「この星を出る」

あなピグモ捕獲団 EARLY SUMMER 2019 MEETS THE SESSION #03 

「この星を出る」

 日時:2019年6月15日(土)19:00開演

 会場:ぽんプラザホール

 

 Meets the sessionシリーズ第3弾は、サン・テグジュペリの「星の王子さま」をモチーフに。

 「星の王子さま」は、何度か原作にチャレンジしてはその度に挫折。アニメの「星の王子さま」を見ていた記憶はあるけれど、内容は全く覚えていなくて、頭に残っているのは主題歌の最後の部分「星の~おーじさま~」というフレーズのみ。劇団きららでも上演してたような気がする。見たような気がする…全然覚えてない…。というくらいに、原作に全く思い入れのない状態で観劇。

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「らぶゆ」

KAKUTA「らぶゆ」

 日時:2019年6月9日(日)13:00開演

 会場:本多劇場

 

 KAKUTAが2年半ぶりに再始動し、本多劇場で公演。しかも小須田康人さんがご出演!観たい!絶対観たい!

 月曜日が仕事休みで、ちょうど実家に帰らないといけないなぁと思っていたタイミングだったので、すかさず楽日のチケットを予約。前方席でがっつり観劇できた。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「春の乱」

Best Hit Alfee 2019 45th Anniversary「春の乱」

 日時:2019年5月18日(土)18:00開演

 会場:福岡サンパレスホテル&ホール 

 

 どういうわけか、毎年クロサイ@扇貝とアルコン@福岡サンパレスホテル&ホールは同じ週末だ。下手すると秋ツアーもクロサイの公演と被ることもある。そういうわけで、私は毎年5月の第3週末(ぐらい)に、2日続けてサンパレスに通う羽目になる。今年はヒカリノオトも被ってるし、アルコンのチケットが土曜日だったので、土曜日にサンパレスはしごすることにした。

 

 クロサイの開演時にすでに並んでいた列は、終演時にはホール裏の道路まで伸びていた。私はそんなに並ぶ根性はないので、お茶しにベイサイドへ。しかし、ベイサイドにはおそろいの黒いTシャツにハーフパンツ&スパッツといういでたちの方々がぞろぞろと向かっていく。なにこれ…もしかしてマリンメッセの人たち?

 知らないバンド?でしたが、夏の野外フェスに出かけるような格好の方々が多かった。フェスとかによく出るバンドなのかな?

 

 ベイサイドは船を待つ人たちも多くて混雑していたので、あきらめて国際会議場のレストランへ行き、ガトーショコラ(フリードリンク付き)を頂いた。とても美味しかった。こちらは私と同年代のお姉さん方が多かった。たぶん18時からサンパレスの大ホールで一緒にフィーバーする方々であろう。一人でケーキ食べてたら、「○○ちゃん!」って、知らない人から声をかけられた。仲間だと思われたのだろう。いやまあ、仲間ですけど。

 

 開場時間にホール入り口に向かうと、さらに長蛇の列!ナニコレ…。入場の列はホールを1周しそうな勢いだった。これなら国際会議場の前で列に合流すべきだったと思うくらい。ようやく会場内に入ると、グッズ売り場に長蛇の列!今までこんなに並んでたことないよ…。ご当地限定グッズはピンバッヂだったか…。買おうかとも思うがこの列に並ぶのはやだなぁ…。売り切れかもしれないし。ちなみに2階のトイレはがら空きで誰も並んでなかった。

 

 今回は2階席(T_T)。ホール内に入ってびっくり、立ち見の人がいる!ということは、3階席まで満席!どうりで長蛇の列だ。どうしたTHE ALFEE…。何があったんだ?

» 続きを読む

| | コメント (0)

「笑う男」

笑う男~The Eternal Love 永遠の愛

 日時:2019年5月25日(土)18:00開演

 会場:アルモニーサンク北九州ソレイユホール

 

 前から好きだったけど、メタマクで完全に浦井健治さんにノックアウトされてしまった。浦井さんの今年の舞台の予定は、「笑う男」「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」「ビッグフィッシュ」の3本。うち、2本は福岡(北九州)に来てくれる!ブラボー!

