« 「生獣(なまけもの)」 | トップページ | 「嘘つき探偵真実子」 »

ギンギラ太陽's「スーパーマーケット三国志」

ギンギラ太陽's「スーパーマーケット三国志」
 日時:2006年4月30日(日)14:00開演
 会場:西鉄ホール

 開演前にバスやデパートなど、今回登場しないキャラたちとの撮影会あり。
 知ってたらカメラを持っていったんだけどなー。

 ギンギラの何が好きかって、モノが語るモノガタリであるところだ。
 もう最初から泣きっぱなし。
 だって、2年後の私は知っている。ダイエーホークスはソフトバンクホークスになっちゃうし、プレーオフでは2年連続優勝を逃すし、井筒屋は博多駅を追い出されるんだし・・・。ああ、そんなこと言ってるけど、こんなふうになっちゃうんだよ、あんたたち・・・と思いながら、笑って泣いた。
 三国志は全然読んだことがないのだけれど、この物語のように敵と敵が手を組み、時に味方を欺き、天下を取ったり、衰退したりしながら時代が流れていく、というストーリーなんだろうな。
 へええ、と思ったこともすごくいっぱいあった。そもそもユニードが渕上百貨店で、もともとあそこにあったことすら知らなかった。丸和にしても、壁もないような、ほぼ露天の店(←旦過の店のこと)だと思っていたのに・・・。

 衣装とかセットもかなり凝っていた。レジスター布教団の衣装がとてもかわいかったし、セリみたいな仕掛けや、電卓将軍のしょぼい(失礼)隠れ方も、おかしいんだけどちゃんと隠れててgood。

 東京における地方公演!?を経て、役者たちがぐんと成長した感じがした。
 バン役の杉山英美さんは、おばちゃんキャラが多かったけれど、今回は今までと違った表情を見せてくれた。
 個人的に最も嬉しかったのは、シリアスな表情の川口大樹くん。いいなあ。最後はお茶目な寿屋さんで登場してくれたのもよかったなー。

|

« 「生獣(なまけもの)」 | トップページ | 「嘘つき探偵真実子」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギンギラ太陽's「スーパーマーケット三国志」:

« 「生獣(なまけもの)」 | トップページ | 「嘘つき探偵真実子」 »