« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

【速報】「図書館的人生vol.3」

イキウメ「図書館的人生vol.3 食べ物連鎖~“食”についての短編集~」
 日時:2010年11月23日(火)13:00開演
 会場:西鉄ホール

 初・イキウメ、初・前川知大作品。
 ずーっと気にはなっていたものの、都合が合わなかったり、まあいいやと後回しにしたりしてきたのだが、今回縁あってぎりぎりにチケット入手。

続きを読む "【速報】「図書館的人生vol.3」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「タンゴ」

「タンゴ」
 日時:2010年11月21日(日)13:00開演
 会場:シアターコクーン

 森山未來くんが出る~!ということしか考えてなかった。長塚圭史さんの演出だったんだ、ということに劇場入りしてから気づく。

 舞台上には、ガラス張りのサンルームのようなセット。その壁で、客席と舞台の間が遮られ、さらに内側には白いカーテンが引かれていて、向こう側は見えない。
やがて、そのカーテンの向こうに映る人影。カードゲームか何かをしているらしいけれど、がやがやとした会話をはっきりと聞き取ることはできない。

 2月に見た「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」同様、客席と舞台に透明な壁があり(しかも今回は物理的に本物の)、なんだかいらいらさせられる感じで開演。

続きを読む "「タンゴ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エンドレス サラヴァー」

あなピグモ捕獲団「エンドレス サラヴァー」
 日時:2010年11月20日(土)19:30開演
 会場:OFFOFFシアター

 あなピグモ捕獲団vol.32は、OFF OFFシアターでの公演。私にとっても初のOFF OFFシアターです。

続きを読む "「エンドレス サラヴァー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「現代能楽集Ⅴ」

「現代能楽集Ⅴ」
 日時:2010年11月20日(土)14:00開演
 会場:シアタートラム

 能は、15年くらい前に一度だけ見たことがあります。近所の神社で行われた薪能だったのですが、まったく意味がわからず、とにかく眠たかったことを覚えています。間に上演された狂言(田んぼの水争いの話だった)だけは、言ってることもわかったし、お話も動きも面白くて楽しかったんですけど。

 というわけで、それ以来能はちょっと…と思っていたのですが、小須田康人さんが久しぶりに舞台に立つ、しかも結構たくさん出番があるというので、見に行くことにした。どうせ三軒茶屋に泊まるしね。

続きを読む "「現代能楽集Ⅴ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蛙先生」

飛ぶ劇場「蛙先生」
 日時:2010年11月14日(日)14:00開演
 会場:北九州芸術劇場小劇場

 飛ぶ劇場の今年の新作。
 ここ数年、自分と向き合う感じがする作品が多かったけれど、久しぶりにそうじゃない作品。

 

続きを読む "「蛙先生」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サンタクロースが歌ってくれた」

演劇集団キャラメルボックス「サンタクロースが歌ってくれた」
 日時:2010年11月13日(土)18:00開演
 会場:北九州芸術劇場大ホール

 キャラメルが久~しぶりに九州上陸。「サンタクロースが歌ってくれた」は、確か97年に福岡公演があった。私は観に行ってませんが、同僚が観に行って「すごくよかった~~!」と絶賛していた気がします。

 「キャラメルか~どうしようかなぁ…北九州だし、大ホールって大きすぎじゃない」と思ったけれど、キャストを見ると・・・上川隆也?!近江谷太朗?!ええ?この二人がいっぺんに見られるなら行く!その他のキャストも、岡田さつき、坂口理恵、前田綾…となかなか私の好きな役者さんばっかりじゃないですか。

 この作品の初演は1989年。まさにバブル華やかりし時代に、クリスマスを一人で過ごすなんてありえない(けど、実際一人で過ごしてる人はたぶんいっぱいいた)時代のお話。冒頭のゆきみとすずこのやりとりは、まさにそんな時代が色濃く表れていました。

続きを読む "「サンタクロースが歌ってくれた」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「乱暴と待機」

乱暴と待機
 日時:2010年11月8日(月)
 会場:KBCシネマ

 平日昼のKBCシネマはガラ空き。「乱暴と待機」の客席には私を含めて4人。ちなみに全員女子。

 本谷有希子の作品を映画化。舞台版はDVDで観てます。小説版は未読。

続きを読む "「乱暴と待機」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「じゃじゃ馬馴らし」

久光製薬カルチャー・スペシャル 彩の国シェイクスピアシリーズ第23弾
「じゃじゃ馬馴らし」
 日時:2010年11月7日(日)12:30開演
 会場:北九州芸術劇場大ホール

 シェイクスピア好きなら行くでしょう。しかも亀治郎さんがじゃじゃ馬キャタリーナだ!チラシの亀ちゃんがすでに卑怯。
 久しぶりに筧さんも観たい。

 久光製薬は佐賀県鳥栖市の会社ですが、久光製薬カルチャー・スペシャルというのは、北九州だけじゃなくて、彩の国さいたま芸術劇場シェイクスピアシリーズの冠のようですね。唐沢寿明の、”貼るサロンパスのCM”にはハイバイの岩井秀人さんが出てますね。毎朝見てますよ。
 そのせいか、北九州公演のロビーには、久光製薬の社員の方と思しきスーツ姿のおじさんがずら~り。以前はメルパルクホールでやってくれてたけど、すっかり芸劇にとられてしまったこのシリーズ。まあいいけど。今回は、一度試してみたかったエアーサロンパスがもらえてうれしかったー。

 蜷川シェイクスピアのオールメールシリーズは、シェイクスピア時代と同じ、男性役者だけで演じられることによって、戯曲に込められた何重もの意味が見えるのではないかと期待。

続きを読む "「じゃじゃ馬馴らし」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »