« 花組芝居「泉鏡花の草迷宮」 | トップページ | 【速報】清和文楽邑「壷坂寺霊験記 山の段」 »

あなざーわーくす「体験型☆ロミオとジュリエット」

あなざーわーくす「体験型★ロミオとジュリエット」
 日時:2005年10月29日(土)16:30開演
 会場:北九州芸術劇場稽古場(創造工房内)

  この芝居の観客席には参加・体験ができる「貴族席」と普通の観覧席「王族席」の2種類がある。当日は、貴族20名くらい、王族5名くらいだった。私は貴族席で鑑賞(参加?)

  まず、貴族たちは控えの席(荷物を置いたりしておく、普通の椅子)で、役者さんたちの前説?を聞く。
 「私たちは~飛行機で来たんですけれども~、照明さんがっ!船に乗ってしまいまして!まだ着いてません!」「明日も間に合わないと思いますっ!」というわけで、「暗転(手で目隠しする)」「明転(手をはずす)」の練習。などなど。

 ブルーシートに開いた直径2メートルくらいの穴。これが舞台。
 20名ほどの「貴族」たちは円形の舞台の周りのブルーシートに座る。
 座布団をお尻に「装着」して、踊ったり、拍手をしたり、いろいろ練習。
 そんななか、突然、お芝居が始まる。
 3人の役者さんたちは、ロミオになったりジュリエットになったり、乳母になったり、マキューシオになったり、ティボルトになったり・・・。パリス伯は蛙の指人形だったり。

 まともに演じれば3時間くらいの長さになる「ロミオとジュリエット」こんなことばっかりやってて終わるのか?と思ったけれど、我々貴族たちは、踊ったり、舞台装置になったり、手拍子をしたり、玉入れをしたりしながらも、物語はとんとん拍子に進み、約80分の上演時間はあっという間に終了。

 今年の2月に見た蜷川演出の「ロミオとジュリエット」の感想に私は「ひとつとして無駄なせりふがない」と書いたけれど、たった80分、踊ったり玉入れしたりしながらでもこの物語の本質は十分に伝わる。恐るべしシェイクスピア。
 悲劇だからもちろんロミオとジュリエットは死ぬんだけども、そのあとにもうひとつ。大団円。役者さんたちはみんな神戸の出身ということだったけれど、なるほど懐かしの少女向けギャグ漫画を読んでいるような小気味良い感じは、なかなか関西チックで楽しゅうございました。個人的には冒頭のジュリエット@バースデーパーティーのはじけっぷりが大変気に入りましたです。

|

« 花組芝居「泉鏡花の草迷宮」 | トップページ | 【速報】清和文楽邑「壷坂寺霊験記 山の段」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなざーわーくす「体験型☆ロミオとジュリエット」:

« 花組芝居「泉鏡花の草迷宮」 | トップページ | 【速報】清和文楽邑「壷坂寺霊験記 山の段」 »