« 「イザナギとイザナミ」 | トップページ | 「わが闇」 »

「ライオンキング」

劇団四季「ライオンキング」
 日時:2008年1月25日(金)13:30開演
 会場:福岡シティ劇場

 5年ぶり?の福岡公演。今回は2階席から。

 ムファサ=芝清道
 スカー=村俊英
 ティモン=藤川和彦
 プンバァ=川原洋一郎
 シンバ=田中彰孝
 ナラ=熊本亜記

 おお!芝さんと村さんが出るんだ~!
 芝さんは福岡出身のせいか、福岡シティー劇場の公演にはよく出演される。私は過去「ジーザスクライスト・スーパースター」や、「キャッツ」、「エビータ」で観たことがあるのだが、とにかくすごい声量で、エネルギッシュな熱い役が良く似合う。でも、芝さんにムファサはちょっと物足りない感じ。歌も少ないしね・・・。
 村さんといえば「オペラ座の怪人」のファントムのイメージがあるのですが、ちょっとぐーたらで、優男のおちゃめな叔父さんスカーがよく似合う。ティモンとプンバァは、前回も九州の方言で爆笑させてもらいましたが、やっぱり今回も、他のどの場面よりもおもしろかった。
 シンバ役の田中彰孝さんも福岡県出身。高校時代に「オペラ座の怪人」を観て感動し、四季への道を志したという。歌も上手で、若々しく、かっこいい、熊本亜記さんのナラも、若々しく、かつ堂々としていた。若手2人は、これからすごく伸びていきそうな感じ。

 しかし、この舞台の醍醐味はなんといっても演出。しかもそれが、仕掛けのすごさだけでなく、役者たちの肉体があってのものだということが素晴らしい。役者さんたちの多くは顔も見せずに本当に大変なことをしていると思う。
 
 仕事がらみの観劇で、子ども?をいっぱい連れて行きましたが、子ども、大喜びで大感激。これだけ多くの人の心を動かす舞台があるということだけで、本当に勇気付けられます。演劇界の未来は明るいぞ~!と思った日でした。

|

« 「イザナギとイザナミ」 | トップページ | 「わが闇」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ライオンキング」:

« 「イザナギとイザナミ」 | トップページ | 「わが闇」 »