« 「CONFIDENCE」 | トップページ | 「キサラギ」 »

「兄弟舟」

劇団爆走蝸牛~Bakusou Katatumuri~「兄弟舟」
 日時:2009年4月18日(土)13:00開演
 会場:湾岸劇場博多扇貝

 第3回公演は第2回に引き続き、ハイバイの岩井秀人作品を上演。さらに来週、同じく岩井作品「加納の鼻」を、第4回公演として連続上演。

 冒頭、登場した中嶋さとさんの勇気ある扮装にびっくり。ほぼ全編あの扮装。女優なのに・・・かわいいのに…。ガラパ椎木くんのやくざなまゆげも怖かった。

 これは遊びだけど、遊びじゃない。危ない橋も渡るし、妊娠しちゃったりもするし、だけどとことん本気。後ろ指さされたり、バカにされたり、だけど本気だから大丈夫。だって、あなたがそこにいるから。

 いやはや、さすがの岩井作品。いろんなことを考えさせられました。演劇をやるということ、差別/排除されるということ、集団を維持すること・・・などなど。一見ハチャメチャで脈絡のない芝居のようにも思えましたが、最初から最後までとことん計算されているのがすごい。
 最初から途中までは確かに”演じている”っぽくて、中盤からわりと”素”みたいな演出だったのが印象的。ラスト近くはなんだか泣けてしまいました。
 けど、ラストの若葉の衣装はもっと気合入ってかわいい感じがよかったなぁ。だって、めちゃめちゃかわいくて切ないじゃないですか、若葉は。

 「加納の鼻」も楽しみです。 

|

« 「CONFIDENCE」 | トップページ | 「キサラギ」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「兄弟舟」:

« 「CONFIDENCE」 | トップページ | 「キサラギ」 »