« 「THE BEE(ロンドン版)」 | トップページ | 「犬顔家の一族」 »

「イチゴ畑で靴紐を結ぶ」

あなピグモ捕獲団「イチゴ畑で靴紐を結ぶ」
 日時:2007年7月29日(日)14:00開演
 会場:中野スタジオあくとれ

 白い空間。
 床にカラフルなハニカム模様。
 衣装もいつもながらかわいくて素敵。
 オープニング。ナイロンみたいな映写使いがかっこいい。

 石井亜矢さんが終盤きっちり引き締める。
 ああ、くやしいけどこんな石井さんが見たかった。

 あなピグモ捕獲団に対しては、個人的な思い入れが強すぎてしまって、もうなんだかちゃんと客観的に芝居を観ることも出来なくなってしまっているみたいなのだけれど、今回の芝居に私はものすごくマイナスなオーラを受け取ってしまった。本当ならあのラストシーンに、もっと高く、もっと遠くへ、進んでいこうという前向きな姿勢を感じるものなのに。
 思えばそれは、初めて見たときからずっとずっと同じである気がする。
 不安や弱さや孤独を抱えながら、もっとこっちを見てほしいとか、もっと甘えさせてよとか、もっと愛してほしいとか、そんな匂いをぷんぷんさせて、そのくせちゃんと手の内を見せてはくれないから、誤解されることばかり。癒しとか、安心とかを嫌って、ぬるい日常からここではないどこかへと行きたがる。振り上げた拳は空回り、差し延べられた手を振りほどき、優しい言葉にも背を向けて、開かない扉の向こうを目指す。イチゴ畑を踏み荒らし、靴をはき、きつく紐を締めて走り出す。振りほどいた手も、犠牲にした何かも、やがて忘れてみせようと、これまた意固地な決意をして。
 そんなひねくれたメッセージを送りつけてくる芝居に、どういうわけか私は強烈に惹かれてしまっている。不安や孤独を抱えている人を見ていると、なにかできないかと甚だ余計なお節介を思う。励ます、批判する、諭す。そんなやり方じゃどうやったって歯が立たない。むしろますますの反撃を食らう。ただそばにいることもかなえられず、結局のところ、ここで見守るしかないのかと思う。自分の無力さを知り、それでもしつこくあきらめきれず、私は劇場に通い続けているのだと思う。

 他の方のレビューはさすが。
 キティさん研究所にゅーす 
 休むに似たり。

 次回公演は11月下旬「東京ハニロボ」。
 そして12月には芝居屋コロシアムで福岡凱旋、ぽんプラザに登場!

|

« 「THE BEE(ロンドン版)」 | トップページ | 「犬顔家の一族」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イチゴ畑で靴紐を結ぶ」:

« 「THE BEE(ロンドン版)」 | トップページ | 「犬顔家の一族」 »