« 「博士の愛した数式」 | トップページ | 「オリバー・ツイスト」 »

「屋根の上のバイオリン弾き」

「屋根の上のバイオリン弾き」
 日時:2006年1月26日(木)
 会場:博多座

 たなぼたチケットで観劇。

********************
以前にも書いたが、アル中である。
 アルコール中毒じゃなくてアルフィー中毒!

 現在、お台場と呼ばれる人気観光スポットが“東京湾13号埋立地”と呼ばれていた頃、アルフィーはそこで約10万人を集めるコンサートを行った。とても行きたかったのだけれど、当時は「東京」なんて自分の行ける場所だとは思っていなくて、行かなかった。あとからいろんな映像や書籍を見て、行かなかったことを猛烈に後悔した。

 その1年後、アルフィーは静岡県の日本平という場所で、オールナイトコンサートを行った。もうあんな後悔はしたくない!と、私は親の反対を全く聞き入れず、自分の貯金をおろして新幹線の切符を買い、課外授業をサボって静岡へと向かった。夏の暑さ、時に雨が降り、びしょぬれになりながら歌って踊って泣いて笑って迎えた朝には、遠く朝焼けの中に富士山のシルエットが浮かび、やがてまぶしい朝日が私たちを照らした。手の届きそうなところを雲が流れていた。
 あの日、私の中で確実に何かが変わった。

 それから10日ほどたって迎えた誕生日、一緒にコンサートに行った友人が、小さな手回しオルゴールをくれた。曲目は「サンライズ・サンセット」。ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」のナンバーの中で、最も有名な曲である。

 さて、ここで問題です。友人はなぜ私へのプレゼントに、この曲を選んだのでしょうか。

*******************

 たさかさんが書いている通り、市村正親が屋根の上でバイオリンを弾く話ではなかった。歌ったり踊ったりするより、芝居に重きをおいた大人向けのミュージカルである。客席の大人は、後半鼻をすすりながら見ていた(風邪じゃないと思う)。まあ、思わぬところに嫁に行く娘も親不孝だが、いつまでも嫁に行かずに劇場にばかり通う娘も親不孝である。ごめんよ<うちの親。
 市村正親さんは、「モーツァルト!」で父親役をやっていたのだけれど、そのときは最後まで市村さんと認識できなかった。今回は主役ということで、市村節全開。うまいよなあ。お客さんを存分に楽しませる役者だよねぇ。
 もう一つの楽しみは吉野圭吾さん。彼にはもっと歌って踊ってほしかったなあ。すごく体が切れるんだよね。まあ、いろんなものにチャレンジして、もっともっと幅を広げて活躍してほしい役者さんです。

*******************

 それでは答えです。
 「コンサートタイトルが“SUNSET SUNRISE”だったから」
 びみょーに違うんですが・・・。このオルゴール、当時の思い出の品々と一緒に、今も手元にあります。

|

« 「博士の愛した数式」 | トップページ | 「オリバー・ツイスト」 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

ううむ、SUN CHILDさんはパスか?何故?と思っていただけに、
レビューを楽しみにしています。
テヴィエとラザールの旦那とのやりとりでは、
「あんた実生活ではあっちやろ」と思ってしまいました。

投稿: 中尊寺春彦 | 2006/01/27 00:03

>中尊寺春彦 さま
 えー、実のところ、たなぼたチケットがなかったらパスでした~。

投稿: SUN CHILD | 2006/01/27 23:01

ありゃ、サンちゃんアル中でしたか。
私ゃ『散集詩』の頃、少々たしなみましたが…
というより『無言劇』のあの印象的なフレーズ
♪ミファ#ソラシーレー・ミーレ#ーミーミファ#、
ソーソーファ#ーレー、ミシソーミー
を一所懸命コピーしてました。
(当時の私にゃ、超絶早弾きだったのよ)
『メリーアン』ヒットと入れ替わりに離れたので、
いまだに私の中のアルフィーはTheのつかない、
「畳の上で演奏できるグループ」だったりします。

投稿: マヤK | 2006/01/31 10:54

失敬、「讃」集詩でありました。
フランス語の"Sans Souci "(お気楽者)でしか
憶えてなかったもんで…ぺこぺこ

投稿: マヤK | 2006/01/31 11:14

>マヤKさま
 こりゃまた「讃集詩」とは3むかし前のアルバムですなぁ。"三銃士"とかけてるんですよね。
私は「星空のディスタンス」からですが、幸ちゃん好きなので、四畳半時代?の曲にも好きなのが多いです。「明日なき暴走の果てに」とか「Musician」とか。10代の頃に覚えた曲って、今でもよく覚えてますよね~。たまに車の中でCDをかけたりすると、ひとりで大カラオケ大会!を催すことになります。

投稿: SUN CHILD | 2006/02/01 21:28

> いつまでも嫁に行かずに劇場にばかり通う娘も

あいたたた。
でもそーでもないですよ。
私「おかあさん、わたしが一人だからいつでも遠慮なくうちに電話できてよかったでしょう」
母「うん」
私「おとうさんが病気でわたしがついてたときもダンナの両親に気を遣う必要なくてよかったでしょう」
母「うん」

……ちょっと無理矢理(^^;

投稿: あれ | 2006/02/11 16:22

>あれさん
 今度の週末に上京するんですけど、2泊3日で芝居3本+ジブリ美術館のハードスケジュール?のため、都内から1時間あまりかかる実家には寄らずにホテルステイです。そもそも上京自体が極秘。ごめんよ<うちの親
 都内に住む妹(既婚・DINKS)の家に泊まろうかと思ったのですが、「友達とパリに行くから留守」だと。旦那はどうした、旦那は!
 そんな親不孝な姉妹です・・・。 

投稿: SUN CHILD | 2006/02/11 23:32

あたしも経験あり<大阪まで行って家に寄らずに帰る
浮気と同じで、隠し通すことが肝心。ばれると捨て犬のような顔をされます(ました)。
親のよわいになるといつ何が起こるかわからんので、1時間だけでも帰ってもいいかもよ、でも。無理する必要はないけど。

投稿: あれ | 2006/02/14 15:23

>あれさん
 ううう・・・。
 とりあえず妹に口止め。
 いいんです!盆暮れの休暇にはもれなく帰省して、1週間実家にひきこもって親孝行してるんで。
 ちなみにうちの親と電話で話すのは年に2回くらい。メールが2ヶ月に1回くらい。別に仲が悪いわけじゃないんですが、

投稿: SUN CHILD | 2006/02/14 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「屋根の上のバイオリン弾き」:

« 「博士の愛した数式」 | トップページ | 「オリバー・ツイスト」 »