« 熊本市現代美術館 | トップページ | 劇団・太陽族「砂の絵の具」 »

パルコ+サードステージPresents「お父さんの恋」

パルコ+サードステージPresents「お父さんの恋」
 日時:2005年3月30日(水)19:30開演
 会場:福岡サンパレス

 引越した。
 手伝いに両親を呼びつけた。年金&アルバイト暮らしの両親は、「安いから」という理由で、朝8時に福岡に着く飛行機で1000キロの距離をやってきた。着いたそばから休むまもなく片付け、掃除をした。私はうろうろと、粗大ゴミを捨てに行ったり、コンピュータを梱包したりするだけだった。
 3月30日、私が仕事に行っている間に、両親は新しい部屋を片付け、様々なものを買い込んで並べてくれていた。「何でこんなものまで買ってきたわけ!?」とけんかになった。夕方、両親の旧友の家で一緒に夕食をいただき、青春18切符を片手に夜のムーンライト九州号で帰路に着く両親を残して、わたしはひとり福岡サンパレスに向かった。ちょっと泣きそうになりながら。

 地震のため、会場をももちパレスから、福岡サンパレスに、2日間の日程を1日に変更してのこの公演。
 中谷まゆみさんの脚本は、誰もが抱える光と闇の部分を、時に笑いを交えながら見せてくれる。
 いつもぼろぼろに泣かされてしまうのだが、今回もやっぱりそうだった。
 寝たきりの父親。それぞれにわけありの子どもたち、介護人、医者。
 それぞれの事情、それぞれの想いに、最初から最後まで、涙が止まらなかった。

 1000キロの距離を離れて暮らす両親が、寝たきりになったりしたらどうするのかな。
 私もきっと周囲から見れば、好き勝手なことばかりしている親不孝者で。うーん・・・これでも結構親孝行してるつもりなんだけど。
 親子であること、家族であることは変えられず、そこには確実に血のつながりやある時間を共に過ごしたからこそある暖かさと確かな関係がある。でも結局のところ、家族であろうと他人であろうと、どれだけ人を想うことができるか、それが一番大切な気がする。だって、夫婦は血はつながっていない、他人なんだから。
 
 もうひとつ。
 人はいつでも、何度でも、人生をリセットできる。
 引越しをする。職場を変える。離婚する。結婚する。人の家に忍び込む。大学再入学。化粧する。ピアスをあける・・・。
 リセットボタンを押すことは、時につらいことでもあるけれど、ボタンを押したあとに今までよりも楽になれるのならば、押してみるのもいい。押しても楽にならなかったなら、また押せばいい。

 そんなわけで、私もリセットボタンを押してみた、春です。

|

« 熊本市現代美術館 | トップページ | 劇団・太陽族「砂の絵の具」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パルコ+サードステージPresents「お父さんの恋」:

« 熊本市現代美術館 | トップページ | 劇団・太陽族「砂の絵の具」 »