のビニールで舞台と客席が仕切られている。ステージにはかすかに光があるが、おおむね真っ暗。1か所、黒板みたいな四角い部分がある。あとでそこだけビニールが貼られていない、窓になっているとわかる。遠く、射撃の音や波の音のようなものが聞こえている。

 客席両脇の通路から、静かに役者たちが入場し、客席に背を向けて、”窓”からステージに向かって何かをささやく。小さな声で、囁くように、それぞれに、互いのセリフを追いかけるように。

 苦手だった山田演出にも慣れてきたのか、イラっとすることはなかった。
 あのへんてこなステップも、へんてこなリズムのセリフ回しも、それで感情の動きを表現したいのかなーと思えるようになった。けど、やっぱりやりすぎるあまり伝わりにくくなっている場面もあるように思えた。
 

続きを読む "「漂着」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「3人いる!」

14+「3人いる!」
 日時:2010年12月23日(祝)14:00開演
 会場:湾岸劇場博多扇貝

 東京デスロックの多田淳之介さんの脚本を、中嶋さとさんの演出で。

続きを読む "「3人いる!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ばかもの」

ばかもの
 日時:2010年12月22日(水)
 会場:シネリーブル博多駅

 内田有紀が好きだ。デビュー以来わりと追っかけていて、つかさんの芝居に出た時も観た。
 「クワイエットルームにようこそ」で、見事にカムバックしてから、ますます魅力的に。
 「ばかもの」予告編で興味をひかれて観に行きました。

続きを読む "「ばかもの」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゲゲゲの女房」

ゲゲゲの女房
 日時:2010年12月19日(日)
 会場:ソラリアシネマ

 朝ドラの「ゲゲゲの女房」は、後半しか見ていなかったし、原作もまあ面白かったし、クドカンも出るし、ということで観に行きました。


続きを読む "「ゲゲゲの女房」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「三之助をみたかい?in福岡」

「三之助をみたかい?in福岡 vol.9」
 日時:2010年12月19日(日)14:00開演
 会場:Juke Joint

 演目は「初天神」「お見立て」

続きを読む "【速報】「三之助をみたかい?in福岡」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「ロクジイップン」

風三等星「ロクジイップン~6:01~」
 日時:2010年12月18日(土)19:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 風三等星は今年で結成20周年だそうです。
 福岡に来た当初から、良い評判を聞いていたにもかかわらず、未見のまま15年。
 初めての風三等星です。

 キャラメルボックスっぽい、ということは聞いていましたが、期待を裏切らない、誰にでも優しい演劇でした。

 キャストの方もみなうまい。
 装置や小道具が素晴らしい!

 ただ、12月24日を繰り返す、というよくあるネタで、仕掛けも終わりも丸見えななかで、いかに期待を裏切って期待通りの結末にもっていくかがカギだと思うのですが、最後まで期待を裏切られることなく、期待通りに終わって行ったところがちょっと物足りなく感じました。強いて言えば、老人を集めてディナーショーを開くあたりでちょっとおっ!と思わせましたが、そもそも吹雪で身動きとれなくなって閉じ込められる夜に、いきなり50人の老人が集まって、しかも食事を準備するなんてのはいくらなんでも無理ではないか。せめて10人くらいにしとけばよかったのに(って、そういう問題ではないか)。

 ともあれ、紆余曲折ありながら、福岡で20年間劇団を続けているということは本当に素晴らしいと思います。
 お客さんの期待を裏切らすに”そこにありつづける”ことに、惜しみない拍手を送りたいと思います。これからもどうか、”そこにある”劇団であってくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「鋼鉄番長」

劇団☆新感線「鋼鉄番長」
 日時:2010年12月17日(金)15:00開演
 会場:嘉穂劇場

 ひさーしぶりの劇団☆新感線来福公演の会場は嘉穂劇場!しかも平日公演のみ!昨年、「印獣」でいろいろ苦労した思い出があるが、今回も帰りが大変だよなぁと思っていたら、毎日15時開演!うへぇ、どうする?
 
 とはいえ、行くしかないでしょう。
 劇団も、ネタもの!?常連の池田成志さんがけがで降板したのに続き、主演の橋本じゅんさんも降板、数日間の休演をはさんで、それぞれ河野まさとさん、三宅弘城さんが代役を務めるという大変な状況の中、私も予定が二転三転して、ようやく迎えた観劇日は大千秋楽。本当に、本当に、待ちに待ってました!
 

続きを読む "【速報】「鋼鉄番長」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【速報】「川上音二郎・貞奴物語」

「川上音二郎・貞奴物語」
 日時:2010年12月12日(日)11:00開演
 会場:博多座

 ギンギラ太陽’sの大塚ムネトさんと、漫画家・長谷川法世さんの共同脚本で、川上音二郎の人生を舞台化。
 博多座で、たった1日だけの公演。
 行きたいけれど、7000円というチケット代にビビって、悩みまくった結果、当日券で観劇。おひとりさまは花道横の通路側というけっこう良い席をゲットできた。

 

続きを読む "【速報】「川上音二郎・貞奴物語」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「ワレラワラルー」

F’s Company「ワレラワラルー」
 日時:2010年12月11日(土)19:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 長崎の劇団F's Company。福岡演劇フェスティバルに登場したり、昨年の劇作家協会新人戯曲賞の最終候補作に選ばれたり、いろんな人がほめたたえていたりで気になっていたので、観に行くことにする。

 長崎公演あり。
 福岡で観損なった人は、長崎まで行けばいいと思うよ!

続きを読む "【速報】「ワレラワラルー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」

酔いがさめたら、うちに帰ろう。
 日時:2010年12月5日(日)
 会場:シネリーブル博多駅

 アルコール依存症を乗り越えた戦場カメラマン鴨志田穣原作のエッセイ。
 鴨志田をモデルにした塚原を浅野忠信が、離婚した妻・西原理恵子がモデルの由紀を永作博美が演じる。

 ネタバレあり。

続きを読む "【速報】「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »