« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

【速報】「ANGEL EARS' STORY」

演劇集団キャラメルボックス「ANGEL EARS' STORY」
 日時:2009年11月29日(日)14:00開演
 会場:サンシャイン劇場

 さて、東京2日目。いろいろと探してみたところ…あ~キャラメルがちょうど開幕してるな~。あ…菅野さんが出るんだ…菅野さんに会いたい…けど、6000円か~高いな~。あ、ハーフプライスチケットがある…。うむ。

 というわけで、池袋東武でハーフプライスチケットをゲットし、久しぶりのキャラメルボックス。前田綾さんや坂口理恵さんも久しぶりに見られて嬉しい。
  
 48歳2人の子供をもつ父親を主人公に、19歳娘から、夢を追いかける息子、働く母親、姑、聴覚に障がいを持つ若者、お金に困る30代…と、さまざまな年齢でさまざまな苦悩をもつ人たちが、それそれ一生懸命に生きている様子を描く。相変わらずのキャラメル節。ドキドキわくわくさせてくれる。老若男女、まさに誰もが楽しめるエンターテイメント作品。ラストは、ただ甘いだけじゃなく、ちょっぴりほろ苦く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「瞬間キングダム」

あなピグモ捕獲団「瞬間キングダム」
 日時:2009年11月28日(土)19:30開演
 会場:シアターグリーンBASE THEATER

 vol.30ということで、そんな感じの作品。

 わからなかった、けど伝わった。
 解ったとか言ったところで、おそらくそれは誤解でしかないだろうし。

 ナンバーとタイトルをつけられて、ばらばらに提示されるシーン。空間が違う、時間が違う、いくつかの多重世界を行ったり来たり。
 一つ一つの場面の裏にあるものを時折感じながら、延々とモノローグを聞いている感じ。
 番号順につなげば、それなりに時間軸の筋が通ったものがたりが完成するのかもしれないけれど、観ながら頭の中でそのばらばらの場面をつなげていくのは、私のアタマじゃ絶対に無理。そんなわけで、理解したり解釈したりするのは諦めて、ただそこにある世界に目を凝らし、耳を澄ます。

 暗転の中、王様の不安と孤独を想って泣ける。
 旗を取り戻し、壊れる壁の前に一人佇むつかの間の王。
 でもその王国に、ちゃんと仲間はいるのでしょう。
 この世界に神は不在のまま。けれど多くの民が今も神を想い、神を慕い、その登場を待ち望んでいる。

 客演さんがいい仕事をしてる。久米靖馬さん、かっこいい!力武修一さん、かわいい!

 次回公演は2010年6月、下北沢にて。さらにその次2010年11月に下北沢offoffシアターでの公演も決定。まだまだ先へ行くらしいです。

続きを読む "「瞬間キングダム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オルゴールの小さな博物館」

オルゴールの小さな博物館
 日時:2009年11月28日(土)15:00~
 
 今回の週末上京の目的地は池袋周辺。というわけで、あらかじめ面白そうな芝居&博物館・美術館をリサーチ。したら、ここがヒット。池袋から歩いて行けるし、完全予約制で、見学時間がきっちり決まっているのもいい。

 実際は池袋に宿泊場所を確保できず。池袋から近いところで探したら、大塚がヒット。駅から徒歩1分のホテル。都電荒川線で博物館まで行けるし、いいじゃん!というわけで、大塚の寿司屋ですしとそばとてんぷらのランチ後、ホテルに荷物を預けて、都電で鬼子母神前まで。鬼子母神にお参りしてから、徒歩で博物館へ。

 私は博物館コースと演奏会コースのセット(2800円)を体験しましたが、どちらか片方で十分楽しめます。いや~2時間たっぷりオルゴール聴きまくり。癒されまくり。
 演奏会コースが初心者向け、博物館コースが中級向け、館長コースはマニア向けらしいです。一人でも楽しめますが、これからの季節はデートスポットとして超おススメです。

続きを読む "「オルゴールの小さな博物館」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「青空」

劇団こふく劇場プロデュース#16 みやざき◎まあるい劇場公演「青空」
 日時:2009年11月15日(日)14:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 こふく劇場は未見だけれど、作・演出の永山さんの噂は耳にしたことがある。
 今回の公演、こふく劇場の本公演ではないらしいけれど、永山さんの作・演出作品らしいし、なんだかいろんな人が出るらしいと聞いて、ちょっと興味をひかれ、見に行ってきた。

 ホールに入ると、囲み舞台になっていて、水たまりに映る青空みたいな模様の床の上に白いイスが3つ。見上げれば水紋のようにもみえる何かが下がっていて、その上にはちょうど鏡に映っるかのように白いイスが3つ浮かんでいる。周囲に並ぶ透かし模様の短い柱。う~ん、うまく説明できないけれど、とにかく美しい、幻想的な舞台。
 照明や音楽も非常に美しかった。

