ごぶさたしています

 新型コロナウィルスの影響で演劇公演がどんどん中止になり、映画館も閉鎖され、時間はたっぷりあるのに、主に芝居や映画の感想を書くためのこのblogに書くことがなくなってしまった。この間、ほぼ自宅で家事をしたり、ぼんやりしたり、録画したテレビ番組を見たり、本を読んだり、インターネットで配信される芝居の映像や読み合わせ配信を見たりしていた。緊急事態宣言は解除されても、相変わらず演劇公演中止のニュースは続いており、映画館はオープンしたものの、職場から引き続き外出自粛を求められていることもあり、しばらくは自宅で巣ごもりの日々が続きそうだ。

 緊急事態宣言期間中、ネット上ではいろんな”バトン”が流行していたが、その中の一つ「7日間ブックカバーチャレンジ」をやってみた。内容には触れずに、本の表紙の写真を公開するだけ。内容に触れられないなんて、なんてつまらないんだ!と思ったけれど、とりあえず内容とはほとんど関係ない好き勝手な文章とともに、家に積み上げられている本の表紙を紹介するだけというのは、思いのほか楽しかった。

 本を読むのは好きで、たくさんとは言えないまでも、それなりに読んでるほうだと思う。けれどもこれまでこのblogに読んだ本の感想を書かなかったのは、暇つぶしや仕事のために手当たり次第に読んでいるため、きりがないし、つまらないものや内容が全く頭に入らず感想を書くに至らないものも多いからだ。あと、本って形があるから、あとで見返せばいいかと思ってしまうのかもしれない。その結果、最近では読んだものの全く内容を覚えておらず、挙句の果てに同じ本をまた購入して、途中ぐらいにようやく「なんか読んだことあるような気がする」と思う事態が発生。それで、最近になってようやくテクノロジーの力を借りて、読んだ本の記録をつけるようになった。

 どうせ記録するならこっちに載せてもいいんじゃないの?というわけで、読んだ本の記録とか、配信で観た芝居の記録とかもちょこちょこ載せてみようと思う。感想は、あんまり詳しく書かないと思う(というより、本に関しては読んだという記録だけになる可能性大)けど、よかったらたまに見に来てください。

| | コメント (0)

「文豪どうかしてる逸話集」

進士素丸「文豪どうかしてる逸話集」,KADOKAWA

文豪どうかしてる逸話集

 文豪たちの”どうかしてる”逸話を集めた本。twitterでいくつかのエピソードを見かけて爆笑し、読んでみた。太宰治、夏目漱石、尾崎紅葉&幸田露伴、谷崎潤一郎、菊池寛を中心に、それぞれの作家の交友関係に登場する作家たちの、冗談としか思えない”どうかしてる”エピソードが次々に語られる。面白おかしく書かれているけれど、作品や手紙など、ちゃんとした資料をもとに書かれているみたい。

 高校時代、暇な時間に国語便覧めくり、文学史のテストで満点目指して文豪の名前や作品名を必死に覚えたが、この人とこの人って同時代の人なんだーとか、この人とこの人は友達だったんだーとか、この人たちって歴史上の人物だと思ってたけど、つい最近の人たちじゃん…とか思う。今の高校生も、国語便覧に載っている作家はみんな歴史上の人物だと思ってるんだろなぁ…。まだ生きてる人も載ってるけど。

 あわせて、登場する作家の代表的な作品も紹介されているのだが、あんなに必死で作品名を覚えたのに、その作品をほとんど読んでないことに改めて気付き、めちゃくちゃ読みたくなっている。青空文庫にアップされている作品も多く、スマホやタブレットでも読めるんだけど、やっぱり紙で読みたい私は昭和の人間。

| | コメント (0)

「シュカシュカ」

あひるなんちゃら「シュカシュカ」

 日時:2020年5月30日(土)19:00

 

 あひるなんちゃらが、9月に行われる公演の配信を目指して課題を洗い出すために過去作品を無料で配信。

 あひるなんちゃらにはいつも素敵な公演案内を送っていただくのだけれど、公演は東京でしかやってないので、なかなか見に行けない。こういった形でも見られるのはうれしい。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「ヴィオラ母さん」

