« 「アントン・ユモレスカ」 | トップページ | 「越境する蝸牛」 »

「ミクシィ」

不健康ランドセルフプロデュース やかべさとし一人芝居
「ミクシィ」
 日時:2007年7月6日(金)20:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 「本当はひとりじゃない」「嘘つき探偵真実子」に続く、矢ヶ部哲さんの一人芝居シリーズ。
 自作自演だった前2作から、今回は脚本に非・売れ線系ビーナスの田坂哲郎氏を迎えての完結編。

 まあともかく、矢ヶ部哲くんをたっぷり堪能する1時間。
 相変わらずいい声だなぁ~、かっこいいな~、細いし!絵もうまいな~・・・。とか思っているうちに終わりました。役の演じ分けとか、相変わらず全然出来てませんでしたが、許す。

 一人芝居って、同じ空間に複数を配して、それをひとりが演じ分ける必要はないと思うのですが、矢ヶ部くんはそういうのがやりたいのかなぁ。うまくはまればおもしろいけど、うまくはまらなかったら子どものひとりでごっこ遊びみたいになってしまう。もっとも、子どものひとりごっこ遊びみたいなところは彼の魅力の一つでもあるのですが。

 次回出演は劇団ぎゃ「無題」だそうです。
 また違った矢ヶ部くんが見られるといいなぁ。

|

« 「アントン・ユモレスカ」 | トップページ | 「越境する蝸牛」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

伊藤創吾(いとう・そうあ)を知らなくても、純然たる
架空人物として普通に面白く見れたんじゃなかろうか。
知ってたら似顔絵の時点で爆笑ですが。
(しかしあの絵は、眉毛が細いのが不満ですヨ!)

投稿: マヤK | 2007/07/09 04:23

ええ、知らなくても問題はなし。知ってたらもっと笑えたでしょう。
やかべさんは絵もうまいとわかりました。

投稿: SUN CHILD | 2007/07/09 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ミクシィ」:

« 「アントン・ユモレスカ」 | トップページ | 「越境する蝸牛」 »