 

 残念ながら、手に入れたチケットは1階後方。まぁしょうがない。

 会場内に入ると、オーケストラピットがある!そうか、ミュージカルか。生演奏に豪華な衣装の本格ミュージカル、久しぶりだなぁ…。

 開演前、隣の隣の席に元同僚がやってきた。久しぶり~と挨拶してたら、隣の人が席を替わってくれた。

 ありがとうございました。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「メメントモリ」

あなピグモ捕獲団「メメントモリ」

 日時:2019年3月30日(日)16:00開演

 会場:ぽんプラザホール

 

 あなピグモ捕獲団2019年の第一弾は、ANOTHER-SIDEと銘打たれた番外公演。”三姉妹”とも呼ばれる 石井亜矢・遠藤咲子・増田陽子 の3人の女優を中心にした、死を思い生を想う小作品。
 楽しかった。今まであったようでなかった、でもとてもあなぴらしいステージ。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「30祭」

「30祭 凱旋」

 日時:2019年3月30日(土)

 会場:イムズプラザ・三菱地所アルティアム

 

 昨年、大人計画の30周年を記念して東京・青山のスパイラルで開催された「30祭(SANJYUSSAI)」が、イムズの30周年を記念して福岡にやってくる!というわけで、前々から楽しみにしていたにもかかわらず、日々の忙しさにかまけて前売り券を買いそびれ、ようやく購入した日は初日で、当日料金になっていた…_| ̄|○

 

 3月20日に行われた松尾スズキさんのトーク「なんとかここまで起訴されず」も、前売り券は売り切れで、大人計画&松尾スズキってそんなに人気なの⁉と驚く。

 私が大人計画を初めて観たのは1997年の『生きてるし死んでるし』だった。たぶん松尾さんが岸田戯曲賞を取った後で、あちこちから「おもしろい」という噂を聞き、本多劇場で寒空の下2時間くらい当日券に並んで観た。客席は満席で、みんなゲラゲラ笑ってたけど、わたしにはどこがおもしろいのか全く分からなかった。

 その後、福岡(確か中央公民館)で『マシーン日記』を見て、なんとなく面白いかもと思うようになり、気付いたら松尾ワールドにはまっていた。松尾さんの劇世界は、毒々しくて過激な一方で、どこか愛が溢れているように思う。野田地図の『パンドラの鐘』や『農業少女』で観た役者・松尾スズキは、おもしろい動きも含めて非常にレベルが高くて、惚れた。

 しかし、大人計画はアンダーグラウンドなマイナー劇団だと思っていたのに、気づけばクドカンはNHK朝ドラからの大河ドラマの脚本を書き、松尾スズキさんだって今や大河俳優だ。星野源は俳優として歌手として大人気だし、阿部サダヲや荒川良々もよくテレビで見かける。…そうか、大人計画はいつの間にかメジャーになっていたのか…。

 

 前の週に、北九州に行く前に寄ろうと思っていたのだけれど、のんびりお買い物をしていたら思った以上に荷物が大きくなり、ゆっくり見るには微妙な時間になってしまった。2会場あるし、ゆっくり見たいなぁと思ってあなぴ前にイムズへ。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「ゴッホ・カルテット」

砂漠の黒ネコ企画「ゴッホ・カルテット」

 日時:2019年3月24日(日)18:00開演

 会場:枝光本町アイアンシアター

 

 知らない団体さん。ですが、ゴッホの自画像があしらわれたチラシ、出演者4人が全員ゴッホ、さらに演じるのは福岡の若手演劇男子ということで、気になって観に行った。しかも、遠方割ということで1000円だった。太っ腹!

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「地球ブルース」

不思議少年「地球ブルース」

 日時:2019年3月23日(土)14:00開演

 会場:早川倉庫

 

 不思議少年の大迫さんのメガネ男子っぷりがすごく好きなんだけど、初めて観たのはいつだったっけ?とさかのぼってみたら、2012年の劇団ぎゃ『夜中のチョコレート』だったらしい。その後、2015年の『棘』で初めて不思議少年を観てそれっきり。森岡光さんは、北九州芸術劇場のリーディング『書く女』、続いて『書く女』の本公演でも観ましたが、不思議少年はたくさん公演してくれているのに、本公演を見る機会がなかなかありませんでした。今回も枝光公演を見られず、このまま観られないのか…と思っていたけれど、仕事もちょっと落ち着いた週末、熊本まで観に行くことにした。

 

 熊本までは高速バスで2時間半。時間的には大阪に行くくらいだけれど、往復で3700円と、大阪に行くよりもずっと気軽だ。

 今回は通町筋でバスを降り、熊本城内へ。崩れたままになっている石垣や、修復のために広い場所に並べられている石垣の石や、葺き替えられた天守閣の屋根や、修復された石垣などを見ながら感傷に浸る。浸って歩きすぎ、昼食を食べそびれたまま早川倉庫へ。

  

 劇団員3人に劇団きららのオニムラルミさんを客演に迎えた4人芝居。ってか、磯田くんって不思議少年の劇団員だったんだ!