ヤマザキマリ「ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ

img_284eea203a28ec05ce06cd42246634b21071434.jpg (480×694)

 「テルマエ・ロマエ」で有名な漫画家・ヤマザキマリさんが、お母さんについて書いたエッセイ。ヤマザキさんが17歳で高校を中退してイタリアの美術学校へ行ったのも、音楽家だった母親の勧めだったという話は何度も読んだことがあるけれど、そんなお母さんのエピソードが、彼女の生い立ちから書かれている。

 漫画では、眼光鋭いものすごいオニババみたいに描かれているけれど、表紙も含め写真のリョウコさんはどれもかわいらしいお嬢様で、このかわいらしいお嬢様からは想像もつかないエピソードが山盛り。まぁでも。リョウコさんは私の伯母たちと同世代で、伯母たちは総じてみんなこんな感じなので、わからないでもないなぁと思った。”良妻賢母”がよしというのは表向きの価値観を押し付けられていただけで、いつの時代にもそれはそれとして自由奔放に生きていた女性は意外とたくさんいたのかもしれないなと思わされた。

| | コメント (0)

「39年の感謝を込めて、リクエスト大作戦!」

スターダスト⭐︎レビュー ソーシャルディスタンス⭐︎アコースティックライブ

「39年の感謝をこめて、リクエスト大作戦!」

 日時:2020年5/24(日)20:00

 

 スターダスト・レビューを聞くようになったきっかけは、アカペラアルバム”CHARMING"だったと思う。当時、”アカペラ”というものを友達が教えてくれて、一緒に斉藤由貴の「土曜日の玉ねぎ」とか山下達郎の「So much in love」をコピーしていた。その流れで知ったのだと思う。

 その数年後、アルバム「RENDEZVOUS」が発売されたとき、大宮駅の駅ビルにあるイベントホールでアルバム発売記念イベントがあり、入場券をゲットして妹と一緒に行った。会場には柿沼さんと寺田さんがいらして、トークイベントがあった。

 私にとってのスタレビはそんなものだ。むしろ妹の方がしばらくスタレビにはまっていて、特に当時のキーボード・三谷さんがお気に入りだったらしく、うちにはesqのカセットテープもあった。

 

 コロナで自粛が続く中、スタレビの皆さんはメンバーがリモートで「シュガーはお年頃」を演奏する動画を配信。そして、デビュー40周年記念日の前日となる日に、メンバーがスタジオでソーシャルディスタンスを取りながら演奏する様子を生配信。気づいたらもう始まっていて、20分くらい遅れて視聴。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「Macbeth」

Macbeth

 日時:2020年5月24日(日)

 

 新型コロナウィルスの影響で劇場が閉鎖される中、たくさんの演劇公演がインターネット配信によって見られるようになっている。それらをまとめたサイトもあって、たまたまShakespeare's Globeの公演が、期間限定(イギリスの学校が休校の間)で無料で観られることを知った。マクベスならだいたい話を知ってるし、1時間半くらいだから英語でも大丈夫だろう(字幕もあるし)ということで、視聴。

 

 

 

 

 

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

ブレイディみかこ「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

 本屋さんに鮮やかな黄色い表紙が積み上げられているのを見た時から気にはなっていたのだけれど、作者・ブレイディみかこさんが鴻上尚史さんと対談した番組を見ていたら、ちょうど仕事で扱う予定のempathyの話が出てきたので、これは読まなきゃいけないなぁと思った。でも、買うほどでもないかなぁと思い(我が家にはただでさえ本があふれかえっており、捨てられないたちの私は、なるべく本を増やさないようにしている、つもり)と思って、図書館へ行ってみた。しかし、図書館に見当たらず、そのまま1か月くらい放置していた。

 数日前、同僚と雑談していたら、同僚が「その本読んだよ。ここ数年で最高のヒットだった」というので、それはやっぱり読まなきゃいかんなと思って、結局買った。

 イギリスという国は、私にとって憧れの国で、だけどこの本を読んだり、コロナ騒動の対応を見たり聞いたりしていると、どこの国もいいところもあるしそうでないところもあるんだなぁと痛感した。それにしてもブレイディみかこさんちの息子はなんて素敵な奴なんだ!どうやったらそんな素敵な子どもが育つのか教えて欲しい。

| | コメント (0)

