« 「変則リズム」 | トップページ | 「だけど、ほらごらん」 »

「罪と罰と戦争と平和」

バカダミアン「罪と罰と戦争と平和」
 日時:2006年7月15日(土)19:00開演
 会場:青年センター

 上演時間2時間40分。(途中10分休憩あり)長い!けど、500円でこれだけの役者とこれだけの長さの芝居が見られるとは、なんともお得。

 「罪と罰」は野田秀樹の「贋作・罪と罰」を観て原作にチャレンジしたものの、挫折。「戦争と平和」は、どんな話かも知りません。“大地に口づけする”くだりは、野田版罪と罰のクライマックスにもあったので、この辺で「罪と罰」が終わって、あとは「戦争と平和」だったのかなーと思いました。「罪と罰」編?で終わっておいても良かったと思うのですが、タイトルどおりちゃんとつなげようとした重松さんはまじめな方ですね。
 ただ、せっかくここまでがんばって「罪と罰と戦争と平和」をつなげたのに、その向こうに思想というか想いみたいなものが見えなかったのが非常に残念でした。バカをいれこむところまではうまくいってたと思うのですが、たぶんそれじゃ終わらない人たちだと思っているので。

 役者さん。
 ひとり何役も瞬間に演じ分けたりとか、けっこう難しいことを要求されているにもかかわらず、みんなそれぞれうまくて大満足。
 冒頭、高山さんのダンスが少しだけど見られて嬉しい。
 女優さんたちも皆うまい。濱崎留衣さんはロシア人の憂鬱な感じや嘆き悲しむ芝居がとてもあってる。
 三浦としまるさんは座”K2T3のチラシで写真を見たときから絶対好みの役者だと思っていたのですが、はい、好みです。まゆげとおでこが特に。

 「生獣」同様、音楽のセレクトが非常に私好みで楽しい。今回は音楽に乗ってテンポ良く芝居が進む場面が多く、とても楽しかった。ラストは「ロ・ロ・ロシアンルーレット」ですよ。ダーティーペア、好きだったなあ。

|

« 「変則リズム」 | トップページ | 「だけど、ほらごらん」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

私ゃてっきり、オチで『酒と泪と男と女』ネタでも使うかと思ってました。

七五調、実験企画だ後半は。

投稿: マヤK | 2006/07/22 08:00

>マヤKさま
 それは「○と×と△と□」つながりってことでしょうか。あ、タイトルはそこからきてるの?

 七五調もヘンな2ヶ国語も実験とかじゃなくてフツウにありだと思いました。

投稿: SUN CHILD | 2006/07/22 23:24

あと、「カルロスとシキとオメガとライブ」とかねぇ。 ←違う

別にタイトルの由来ってーことはなさそうですけどね。
単に「○と×」式のタイトルを、さらに「と」でつないだら可笑しいよね、くらいの感じがする。
風の谷のナウシカのとなりのトトロ、とか…。

青年センターのあの企画自体が、いつの間にやらタイトルに「実験」の文字が入って。
ふだんやらない実験的なことをやれ、というシリーズになっとるんですね。
バカダミアンは去年の『勉強部屋』で実験賞をもらったそうなので、
あそこで「実験か」「実験だ」とか言い出すのは楽屋オチかも。

そうそう、ラブリーエンジェルズと呼ばないと、ケイとユリに怒られますよw

投稿: マヤK | 2006/07/23 05:11

 西鉄ではども。
 暑中見舞いもありがとでがんす。

>あと、「カルロスとシキとオメガとライブ」とかねぇ。 ←違う
 そう来たらかなりツボだったなあ・・・。てか、たぶん気づかない。

投稿: SUN CHILD | 2006/07/23 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「罪と罰と戦争と平和」:

« 「変則リズム」 | トップページ | 「だけど、ほらごらん」 »