» 続きを読む

| | コメント (0)

「偽義経冥界歌」

「偽義経冥界歌」
 日時:2019年3月16日(土)18:30開演
 会場:フェスティバルホール
 劇団新感線39(サンキュー)興行ということで、大阪を皮切りに金沢、松本、東京、そして2020年4月には福岡・博多座での上演が決まっている。ならば博多座まで待てばいいものを、どうせ「ピルグリム2019」を観に大阪に行くんだから、ついでに観られるじゃない!と、チケット申し込んでみた。が、希望日時のチケットは当選せず。ネット上には高額で転売されているチケットがあふれているというのに!
 そんなこんなで紆余曲折ありながらもどうにか観に行けることになった。ありがたし。

» 続きを読む

| | コメント (0)

「アイ・ノチス・バイ・ストッピング・ブレシング」

モノレール演劇「アイ・ノチス・バイ・ストッピング・ブレシング
 日時:2019年3月10日(日)15:36開演
 会場:北九州モノレール
 北九州モノレールの車内で上演されるモノレール演劇。気になっていたけれどなかなか時間が合わずに未見。
 今回初めて観に行けた。
 モノレール小倉駅に集合して企救丘までの往復乗車券を購入。何かの都合でチケット代にモノレールの乗車料金を含めることができないらしい。改札を抜けて、ホームに上がり、チケットを切ってもらってモノレール車内へ。チケットは号車指定になっていて、決められた号車の座席に座る。
 
 発車時間近くなって、出演者の女の子のご挨拶というか前説。
 そこへ白衣を着た役者さんたちが、一人の女性を抱えてどかどかと乗り込んでくる。
 女性を車内の手すりに縛り付け、安全確認。
 どうやら白衣の人たちは何かの研究者らしい。
 女性と我々乗客を車内に残して自分たちはモノレールを降りるつもりだったらしい白衣の人たちだが、モノレールは彼らを乗せたまま小倉駅を発車してしまう…。
 
 

 

 

 

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サムライマラソン」

 日時:2019年3月5日(火)18:35
 会場:ユナイテッドシネマ福岡ももち

 

 職場をわりと早い時間に追い出されたので、行けるときに行っておくかとマークイズ。
 歩道橋を歩く人の姿に、もしやと思ったが、その日は悪名高き特別駐車料金の日だった。駐車場の入り口で止められてチラシを渡され、説明を受ける。「映画を見に来たんですけど」と言うと、「映画館でちゃんと説明してください」と言われる。渡されたチラシを読むと、特別料金解除設定時間は、ばっちり映画を見ている最中で、若干不安になったが、チケット購入の際に、解除時間外であったがちゃんと解除処理をしてくれてひと安心。

 

 

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プラトーノフ」

「プラトーノフ」
 日時:2019年3月2日(土)17:30開演
 会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール

 

 藤原竜也が福岡に来るとなれば観に行かなくてはならないだろう。

 シティプラザに着いてびっくり、”満員御礼”の大きな看板が立てかけられていた。恐るべし、藤原竜也…。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「翔んで埼玉」

 日時:2019年2月22日(金)
 会場:ユナイテッドシネマ福岡マークイズももち
 高校を卒業してから6年くらい埼玉県に住んでいた。
 現在も実家は埼玉県なので、年に2回くらいは埼玉に帰省する。
 そんなわけで、埼玉をディスってるというこの映画、ちょっと観たいな~と思った。予告編で、利根川をはさんだ千葉VS埼玉の戦いの場面で、YOSHIKI@館山に対して高見沢俊彦@わらびというのもツボった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「喝采」

加藤健一事務所「喝采」

 日時:2019年2月12日(火)18:30開演

 会場:ももちパレス

 

 ある日ふと、「小須田康人さん、どうしてるかなぁ…」と思って調べてみたら、なんと2月に演劇鑑賞会(市民劇場)のツアー公演で九州に来られるという。えーーー!?もちろん福岡にもやってくる。しかもももちパレスだ。でも、演劇鑑賞会は会員でないと観られないからなー。このために会員になるのもなー…と思っていたら、思わぬ偶然から観に行けることになった!

 案内していただいたお席はすごく前。かぶりつきで小須田さんを堪能だ。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

「微熱ガーデン」

下鴨車窓「微熱ガーデン」
 日時:2019年2月9日(土)13:00開演
 会場:ゆめアール大橋

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「ファースト・マン」