« 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」 | トップページ | 「群盲が象をなでながら」 »

「少年ラヂオ」

演劇集団キャラメルボックス「少年ラヂオ」
 日時:2006年11月2日(木)19:00開演
 会場:西鉄ホール

 初めてキャラメルボックスが福岡公演を行ったのは「また会おうと竜馬は言った」@ももちパレス。あのときを彷彿させる、スリルとサスペンス、意外な展開、そしてちゃんとハッピーエンド。この安心感がキャラメルボックスの魅力なんだよなぁ。

 役名が、大牟田・筑紫野・春日・田川・・・など、福岡の地名になっているんですね。ふふふ。福岡の人にとってはちょっぴり嬉しいです。そして、元筑紫野市民の私といたしましては、いやそうでなくても、菅野良一さんなのであります。当日パンフを見て菅野さんが出るとわかって、ひとりでえへへとにやけ、幕が上がればステージ上の菅野さんに釘付け。生スガノさんだぁ~!ああ、あいかわらずで嬉しいです。

 西鉄ホールはメルパルクに比べると3分の1くらいのキャパだと思いますが、とにかく役者さんが近くて嬉しい。キャラメルボックス自体、今ではこの規模のホールでやることは少ないと思う。制作的にはいろいろと苦労されている様子が伺えますが、福岡の人は「熱しやすく冷めやすい」のではなく「おもしろければ見る」し、「有名で派手なものが好き」と申し上げておきましょう。すでに来年は2回来てくださる予定とのこと。今後とも福岡をよろしくお願いします。
 あ、菅野さんもちゃんと連れてきてください!!

|

« 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」 | トップページ | 「群盲が象をなでながら」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「少年ラヂオ」:

« 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」 | トップページ | 「群盲が象をなでながら」 »