« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

「水をめぐる」

こふく劇場「水をめぐる」
 日時:2010年4月29日(祝)18:00開演
 会場:西鉄ホール

 宮崎の劇団、こふく劇場の本公演。福岡演劇フェスティバル参加作品。

 こふく劇場は今年劇団創立20周年だそうです。そういえば、クロサイの「ブンガク」初演資料をあさっているときに、まどかぴあKIN-DO芝居の審査結果というのが出てきて、あなピグモ捕獲団やことりっぷ劇場(現 座’K2T3の三浦としまるさんの劇団)とともに、こふく劇場の名前も載っていました。そうそう、それでことりっぷ劇場とこふく劇場の区別がつかず、三浦としまるさんは宮崎から福岡にやってきたのだと信じていました。あと、こふく劇場という名前からは“お福”みたいな和美人を想像していたのだけれど、“鼓腹撃壌”という言葉からきているんですね。

続きを読む "「水をめぐる」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「ブンガク」

最新旧型機クロックアップサイリックス guest OS襲来興行
「ブンガク~20×20の杜」
 日時:2010年4月24日(土)20:00開演
 会場:湾岸劇場博多扇貝

 1998年3月に劇団針穴写真館によって上演された作品を、演劇創作館椿楼の高橋克昌氏を演出に迎えて再演。

 初演観ました。印象に残っているのは、押し入れの戸が開いたりしまったりして、女性が出てきたということと、クライマックスに、ものすごい量の紙吹雪が舞う中、現FPAP事務局長・高崎大志氏が高い声でいいセリフを言っていたことです。何しろ昔のことなので、多少間違ってるかもしれませんけれども、あの場面で「高崎さんかっこいい~」と思ったのはウソではありません。その証拠にここの演劇ベストテン98人物部門264位に高崎大志さんがランクインしています。私が投票したからです。

続きを読む "【速報】「ブンガク」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「奇妙奇天烈ファンシーハウス」

劇団ぎゃ。「奇妙奇天烈ファンシーハウス」
 日時:2010年4月24日(土)15:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 昨年、湾岸劇場博多扇貝で上演された作品の再演。大阪のin→dependent theatre2010 Winter-Spring Selection 参加作品の福岡凱旋公演。

 初演に比べてちょっとすっきりした感じ。

続きを読む "【速報】「奇妙奇天烈ファンシーハウス」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「天ノ星ハ昔ノ光」

ARMs presents「天ノ星ハ昔ノ光」
 日時:2010年4月18日(日)17:00開演
 会場:西鉄ホール

 演劇集団キャラメルボックスの真柴あずき(A)と坂口理恵(R)と、声優でシンガーの緒方恵美(M)の3人で立ち上げたユニットARMs。
 『彼女たちの辛口以上の武器である言葉と声を使って、今回は幻想的な空間で、リーディングとお芝居がミックスした、辛口リアルなライブをお届けします』(チラシより)

 “リーディングとお芝居がミックスした”とあるものの、緒方さんは声優でシンガーらしいし、”ライブ”だから、なぜか“お芝居”は無視して、歌とリーディングのコラボみたいなものを想像していた。が、この3人がやるなら、たぶんそう簡単には行かないのだろうな、ということも。
 果たして、予想通り、ただのリーディングでもなく、もちろんただ歌うだけでもなかった。芝居の中に見事にリーディングと歌が組み込まれた、素敵な舞台だった。

続きを読む "「天ノ星ハ昔ノ光」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「変身」

PARCO presents カフカの「変身」
 日時:2010年4月6日(火)19:00開演
 会場:福岡市民会館

 森山未來くんが福岡に来る!このところ未來くんの追っかけと化していた私は大興奮!
 演目はフランツ・カフカの「変身」。冒頭の一文だけは知っているけれど、読んだ記憶がない。まぁいいや。主人公が毒虫になる話だ。
 『虫に変身してしまう青年グレゴールに森山未來を迎え、不条理な運命に翻弄されながらも現実と戦っていく様を、高い身体能力を使いあますところなく表現していきます!!』(チラシより)
 だそうだ。未來くんの“高い身体能力”が堪能できるのを期待

続きを読む "「変身」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「イカロ・トライアル」

劇団ノコリジルモ「イカロ・トライアル」
 日時:2010年4月3日(土)19:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 ぽんプラザでもらったチラシに見たことのある名前が。
 東京へ行くと言っていたけど・・・?
 そんなわけで、こっそり確かめに。

 劇団ノコリジルモは、福岡女学院中・高演劇部を母体に旗揚げされた劇団。そのわりには、役者さんに男子が多いですね。今回が第3回公演だそうです。

続きを読む "「イカロ・トライアル」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »