« 劇団轍WaDaChi公演「福博桜館」 | トップページ | 「三鷹の森ジブリ美術館」 »

あなピグモ捕獲団「ウガルバランス」

あなピグモ捕獲団「ウガルバランス」
 日時:2006年2月17日(金)19:00開演
 会場:阿佐ヶ谷アルシェ

 ちょっぴり懐かしい感じのする、いつものわけわかんない世界(←褒め言葉!)が展開。
 前半はちょっと???な感じだったけれど、後半は面白かった。

 衣装がとにかく素敵。
 黒なんだけど、ヨージ・ヤマモトかコム・デ・ギャルソンみたいな感じで、どれもこれもが着てみたい衣装だった。スカートみたいなボトムスも手が込んでいた。

 役者さん。
 今回は為平さんがセンターを取る。
 役者って、『演じる』技術というのもたぶんあって、でも、それだけではどうにもならない人柄とか、その人が生きてきたなかで身につけてきたものが出てくると思うのね。為平さんは技術的にうまい役者じゃないけれど、彼のまじめさとかやさしさとかひたむきさがよく出ていた。それは彼のひとつの魅力なわけで、これから技術を身につけて、どう化けてくれるのかが楽しみだと思った。
 遠藤咲子さん。私は彼女の気風のいいアネゴっぷりが大好きである。今回はひつじさん。かわいらしい面を見せてくれた。
 増田陽子さんが久々の登場。私は彼女のぼけっぷりも大好きである。あれは天然なのかなぁ。天然なんだろうなぁ。
 石井亜矢さんは怒ると怖い人らしい。ならば彼女のそういう感情の爆発とかパワフルな面も舞台上で見てみたい。
 ゲストの役者陣もそれぞれ楽しい。さらさら前髪をかき上げるしぐさがかっこいい田部くん。陽気な折尾くん。ぬーっとした長野くん。

ここの感想が秀逸。あああ、そうかあ・・・。
 私はどっちかというと不安とか弱さを感じてしまったのだけれど。んでもって、そのネガティブな部分が、私があなぴに強力に惹かれる理由だと思っているのだけど。
 ちきしょー、もいっかい見たくなっちゃったよ。
 次に会える日まで生き延びなくては。

|

« 劇団轍WaDaChi公演「福博桜館」 | トップページ | 「三鷹の森ジブリ美術館」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。
『箱の中身』の木元です。

不安とか弱さは確かに魅力の一つですね。ある人が照れ隠しという風に言ってたのですが、僕の中ではその感じが近い気もします。
ラスト近く、為平さんの「ニッポン」という台詞のあとのスライド。
「その器にいることが許されるのなら」
「魂になりたい」
というのが決意だったんじゃないかなぁと思いました。
そのあとに、
「と、君はそう記した。」
みたいな照れ隠しが続きましたが。

あなピも含め、福岡演劇界が盛り上がってくれたらいいなと思ってます。

投稿: 木元太郎 | 2006/02/24 19:39

いらっしゃいませ<木元太郎 さま
 「照れ隠し」っていうか「あまのじゃく」っていうか「ひねくれてる」っていうか「素直じゃない」っていうか・・・。そんなものに惚れこんでいるじぶんがときどきくやしい。
 くやしいのであなぴなき福岡演劇界を私ががんがん盛り上げてやる~。

 ともあれ、芝居の表向きはどこにも「不安」とか「うがうがする~」とかは関係ないようで、はっきりとあの空間に「不安」や「うがうがする~」を感じてしまったのですね。目に見えているものの間から、騙し絵のように目に見えないものが見えてくる、それがあなピグモ捕獲団の芝居だと思います。
 ま、ほんとはこんなひとことじゃ片付けられないんですけどね。

投稿: SUN CHILD | 2006/02/25 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなピグモ捕獲団「ウガルバランス」:

« 劇団轍WaDaChi公演「福博桜館」 | トップページ | 「三鷹の森ジブリ美術館」 »