« 「RENAISSANCE」 | トップページ | 「贅沢女と嘴男」 »

「空中ブランコ」

アトリエダンカンプロデュース「空中ブランコ」
 日時:2008年5月11日(日)15:00開演
 会場:福岡市民会館

 う~ん・・・おもしろかったんですけどね、ひとことでいえば「もったいない」。
 倉持裕さんの戯曲って、どこか破綻しているところが持ち味だとは思うのだけれど、いちばん大事な部分をわざとはしょっているような気がする。作家の頭の中だけで”当たり前”になってるみたいで、観ているほうはそこを補うのがけっこう大変。

 坂元健児・高橋由美子・尾藤イサオ・吉田メタル・・・と、歌って踊れる役者をこれだけそろえておきながら、歌ったり踊ったりするシーンが、こうちゃんの脳内イメージシーンだけというのももったいない。

 サトエリさんは、芝居はさておき足が長くてきれい。さすがのナイスバディ。
 宮迫博之さんが、とっても楽しそうに座長をされていました。

(後日記=もう終わってるから大丈夫だと思いますが、大ねたばれあります)

 小説「空中ブランコ」を読みました。
 宮迫さんは、すごく研究して伊良部先生の芝居を作ったのではないかと思いました。見た目はあんまり伊良部先生っぽくなかったのですが、キャラは伊良部先生そのものでした。

 小説では、こうちゃんが飛べなくなった原因がはっきり書かれていて、非常に納得のいくものだったのですが、その肝心なネタをあえてせりふの中に出さず、芝居の中でわからせる、というのが倉持戯曲の意図だったのではないかと思いました。が・・・わかんねぇよ・・・少なくとも私には、芝居を見ているときにはっきりわかりませんでした。なんとなく、そうなのかなぁとまでは思えたのですが、他にもいっぱいいろんなエピソードが流れていくうちに曖昧になっていきました。いや、わかんなくてもよかったのか?でも、わかんないことが非常に気持ち悪かったんです。倉持芝居を見るといつもこのわかんない気持ち悪さにとらわれます。それが彼の評価される所以か?いや、私の頭が悪いだけか?

 ラストシーン、芝居ではこうちゃんが飛んで暗転です。
 これもなぁ・・・。芝居の流れから行くと、絶対にこの演技は成功しなければならないと思いました。それをそんなふうに観客に委ねられてもなぁ。役者さんたちはうまく飛べたとは思えない。ああいう終わり方をされるものまた、中途半端で気持ち悪いなぁと思ったのでした(それに、物理的にああするしかなかったからという、無理やりな演出と感じたのは私だけだろうか)。むしろ原作どおり、伊良部先生が飛んだほうがすっきりしたような気がします。コメディ的に。

|

« 「RENAISSANCE」 | トップページ | 「贅沢女と嘴男」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「空中ブランコ」:

« 「RENAISSANCE」 | トップページ | 「贅沢女と嘴男」 »