« 「新年工場見学会09」 | トップページ | 「s.e」 »

「九人姉妹」

非・売れ線系ビーナス「九人姉妹」
 日時:2009年1月17日(土)19:00開演
 会場:大博多ホール

ものがたり。
 千重穂家はどこかの名家。子どもは徳子(富田文子)・有子(林良子)・秀子(木村佳南子)の3人姉妹。ところがお父さんには愛人がいて、崩壊した愛人の家から2人の姉妹=幸美(中村雪絵)と清美(大石香澄)が引き取られる。姉妹には妹の薫(中園祐希)が生まれ、その頃さらに、障がいを持つ姉妹=眠瞳(みんと)(松本めぐみ)と七虹海(ななみ)(緒方広美)の姉妹が引き取られる。で、九人姉妹。あれ?足りない?

 チェーホフの「三人姉妹」をもじっているような、いないような。(そもそも、「三人姉妹」をちゃんと読んだことがないので、わかんない)エロとか、ちょっとヤバそうなネタとかを盛り込んで、一応はおはなしとしてちゃんとまとまっていたのではないかと思います。
 まあでも、そのあたりのことはわりとどうでもよく、お話についてもあまり深くは考えなくとも、ただ女優達がたくさん出て、オリジナル(作詞・作曲:田坂哲郎)の歌に合わせて歌ったり踊ったりするのが単純に楽しかった。リラックスして芝居しているのが伝わってきてよかったと思います。

 9人の女優それぞれが魅力的。
 富田文子さんは、歌ってよし踊ってよし、なかなかに映える女優さん。これから一層の活躍を期待。
 松本めぐみさん、かわいい。中村雪絵さんは自分の劇団だとどうしてもお笑いに爆走してしまいがちなのに対して、ちゃんとお芝居を見せてくれて、歌も聞かせてくれて、とてもよかったです。

|

« 「新年工場見学会09」 | トップページ | 「s.e」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「九人姉妹」:

« 「新年工場見学会09」 | トップページ | 「s.e」 »