「60’s エレジー」

劇団チョコレートケーキ「60's エレジー」

 日時:2020年5月10日(日)

 

 公開最終日ということなので、もう1本見ることにする。暇だし。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「治天ノ君」

劇団チョコレートケーキ「治天ノ君」

 日時:2020年5月10日(日)

 

 劇団チョコレートケーキは、昨年福岡で上演された「ドキュメンタリー」で初めて観た。その骨太の作品に、うならされた。

 その劇団チョコレートケーキが過去作品の記録映像を期間限定で配信。観た人たちからおすすめされたので、最終日に慌ててみることにした。暇だし。

 「ドキュメンタリー」に関係あると聞いて「遺産」を観始めたのだが…20分ほどで挫折。この話はNODA・MAPの「エッグ」の時にだいぶ勉強したので(いや、違う話かもしれないけど)、もう勘弁してください…。もっと元気な時にまた勉強しますから…というわけで、「治天ノ君」にする。こちらも資料に丁寧に当たって作り上げたと思われる作品。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「ワンダーガーデン」

四獣×玉造小劇店「ワンダーガーデン」(2012)

 日時:2020年5月9日(土)

 

 花組芝居の同期4人(桂憲一・八代進一・植本純米・大井靖彦)が、劇団在籍20周年を機に結成したユニットが四獣(スーショウ)。

 私が初めて花組芝居を観たのは、1994年の「定本いろは四谷怪談」だった。その少し前に、グローブ座・カンパニーの「間違いの喜劇」に出演されていた加納幸和さんの美脚に「この人は、女性?じゃなくて男性?ええ~っ!」と衝撃を受けて興味を持ち、観に行ったと記憶している。4人ともこの公演に出演してらして、それぞれ印象に残っている。特にお梅を演じた植本潤(当時)さんのキュートないでたちにぶっ飛んだ登場のインパクトは半端なく、その後何度四谷怪談を見ても「ああ、お梅ってあのイカレタお嬢さんだよね」と思ってしまうし、ほぼ全裸で白鳥の湖を踊る姿が衝撃的だった大井靖彦さん@小仏小平にはその後なかなかお目にかかれれず、どうしているかしらと気になっていた。

 数年前、この4人が「ワンダーガーデン」というお芝居をやるということを知り、是非観たい!と思った。けれど、大阪の小さな小屋で行われたその公演のチケットはあっという間に売り切れで、観に行くことはできなかった。

 新型コロナの影響で演劇公演が次々と中止になる中、GWに期間限定で観たかったこの芝居がインターネットで配信されるという。どうせ暇だし、見よう!

» 続きを読む

| | コメント (0)

「12人の優しい日本人を読む会」

「12人の優しい日本人を読む会~よう久しぶり!オンラインで繋がろうぜ」

 日時:2020年5月6日(水)14:00(前編)

             18:00(後編)

 

 三谷幸喜作の戯曲を、東京サンシャインボーイズの役者たちを中心にリーディングし、無料配信。

 上演も映画も観ておらず、そもそも東京サンシャインボーイズをリアルタイムで観ていないので、そんなに思い入れもないのですが、あまりにも周囲が盛り上がっていたので、これは観ておくべきなんだろうなということで。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「スカイスクレイパー」

関村個人企画「スカイスクレイパー」

 日時:2020年5月4日(祝)18:00

 

 2018年7月に福岡で上演された、あひるなんちゃらの関村さんの個人企画公演の映像をツイキャスで無料配信。福岡で上演された芝居なので、当然私は劇場で観た。観たけど、おもしろかったのでまた見た。今回はチャットをオフにして、映像オンリーを楽しんだ。

 

 終了後、その後、出演者の鈴木さんと堀くんと関村さんがzoomでつないでだらだらと飲む様子を配信するアフタートーク?あり。

 誰にも会わず、ずーっと家に閉じこもっていたので、だらだらとチャットでおしゃべりさせてもらって、本当に楽しかった。

| | コメント (0)

