« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

「コリオレイナス」

彩の国さいたま芸術劇場シェイクスピアシリーズ「コリオレイナス」
 日時:2007年2月26日(月)18:30開演
 会場:メルパルクホール福岡

 幕が上がる。と、そこにはなんと観客席がきれいに映し出されていた。
 蜷川さん得意技の一つ:鏡の演出は、いつも観客達を舞台に巻き込む仕掛け。客席から民衆達が舞台に上がり、客席に一礼したところで芝居は始まった。舞台に明かりが入ると,鏡の向こう側にはローマの街・・・。

 舞台上に組まれた階段は結構な高さで、一番上には四天王像。四天王はインドにおける方位の守護神だという。そのむこうは襖のように開く仕掛け。このセットがまたすばらしい。ローマの街なのに、和のテイスト。衣装も袴あり、脇差しありで和風だけれど、羽織る上着はローマ風。こりゃあイギリスで受けるだろうなぁ。

 冒頭は早いせりふがほとんど聴き取れなくて(そうでなくともメルパルクは声が届きにくい)、作品に関する知識も全くなかったので、話も全くわからなかった。中盤から何となく見えてきて、第二幕くらいになると最後の展開までをある程度予想して見ることができた。そういう意味では、うまいなぁとかすごいなぁという戯曲ではない。なんというか、どいつもこいつも馬鹿だよねぇ。
 なかでも蜷川さんは民衆がこの芝居の鍵だと思ったのだろう。
 一番面白かったのは、慣習に従ってコリオレイナスが民衆に投票を乞う場面。そのあと護民官たちにあおられてあっさり意見を翻すじゃないですか。だまされてるなぁ、民衆。もっと自分の頭で考えないとなぁ。だめだよ、社会の気分に流されちゃ。

 役者さん。
 唐沢さんは相変わらず顔がちっちゃくてかっこいい。わがまま傲慢な貴族は、ご本人の日頃の毒舌ぶりからもぴったりだったと思いますが、その毒舌とは裏腹に、意外と細やかな感性の持ち主だと勝手に思っているのですが、どうでしょう。すごくせりふも多くて、声も嗄れていて大変そうでしたが、最後まできっちりやりとげるあたりはさすがです。
 白石加世子さんはじつはあまり好きではないのです。すごい役者さんだとは思うのですが,あくが強すぎてどうも苦手。
 勝村さんはそつなくこなしている。吉田鋼太郎さんはさすがです。そのあたりも含めて、カンパニーのレベルの高さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「むかしここは沼だった。しろく」

劇団八時半「むかしここは沼だった。しろく」
 日時:2007年2月25日(日)15:00開演
 会場:ウィングフィールド

 劇団八時半は初見。ただ、鈴江さん戯曲の作品は、OMS戯曲賞を受賞した「ともだちがきた」とか、飛ぶ劇場がオフシアターとして上演した「素足の季節」など、いくつか見たことがあります。「ともだちがきた」はテレビで見て感激して、阿佐ヶ谷スパイダースがスズナリでやったやつも見に行きました(←ちなみにこれが、人生初のスズナリ)。

続きを読む "「むかしここは沼だった。しろく」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「朧の森に棲む鬼」

「朧の森に棲む鬼」
 日時:2007年1月24日(土)17:30開演
 会場:大阪松竹座

 正直に言えば、東京公演とくらべてそれほど「進化した」という実感はありませんでした。それは、最初からかなりの完成度だったということもあると思います。一方で、昼夜2公演は役者にとってもスタッフにとってもやはり負担なのでしょう、役者に疲れが見えたというのも否めないところ。照明とか音響とかにちょっとしたミスが多発していたのも気になりました。

 それでも、物語を知っているからこそ見えることもたくさんあり、何度も見ている人たちから、あそこの場面ではああだとかこうだとか聞いていたこともあり、オペラグラス持参で役者さんたちの細かい芝居を堪能しました。

 小須田さんと粟根さんのネタは日替わりだったみたいで,私が見た回では「ずっと気になっていたんだけど、その背中のねじねじは何?」「たすきがけのたすきだよ」云々。へぇ~勉強になりました。

 全編を通じて泣けるような芝居ではないですが、前回に引き続きうるうるしてしまったのは、高田聖子さん演じる式部が帝を殺そうとする場面。ああ、せつない。あれは本当にお互いを大切にしている二人にしか交わせないやりとりです。そんな泣ける演出がされているわけでもないと思うのですが、ふたりの演技から何かが伝わってくる。芝居って、役者ってすごい!と思う場面です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「インディゴブルーの本当」