続きを読む "【速報】「青空」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ただちに犬Delux」

劇団どくんご「ただちに犬Delux」
 日時:2009年11月14日(土)19:00開演
 会場:中洲清流公園

 まだ演劇なんて見たこともなかった大学生の時、サークルの部室にいたら、黄色だか赤だかのアフロカツラで白塗りの古代ギリシャ人みたいな人が突然無言で入ってきて、チラシを置いて帰って行った。それがうわさに聞く劇団どくんごの人だった。もともとは大学の演劇研究会だったらしいが、当時は「もう大学のサークルではないのだからサークル棟から出て行け」と、大学側ともめていた。サークル棟で彼らをよく見かけるという軽音楽部やサイクリング部の友人たちは「とにかく怪しい」と言っていた。私が大学を卒業するころには、彼らは大学から姿が見えなくなり、私は劇場に通い始めた。そして、劇団どくんごが、まだテント芝居で全国を回って活動していることを知った。
 そして今日、劇団どくんごはじめての福岡公演を見た。

 想像していたよりもずっと小ぶりのテント。
 想像していたとおりの怪しさの一方で、想像していたよりもポップな見世物。
 そう、”見世物”です。
 
 開演前に「だんだん寒くなりますから」といわれたが、なるほどそういうことか。
 明日15日もやってます。キャナルシティ近くまで行ったら、とりあえず清流公園まで行ってみてください。なんかやってると思います。

続きを読む "「ただちに犬Delux」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「福岡近代絵巻」

福岡市制施行120周年記念「福岡近代絵巻」
 日時:2009年11月7日(土)
 会場:福岡市博物館

 ちょっと気にはなっていたものの、同僚から「面白かったですよ」と言われていたものの、まあいいかとスルーしていた展示。天気もいいし出かけてみるかと、午後からのんびり自転車で行ってみた。

 やばい。おもしろすぎる。
 古地図や明治の印刷物など、ひとつひとつ、写真の1枚1枚を丁寧に観ていたら、あっという間に閉館時間。
 ギンギラ太陽’sの「天神開拓史」が好きなら、ぜひ行ってみてください。はまると思います。入口にあるディスプレイ(天神の風景を“魔法の羽”でなでると、昔の写真になる!)もおもしろかったし。

 よく見たら、これ、明日11月8日までなんです!ももち浜に急げ!
 私は、常設展示を見られなかったので、明日また行こうと思います。

続きを読む "【速報】「福岡近代絵巻」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】「レ・ミゼラブルーシート」

仏団観音びらき「レ・ミゼラブルーシート」
 日時:2009年11月3日(火)14:00開演
 会場:あんみつ姫

 大阪の劇団。ふざけた劇団名、歌ったり踊ったり、おバカ満載。のわりに、意外に骨太で社会派のものがたり。
 おもしろかったです。あまりのばかばかしさ、なのに、かなり現実に即しているであろうものがたりに、手放しで笑っていられない。
 なんとも中途半端な気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「My Truth」

THE ALFEE 35th Anniversary 2009「My Truth」
 日時;2009年11月1日(日)17:00開演
 会場:福岡サンパレスホテル&ホール

 春ツアー、夏のイベントに続いての秋ツアーに参加。
 タイトルがまた…「My Truth」って、涙なしには語れない楽曲。
 ホールコンサートは野外のイベントとは違った雰囲気で、これはこれでいいなぁと思う。

 秋らしいしっとりした曲が聴けるかな~と思ったら、冒頭から「LONGWAY TO FREEDOM」「夢よ急げ」「Girl」と、盛り上がる曲をガンガン続けて、挙句に「ラジカルティーンエイジャー」ううう…泣ける。けど、今日はとても元気をもらった気がする。
 私のとって初めてのアルコンは、1984年の秋ツアー@福岡サンパレス。あれから25年。きっと25年前にも聞いたであろう曲がいくつも演奏された。「恋人たちのぺイヴメント」なんか、久しぶり~!この季節にぴったり。
 サンパレスでアルコンに参加するたびに、あの日と何が変わって、何が変わっていないのだろうと自問自答する。高見沢さんが言った。「ここまで来たら、みんなアルフィーを見届けろよ!」おう!言われなくても見届けるよ。それが25年前に、この場所で誓ったことだ。

 アンコールでは、3人だけでやっていたコンサートを再現。ああ、いいなぁ。私がアルフィーを好きになったころはすでにバンド形式になっていて、それどころかハードロックギンギンの時代だけれど、個人的には3人のギター&コーラスが好き。来年の秋は、この編成でちっこい会場をまわって欲しいなぁ。都久志会館とかももちパレスとか。ないか…。
 
 もともと小柄な幸ちゃんが、今日はいっそう痩せて小さく見えた気がした。いろんなことがあった今年の幸ちゃん。今日はなんだか幸ちゃんに釘付け。やっぱり私が一番好きなのは幸ちゃんだわ、と再確認。
 高見沢さんは、なんだかギャルみたいになってた。オープニングの黒い衣装から着替えて出てきた白い衣装は、王子というよりむしろ姫。

 照明とか舞台とかはやっぱり今一つ。
 せっかくのLEDスクリーンも、あんまり効果的に使われていなくて非常に残念。音響に至っては、途中からノイズが…そりゃないよ!

 すでに来年の春ツアー@サンパレス2日間が決定・・・行かなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »