« なぜ書くのか(2) | トップページ | あなピグモ捕獲団「服部の城」 »

G2produce「おじいちゃんの夏」

G2produce Summer Special「おじいちゃんの夏」
日時:2005年8月5日(金)18:00開演
場所:北九州芸術劇場小劇場

 最初にいっておくと、私はG2さんが苦手である。いつもどこかでかちんときてしまう。例えるならば、あさりバターをおいしく食べているときに、砂を噛んでしまったような。
 客席にはけっこうたくさんの子どもがいたけれど、これは子どもに見せたくない芝居だな~と思った。なんだか大人が自分たちのずるさを言い訳しているだけみたいで。子どもにはいいところだけ見せておけとか、世の中のダークサイドは見せるなとか思っているわけではないけど。自分はこんなものにほっとしてしまう大人ではいたくないと思う。

 だから普段はあさりバターは食べない。G2さんの芝居も見に行かない。それでも今回私が劇場に足を運んだ理由は役者・小須田康人さん見たさゆえにである。
 スター性があるわけじゃないんだけど、うまい。おもしろいし。やっぱり見たくなってしまう。この前「その河をこえて、五月」で在日韓国人を演っていたけれど、同じ人とは思えないじじいっぷり。まあ、テンションの高いじじいってのは小須田さんの持ちネタ?だと思うのですが。
 ところで、小沢真珠さん。上手じゃないけどきれいだよねぇ。大きな瞳と白い肌。華奢だけどグラマー。デビュー当時、あまり女に興味なさそうな友人(男)が「小沢真珠の体型は実に俺好みだ!」としきりに言っていたことを思い出しました。

|

« なぜ書くのか(2) | トップページ | あなピグモ捕獲団「服部の城」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G2produce「おじいちゃんの夏」:

« なぜ書くのか(2) | トップページ | あなピグモ捕獲団「服部の城」 »