« 「三鷹の森ジブリ美術館」 | トップページ | 「労働者M」 »

阿佐ヶ谷スパイダース「桜飛沫」

阿佐ヶ谷スパイダース「桜飛沫」
 日時:2006年2月18日(土) 19:00開演
 会場:世田谷パブリックシアター

 いや〜おもしろかった!
 第1部「蟒蛇如(うわばみのごとく)」、第2部「桜飛沫(さくらしぶき)」の2部構成、というよりも2本立て上演という感じ。2部のラストにほんの一瞬、二つの物語が交差する。

 オープニングの映像が、往年の時代劇映画のようでなかなかかっこいい。
 今回の舞台、絵もストーリーもかなり映画的だったと思う。もともと長塚さんは映画がお好きだということですし。

 橋本じゅんさんがめちゃめちゃかっこいい!
 橋本じゅんさんて、轟天シリーズが真髄だと思うのだけれど、素顔はすごくまじめで熱くて釣りをこよなく愛する優しいひとらしい。今回はそんな素のじゅんさんを思わせる医者だった。それでいて、びしっと殺気のオーラが出るの。ほんとに素敵でした。タネじゃなくても惚れます。
 2幕に登場・山本亨さんもぼろぼろになった乞食ジジイなのに、ちゃんと殺気立つんだよね。ああ、確かに強い(強かった)、と思わせる力が十分にあった。オープニングで2人の侍をだましてお金を巻き上げるシーンとか、うまいんだよなあ。ああいう会話の流れで立場がころっと逆転していくあたり、長塚さんの本もうまいと思う。ハチャメチャな設定のなかで、ちゃんと人間ドラマが進行していく。しかもそのドラマが、ちゃんとせりふで流れていく。それでいてちっとも古臭くなく、むしろ時代劇であってもそのドラマは現代的だ。

 タネ役の水野美紀さんは「うざい女」。ちょっぴり身につまされる。
 やっぱり声が好き・伊達暁さん。いい感じにいっちゃってる中山祐一朗さん。長塚さんは役者としてもいいよねー。
 ほかにも、吉本菜穂子さん、猫背椿さん、峯村リエさんなど実力のある役者がずらり、この物語を支える。あ、真木よう子さんもかっこかわいかったです。
 山内圭哉さんは、ううーん、なんか惜しい感じ。もちろんうまいんですけどね。

 そんなわけで全体としてはもう大満足だったのだけれど。
 第一部の蛇の扱いは、日本古来の蛇信仰について知識がないとちょっとつらいかも。私自身大学の一般教養日本史の時間にちょこっと聞いた覚えがあるだけで、それほど詳しいわけではない。一幕ラストの巨大蛇は、1幕の種明かしだったのか(あの村にじゃんじゃん子どもが生まれるのは蛇の仕業だったとか?)あるいは2幕に続くのか、と思わせたが、結局どうつながっていたのかはよくわからなかった。
 2幕では、蛇に対して“桜”が人を狂わせる象徴だったのかな?
 まあ、そんなことどうでもいいです。おもしろかったから。

 1階席から見た方々は、とても見づらかったという感想が多いようだけれど、私は2階の最前列センター近くで観劇したため、とっても見やすかった。北海道にお住まいの方から譲っていただいたチケットだった。手に入っただけでもラッキー。どうもありがとうございました。

|

« 「三鷹の森ジブリ美術館」 | トップページ | 「労働者M」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷スパイダース「桜飛沫」:

« 「三鷹の森ジブリ美術館」 | トップページ | 「労働者M」 »