万能グローブ ガラパゴスダイナモス「インディゴブルーの本当」
 日時:2007年2月18日(日)18:00開演
 会場:甘とう館show劇場

 佐賀公演の感想はこちら

 佐賀公演からおよそ2ヶ月。
 脚本も少し変わって、芝居もずいぶんとこなれた感じ。

 でもやっぱり「血は変えられない」のだった。
 本当にそうなの?それでいいの?
 いや、いいと言っているわけじゃないのはわかるのだけれど、どうしてもしっくりこないのです。
 
 前日に見たHole Brothersもそうだったのだけれど、世の中はこんなにもどうしようもないものなのか。
 商売人は安く仕入れて高く売る。その間を埋めるものは“嘘”。政治家は大衆を騙して利用して操作して、権力を握ったものが勝ち。それがこの国の現実、それが今の世の中ってもんだ。
 私はまた思う。
 それでいいの?正直であることや人を思いやる気持ちがひどくないがしろにされている。それは仕方のないことなの?

 絶望的な世の中です。
 政治も経済も嘘にまみれ、一部の、金や権力を握った者たちで動かされていく。その他大勢の弱者たちは、自分たちよりもっと弱いものを差別しながら、かろうじて生きている。
 けれども私たちはそんな世の中で、絶望しながらもどうにか生きていかなければならないわけじゃないですか。
 あの芝居に出てきた人たちは、強いものは弱いものを馬鹿にして、弱いものは強くなろうと強いものの真似をして、金や権力を手にしようと嘘をつく。結局のところ、やっぱりそのやり方はうまくいかない。この国はあいかわらず。
 強くなる方法はそれだけではない。絶望しながらそれでも前を向く方法が“俺の笑顔”だとして、かろうじてそれが救いだというのか。私にはとてもそう思えなかったのだけれど。

 決して彼らの芝居が嫌いだというわけではないのです。
 嫌いだったらわざわざ佐賀まで行かないし、佐賀で見たのにまた福岡で見たりはしない。
 わたしはただ、この世の中を変えていけるちからを持つ(と私は思っています)若い彼らが、こんなふうに世の中に絶望している、という風に見えてしまうことが、そして、そんなちからを持っているにもかかわらず、彼らがどこへ向かおうとしているのかがまったく見えないということが、ひどく悲しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「それはただのしみだ」

劇団HoleBrothers「それはただのしみだ」
 日時:2007年2月17日(土)19:30開演
 会場:ぽんプラザホール

 初めてチラシを見た時に、タイトルは「それはたのしみだ」だと思ってました。
 正しいタイトルに気付いた後も、「ただのしみ」と「たのしみ」を掛けてるんじゃないの?と思っていましたが、「たのしみ」な芝居ではありませんでした。(←ああ、決して「つまんなかった」という意味ではないのよ)

 たっぷり真面目に2時間15分。
 怪しい業界のこととか、町工場の現状とか、たぶんいろいろ調べて書いているんだろうなー。せりふでものがたりの流れていく方向に違和感がない。よくもまあ、これだけ人をいや~な気持ちにするせりふを拾ってくるよなぁ・・・。あんなこと言われたら確かにひねくれるよね~とか、騙されるよね~とか。
 すごく細かい設定まできちんとされていて、物語に破綻がないから、役者の芝居にも説得力が生まれている。だけど、おそらくは細かいところまでがっちり決まっていて作りこんでいる分、面白みには欠ける。ちょっと“あそび”を残しておいたほうが、意外なものが飛び出してくる可能性があるかも。まあ、悪い方向に崩れていってしまう可能性も大いにあるわけですが。今回は、アンサンブルの皆さんが”あそび”的役割を果たしている部分はあったと思います。

 「しみ」は心のうしろめたさ。
 見えていても「ただのしみだ」と見ないふりをすることもできる。気になって気になって不安になってしまう人もいる。過剰にそこに意味を見出してしまう人もいる。
 ひとを騙してお金儲けをする、そんなうしろめたいことやめちゃえばいいのに。だけど、それをやめられないところにものすごく悲しさを感じた。それが今の20~30代の人の現実だと思うとなおさらに。頑張ってはみても就職は決まらない、就職しても弱小企業はつぶされる。安い給料でせっせとお弁当を運んだり、工事現場の日雇い暮らしをするか、ひとを騙して儲けるか、そうするしか生きる道はない。それが今の“時代”、ですか。なんともいたたまれない気持ちになります。