「ラグランジュブランチ」

関村個人企画「ラグランジュブランチ」

 日時:2020年4月12日(日)14:00開演

 会場:うち

 

 昨年12月に福岡で上演されたあひるなんちゃら・関村俊一さんの新作短編芝居が東京でも上演されることになった。しかし、新型コロナウィルスの影響で無観客生配信に。500円。一度見た芝居だけど、”無観客生配信”という企画がおもしろそうだったので、観ることにした。

 ツイキャスというシステムを使って、劇場(といっても、小さなスペース。冷泉荘くらい?)の様子をライブ配信。途中ちょっと回線が不安定になって映像が途切れることもあったけれど、特に問題あるレベルではなかった(あとから別の回の公演のアーカイブも見られるように配慮があった)。あと、配信を観ながらチャットできる。普段はこういう映像を見るときには集中したいからチャットはオフにするんだけど、今回は観たことがある芝居だったので、あえてチャットをオンにして観た。これはこれで楽しかった。終演後は拍手したり花火上げたりできるのも楽しかった。

 

 最近は集中力がなく、映像の芝居を集中して最後まで見ることができなくなっているのだけれど、ライブというのは(あとでアーカイブを見直せるにしろ)テンション上がるなーという気がした。ちょっとトラブルあるくらいが生っぽくていい。あと、ライブを観ながらチャットできるのは、集中して観るお芝居だとないなと思うけど、関村さんが書くゆるい感じの芝居ならありだなと思った。

 劇場において、舞台と観客の間に交流はないようでいて実はあるのだとおもうけれど、このようなライブ配信においても劇場に行くのとは違う意味の、舞台と観客の交流があるのかもしれない、それはコロナ時代の新しい舞台芸術のありかたのヒントになるのかもしれない。

 

 演劇のDVD等を購入する人は、その公演を観た人が圧倒的に多いと聞いたことがある。わかる。私も、観た作品は映像で観るけど、観てない作品はなかなか観ない。最後まで見られない。そう考えると、今後舞台の生配信(ライブビューイング)とかはもっと行われてもいいのかなと思う。特に、超人気公演とかは、観に行きたくてもチケットが手に入らなかったり、地方に住んでいて行きたくても行けなかったりする人たちにとっては本当にありがたい。まぁ、クオリティの高い映像で見せようと思ったらお金もかかるんだろうね。今後劇場にそういう設備が整えばよいのだろうけれど、現在劇場はそれ以前に全然公演が打てなくて大赤字だろうからなぁ…。

| | コメント (0)

「パラサイト~半地下の家族」

「パラサイト~半地下の家族」

 日時:2020年3月23日(月)

 会場:ユナイテッドシネマ福岡

 

 公開当初からかなり話題になっていて、観たいと思っていた。上映館は中洲大洋かKBCシネマ。でなければトリアス久山。どこで観るかなぁと思っているうちに上映回が減り、やばいと思っていたらアカデミー賞を取って上映館が増えた。ならばしばらくはやってるだろうとのんびり構えていたが、このままのんびりしてたらまた仕事が忙しくなるぞと思って、平日定時に職場を脱出して映画館へ。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「ポイズンゼファー」

南無サンダー「ポイズンゼファー」

 日時:2020年3月21日(土)16:00開演

 会場:箱崎駅東口特設テント

 

 「新聞記者」を見終えたのが14時半ごろ。しばらくぶらぶらしていたが、ここまで来たならもう南無サンダー観に行くか。箱崎までの所要時間はおよそ30分。おっと、のんびりしてたらぎりぎりだ!

 

 会場の箱崎駅東口に着いたのは15時50分ごろ。おなじみのテントが、大きくてなんだかしっかりしたものになってる⁉

 入口まで行ってみたら”開演中”の札が下がっていて、中から歌声が聞こえてくる。え?もう始まってる?また遅刻?と思ったら、前座だったらしい。「どうぞお入りください~」と言われて、中へ。

 中にはけっこうたくさんの人と、テレビカメラがいた。

 BBBという2人組のバンドの人が、ギターを弾きながら歌っていた。

 

 16時になり、恒例の安部さんによるエッサッサで開演。エッサッサの声が駅舎に反射するのか、とてもよく響く。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«「新聞記者」