« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

「フラガール」

フラガール
 日時:2006年9月30日(土)
 会場:ワーナーマイカル福岡ルクル

 試写会に当たったのに行けませんでした。
 予告編でのしずちゃんのフラダンスもインパクト大でしたが、映画「花とアリス」で、紙コップのトゥシューズで見事なバレエを踊っていた蒼井優ちゃんのダンスが見たくて劇場へ。

 常磐ハワイアンセンターって福島県なんですね。常磐って、なぜだか茨城県だと思ってました。私の頭の中にいったいどうやってその名前が刻み付けられたのか、全くわかりませんが、現在の「スパリゾート・ハワイアン」という名も、はっきり私の頭の中に残っているのです。
 しかし、そこが産炭地であったことは全く知りませんでした。
 ああ、なんだかむしょうに、スパリゾート・ハワイアンに行きたくなりました。

続きを読む "「フラガール」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「噂の男」

パルコプロデュース「噂の男」
 日時:2006年9月16日(土)18:00開演
 会場:メルパルクホール福岡

 話はおもしろくなかった、というか全く私の好みではなかったけど、芸達者な役者ばかりで、まあ楽しめました。
 ネットをうろうろして感想をいくつか拾ってみたところ、奇しくも“「すべての犬は天国へ行く」に似てる”という意見を発見。なるほど、男版「犬」だったかも。

 役者さん。
 橋本さとしさんは、新感線では見たことがなかったけれど、じゅんさんと漫才コンビというのはなんだかちょっとしみじみした。でもまあ、ミュージカルのほうがいいかな。あと、かっこいいけどやっぱりおバカな役のほうが似合いますね。
 八嶋智人さんは、前半は落ち着かない感じでへらへらうろうろしているのに、後半の豹変ぶりがすごい。すごく自分勝手な嫌なやつで、しかし最後はいい目を見ないというのもこの人の持ち味か?
 
 しかし、いちばん素敵なのは橋本じゅんさんである。
 若かりし頃のマネージャーいじめっぷり。後半のずるいぼけじじいっぷり。その傲慢さの裏に、男の哀しさが垣間見えて、2月の「桜飛沫」に続いて、また惚れてしまいました。
 でも、どんなに嫌な男をやっても、なんだかじゅんさんの人のよさとか謙虚さがにじみ出るんだよなぁ。次々に人を殺して、ラストでも過去の殺人を告白するのだけれど、私にはどうしてもじゅんさんがやったとは思えませんでした。いや、本当はさとしさんか堺さんがやったんだよ、と今でも信じてます。
 あと、じゅんさんって天才っていうより努力の人なんだよな。そのあたりも含めて、このキャスティングでこの芝居ってどうだったんだろう。ケラさんだからしょうがないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »