« 子供のためのシェイクスピアカンパニー「尺には尺を」 | トップページ | なぜ書くのか(1) »

有門正太郎プレゼンツ「ジョハキュー」

有門正太郎プレゼンツ「ジョハキュー~九州一大コラボレーション~」
 日時:2005年7月31日(日) 18:00開演
 場所:スミックスホールESTA(ホワイエ)

 

 北部九州の若手脚本家たちが脚本を書き、飛ぶ劇場の有門正太郎が演出。出演は飛ぶ劇場の役者たちで贈る豪華コントオムニバス集。

 

 思えば私が初めて飛ぶ劇場を見たのは「うっかり博士の異常な愛情」という別冊増刊公演で、オムニバスショートコント公演だった。今思えばおもしろくなかったことはないと思うのだけれど、北九州にやってきてはじめて観た芝居が、劇場ではなく門司港のレトロな建物の中で行われたこの公演だったということで、「ああ、北九州ではシェイクスピアなんか見られないのね・・・」とちょっとだけ悲しかった覚えがある。しかし、この出会いがなければ私は飛ぶ劇場を知らずにいたわけで、連れて行ってくれた元同僚には大感謝である。今では北九州でシェイクスピアを見ることだってできる。いやー人生!?わかんないもんですね。

 

 私はお笑いとか下ネタとかいうものがあまり好きではないので、普段はほとんど見に行かないのだけれど、今回は居並ぶ脚本家の面々と飛ぶ劇場の役者見たさに出かけていった。まず笑ったのは案内係から駐車場係までみんなチラシのあの格好。(←あの格好と公演の内容はあまり関係ない、と思う)
 本編はといえば、とにかく役者たちの頑張りがすごい。徹底して本気である。各脚本家に与えられたお題は「夢」。なんでもありの好き勝手に書かれた脚本を、ごまかすことなく真っ向から取り組んだ役者たちに大拍手。逆にいえば、多少つまんない脚本でも役者たちの力でおもしろくできるということを証明していたようにも思えた。これでまた飛ぶ劇場の役者たちは大きくなった。これがきっと本公演に生かされていくのだ。
 各作品間にさしはさまれる映像も、作品紹介と広告主の宣伝を兼ねていて、まさにCM。ものすごくチープなんだけど、そこがまた不思議といい感じ。
 一方で飛ぶ劇場の次回公演「IRON」の情宣映像はすごいです。必見。

 

 来週はぽんプラザで福岡公演です。

 

|

« 子供のためのシェイクスピアカンパニー「尺には尺を」 | トップページ | なぜ書くのか(1) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

はいはい、観ました!「ジョハキュー」
このわけわかんない題名が頭を離れず。
千秋楽を観れました(^^)
もう笑ったですよ。なんの疑いもなく。
豪華な作品だな~と思いつつ・・・でも席が空いてたのが残念!!映像よかったけど
北九州ってやっぱりこうして見ると遠いですね。中洲なら食べに行くのに!!って(;;)夕食抜きで行ったからおなかグーグーなってしまった(^^;;「IRON」も行かずにはおれんじゃろ。。。
明日は「ラスト5イヤーズ」いきます。♪

投稿: Ishida | 2005/08/08 20:11

>Ishidaさま
 「ジョハキュー」楽しまれたようで何よりです。私の感想はtaniseさんと大体おんなじでした。見たって事を10年後に自慢できる公演になると思います。

http://t-etc.net/blog/archives/001080.html

投稿: SUN CHILD@実家 | 2005/08/10 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有門正太郎プレゼンツ「ジョハキュー」:

« 子供のためのシェイクスピアカンパニー「尺には尺を」 | トップページ | なぜ書くのか(1) »