 わだちよさんがとっても魅力的。めがねもお似合いでした。

 チケットは全公演完売だったそうで、お断りしたお客様もいたとか。
 次回公演はぽんプラザホール ロングランシアター! 今回観られなかった人も次回は是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ブラックコメディ」

劇団四季「ブラックコメディ」
 日時:2007年2月17日(土)13:00開演
 会場:福岡シティ劇場

 四季好きの友人がチケットを譲ってくれるというので、一緒に観劇。

 明るい場面を暗転で、暗闇を明転で見せるという演出。
 ちりばめられたせりふもどこか反転していて、皮肉だなぁ。

 しかし、その演出の妙についていけず、疲れがたまっていたこともあいまって、眠い・・・。
 明転場面があまりにもギンギンに明るすぎるというのにもちょっと疲れてしまった。

 上映時間1時間20分。
 なのに、ものすご~く台詞回しが遅い。
 なんだ、この遅さは。年配の方向けか?
 “ブラック”な“コメディ”なんだけど、あまり乗れなかったせいか、私はあまり笑えませんでした。2度目だった友人も「今日は笑いが少なかったな~」と言っていましたので、そういう雰囲気もあったのかもしれません。いくつかミスもあったし、つくづく舞台はナマモノです。

 石丸幹二さんにはやっぱり歌ったり踊ったりしてほしかったなぁ。
 いえ、この演目で歌ったり踊ったりするのは無理ですから、また別の演目でみたいです。
 クレア役の方がかっこよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バッテリー」

バッテリー
日時:2007年2月15日(木)
会場:エルガーラ大ホール

 またもや試写会。
 しかし、平日18:30に天神まで出るのはかなり無謀だった。
 ぎりぎりに会場に飛び込んでみたけれど、満席。前へ前へ進んでいくと、子ども連れのお母さんが、子どもを膝に乗せて、空いた席を譲ってくれました。ありがとうございました。
 上映前に舞台挨拶があり、主役のバッテリー&監督が登場。
 おかげで近くからゆっくりと役者さんたちを見ることができました。

続きを読む "「バッテリー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アジト」

劇団謎のモダン館「アジト」
 日時:2007年2月13日(火)19:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 勝手に探偵モノみたいなハードボイルドを想像していましたが、始まってみると、うん?なんか違うぞ?
 チラシを見たら「アフレコチックなハードボイルドコメディ」って書いてありました。なるほど~。そう言われてみれば。もっと笑っても良かったのね。
 何度か映画を見るシーンがあるのですが、それも「アフレコチック」なせいですか。

 作・演出の白濱隆次さん。いつ出て来るのかな~と思っていたら!!!びっくり。そんな~。そうくるとは・・・。お名前も、その貫禄ある女形?も、大衆演劇の座長さんみたいでした。

 「アジト」なせいか、全体に照明が暗くて、見づらかった。「アジト」なら、個人的には白っぽい安っぽい蛍光灯のイメージがあるんだけど、そういうのを照明で作るのは難しいのかな(と、聞いた事がある)。音楽とか照明のタイミングも???な時があって、もったいなかった。特に、音楽はとってもおもしろい音がいろいろあっただけに。
 あと~、常々気になっているのですが、ぽんの操作室のあかりってどうにかならないんでしょうか。どこの芝居でも、オープニングの暗転では消えていても、芝居中やエンディングの暗転ではけっこう煌々と点いていて、気になる・・・。特にこの芝居、ラストで「明かりを消して!」、再び点いた時の舞台がすっごく可笑しいのに、操作室の明かりで暗転中の舞台上が丸見え。かなり興ざめでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Tres-Cho.Live」

Tres-Cho.Live
 日時:2007年2月11日(日)
 会場:bar-fermata

 芝居がはねたあとにご飯を食べようと思っても、なかなかゆっくりできるお店がありません。基本的に酒飲みなので、酒が飲めるお店でかまわないのですが、かつおいしいものが食べられて、ひとりでふらっと入ってもOKで、警固神社前もしくは天神三丁目からすぐバスに乗れて、静かなお店となるとなかなかない。いや、あるのかもしれないけれど、私はまだ見つけてない。どこかいいお店があったら是非紹介してください。

 そんなわけで、bar-fermataは私が開発したお店の一つ。おいしいお酒と手打ちパスタが楽しめるということで、少々お値段が高めなのですが、とても居心地がいいので、芝居帰りや飲み会がえりに時々寄っています。
 
