« 「Circulate」 | トップページ | 「ミクシィ」 »

「アントン・ユモレスカ」

劇団アントンクルー「アントン・ユモレスカ」
 日時:2007年6月30日(土)19:30開演
 会場:ぽんプラザホール

 チェーホフは見たことがなくて、読むのも何度も挫折して、唯一竹内銃一郎の『みず色の空、そら色の水』(←『三人姉妹』がモチーフになっている)を見たことがあるくらいだ。
 ただ、「モスクワへ!」とか「生きていきましょう」とか、有名なせりふはいろんなところに引用されているので、なんだか知ってるような気分になってしまっているのもまた事実。

 チェーホフの芝居を稽古する、とある劇団の稽古場とチェーホフが生きていた時代を行ったりきたりする。
のですが、最初はそれがわからなくて???
 衣装などで差はつけていたのですが、役者さんのね、芝居がね・・・。
 
 途中に差し挟まれる、チェーホフを日本の小劇場風に演じるシーン。
 私は野田もつかも大好きですが、第三舞台風に、がいちばんうまく出来ていたと思います。私が鴻上尚史の信奉者であるということをさっぴいても、あの「朝日のような夕日をつれて」の場面とチェーホフのせりふはとてもよくあっていました。
 平田オリザ風は、ちょっとせりふが走りすぎ。

 栃原さんは、チラシのチェーホフによく似ている!
 岩井先生は歌がうまい!

 とりあえず、チェーホフ入門編としておもしろかったです。
 アントンクルーはこれからチェーホフ作品を次々に上演していくとのこと。楽しみです。

|

« 「Circulate」 | トップページ | 「ミクシィ」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

ご来場ありがとうございました。
ひっっさしぶりの音楽シゴトでしたよ、もう腕が鳴る腕が鳴る。

投稿: マヤK | 2007/07/02 22:35

あ、そうか!マヤさん、音楽担当だったんですね!!!
しまった~もっと注意して聞くのでした(^^;;
ルールールルルー♪・・・はわかったけれど・・

投稿: teru | 2007/07/03 00:37

>マヤKさん
 お疲れ様でした~。客入れの曲からして、どこでこんなの探してくるんだ!?と思いました。個人的には、野田秀樹とつかこうへいはイメージ違ったんですけど、ラストの「たどりついたらいつも雨降り」はよかったなぁ。

投稿: SUN CHILD | 2007/07/03 21:46

全部、普通にお店で買ったCDばっかですよぅ。
ほとんどベスト電器、あとタワーレコードとYAMAHA。
特殊な通販とかファンクラブ特典みたいなのは、ないです。
実は『東京タワー オカンとボクとときどきオトン』のサントラだけは
CD買ってなくて、耳コピでうちのパソコンに弾かせたやつだけど。
あと、フィナーレの歌も(自作だから当然)市販CDじゃなくて自前音源。

モップスはね、ヒロミツさん追悼も兼ねて。
心の中に傘をさして、裸足で歩いてる、自分が見える~

投稿: マヤK | 2007/07/03 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アントン・ユモレスカ」:

« 「Circulate」 | トップページ | 「ミクシィ」 »