 ぎゃ。が終わったあとにパスタを食べに寄ってみたところ、どうもいつもと様子が違う。と思ったら、ライブが行われていました。ちょうど1st Stageが終わったところだったみたい。
 1st Stageはボーカルとピアノだけだったそうですが、2nd Stageはパーカッションが加わって、なかなか賑やか。わりとよく耳にするなじみの曲が多くて嬉しい。お客さん8人+店の人2人だけの贅沢なステージでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「空想上洋品店」

劇団ぎゃ。「空想上洋品店」
 日時:2007年2月11日(日)19:00開演
 会場:ぽんプラザホール

 3人芝居。
 彼女たちにとって何がスタンダードなのか良くわかりませんが、とにかくいろ~んなことをやっている人たちです。

 歌って踊って着替えて・・・最初から最後までとっても楽しかった。
 いきなりおまけ特典から再生しちゃう(あー・・・やるよね、そういうこと)DVDの演出や、床に描かれた2つのワンルームマンションの間取りで物語が展開するあたりの演出がうまい(「ドックヴィル」は見てませ~ん)。
 熟女風俗嬢&中国生まれのマネキン人形ナオミちゃん(「ナオミよ~」には笑った)の中村雪絵嬢がチラシ以上にキュート。
 本編に全く関係ない第10回公演記念イベントがヘン。
 よくもまあ、これだけ次から次へといろんなものを思いつくよなぁ。尊敬。

 物語はちょっと物足りない感じはしたけれど、骨組みがしっかりしているので、盛りだくさんな演出にもちゃんと耐えられるだけのものであったと思う。
 早くも公演2週間後に折り込まれた『漂流画報』を読んで改めて考えた。
 ”空想上洋品店”がお届けするのは現代社会に生きる人々の孤独を埋める素敵なお洋服。金髪の有能なデザイナー・ジュディー橋本のデザインした最高のお洋服を、たったひとりで縫い続けるチバさん。お手伝いをしてくれて、話し相手になるのは、マネキン人形のナオミちゃん。だけど、もしかしたらそれは全部、デザイナーになりたいという夢をかなえられず、おうちにひきこもってただ黙々とお洋服を縫い続けるチバさんの妄想だったのかもしれない。 世界が目にするのはひきこもりのチバさんの不満が噴出した大量殺人事件と、皮肉にも事件後に大流行したチバさんのミニスカートという事実だけ。
 盛りだくさんな演出にばかり目がいってしまって、見ている最中はよくわからなかったけど、そんな感じかな?

 チラシ・パンフのアートディレクションがすごく優秀。チケットがまた、かわいい!自作の歌や音楽もかっこいい!堺さんも多才だなぁ。
 受付まわりもすごく凝っていて、ちゃんとみんな衣装を身につけて働いていた。
 照明もうまい。小道具もすごい。総合芸術としての”演劇”として考えて、ものすごく優秀な劇団だと思います。

 駄目押しに、客出しの音楽がアルフィーだった。しかも『メリーアン』。20年以上前の曲だよ・・・。アル中の私としましてはそりゃあもう、過剰に反応してしまいました。続く『星空のディスタンス』で完全にノックアウト。劇団ぎゃ。さん、個人的に評価20%アップです!

 しかし。
 男の人たちはこういう女の子が嫌いですか?通常は女優よりも圧倒的に男優のほうに興味が行く私ですが、彼女たちは本当にかわいいと思う。いえ、客出しにアルフィーをかけてくれるからというわけじゃなくてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「蒼き狼」

「蒼き狼 地果て海尽きるまで」
日時:2007年2月10日(土)19:00開映
会場:都久志会館

 試写会
 出演者ご挨拶つき、ということで、上映前に反町隆史・若村麻由美・池松壮亮(若き日のテムジン)・原作者の森村誠一+プロデューサーの方が登場。

 どうしてこの映画を見たかったかというと、NODA・MAP第1回公演『キル』が、”蒼き狼”の話だったから。井上靖の小説を読み始めてみたものの、すぐに挫折。あれ以来、ずっと気になっていたテムジン=チンギス・ハンの物語。上映前にもらったチラシで、テムジンの人生は『キル』に出てきたテムジンの物語とほぼ同じだとわかった。そんなわけで、頭の中で『キル』がぐるぐるしながら鑑賞。

続きを読む "「蒼き狼」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「それでもボクはやってない」

それでもボクはやってない
 日時:2007年2月4日(日)
 会場:ユナイテッドシネマ

 どうかな~と思っていましたが、大変おもしろかったです。

 エンドロールに権藤昌弘さん(飛ぶ劇場)の名前が。これから見る方は探してみるのもまた一興。

続きを読む "「それでもボクはやってない」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »